歌舞伎、文楽 アーカイブ

海老蔵の「にらみ」で風邪退散! 〜初春花形歌舞伎『壽三升景清』

2014年1月26日(日) 20:53:23

ブログには書き損ねたけど、昨年末に『吉例顔見世大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵』を、午前の部、午後の部と、違う配役で観た。

秋に志の輔らくごで『中村仲蔵』のスペシャルバージョン(前半は忠臣蔵の詳細な解説で、後半は落語)を聴き、『忠臣蔵』欲がでてしまい、通しでもう一度忠臣蔵を観たいと思っていた。だから実に勉強になったし(志の輔師匠のおかげ)、歌舞伎座新開場こけら落としの一環でオールスターキャストだったので、それはもう楽しかった。

ちなみに志の輔の『中村仲蔵』は4回目(いや、5回目かも)。
そのスペシャル・バージョンも2回目である(前回の模様はこちら)。もう『中村仲蔵』のスペシャリストと言ってもいいw あぁ今回は浪人が酒を欲しがるあたりの描写が違ったな、とか、かなりマニアックに聴いている。

最高の勘違い! @歌舞伎座こけら落とし公演

2013年4月29日(月) 11:12:15

先週はわりと無茶苦茶なハードスケジュールなはずだった。

南三陸(宮城)〜博多〜東京〜広島、なはずだった。

だったのだが、なんと金曜の広島講演が「勘違い」だったのであるw
まぁそれでもハードには違いはないのだが、なんだよその「勘違い」ってw

中村勘三郎さんを失ったことは喪失というより “災害” に近い

2012年12月 9日(日) 23:28:39

今週の12月5日に57歳で亡くなった十八代目中村勘三郎さん。

今日の日曜日、なぜかNHK系が力を入れた特集をいくつもやっていた。

昼間のNHKの3時間特集は、過去の「こんぴら歌舞伎特集」や彼主演の大河ドラマ「元禄繚乱」をノーカットで流したりして圧巻だった。その後、BSプレミアムでは「中村勘三郎と仲間たち」、Eテレでは「一八世中村勘三郎の至芸」として「梅雨小袖昔八丈」「春興鏡獅子」をたった今やっている。

相撲のタニマチだったころ

2010年7月 9日(金) 8:56:21

相撲の野球賭博問題がいろいろ取り上げられている昨今だが、ボクは相撲のタニマチだった時期がある。

神戸は苦楽園の「THE BARNS」のマスターに誘われて、湊部屋(元小結豊山が親方をやっていた)という小さな部屋の後援会に数年間入っていた。会費は年3万円だったか5万円だったか。タニマチと称するには厚かましいような金額だが、まぁそれでもタニマチ気分は味わえたのである。

大阪場所があると、場所前に数回、朝6時から朝稽古を見学に行き、稽古後ちゃんこを親方と一緒に食べたりした。
テーブルには丼がふたつ並ぶ。ひとつでちゃんこを食べ、もうひとつでビールを飲むのである(丼ビール)。後ろには稽古後の見習い力士が土だらけのままビールを抱えて待機しており、誰かが丼ビールを少し飲むと「ごっちゃんです!」と継ぎ足してくれる。ほんのちょっと減るだけですかさず「ごっちゃんです!」。ワンコそば状態(笑)。あっと言う間に酔わされる。なぜだか丼でビールを飲むと酔いが早いのである。というか、まだ朝8時だし!

花形歌舞伎「染模様恩愛御書」を観てきた

2010年3月25日(木) 9:24:47

三月花形歌舞伎 通し狂言「染模様恩愛御書 -細川の血達磨-」に行ってきた。@日生劇場

ぜーんぜん期待せず行ったのだけど、大がかりな舞台と大衆演劇的演出、達者な役者などが相まって意外に面白かった。大衆芸能としての歌舞伎の良さがとてもよくわかる、敷居の低い楽しい舞台だったと思う。

笑いもたくさん取ったし、殺陣も派手だったし、エッチな場面もあったし(これもギャグに近いのだが)、ど派手なセット(炎上場面)&物凄い階段落ちもあったし、泣かしの場面もしっかり泣かせたし、とにかく盛り沢山なエンターテイメントだった。満腹。

三月大歌舞伎「元禄忠臣蔵」

2009年3月 3日(火) 8:23:11

歌舞伎座さよなら公演「元禄忠臣蔵」の初日を観てきた。
さよなら公演といっても、延々とあと1年は続く。でもさよなら公演と銘打つだけあって出演者が豪華(値段も豪華だけど)。この「元禄忠臣蔵」も大石内蔵助を市川團十郎、片岡仁左衛門、松本幸四郎の三人が演じてくれている。なんともお得な感じである。

観に行ったのは夜の部。「南部坂雪の別れ」と「仙石屋敷」と「大石最後の一日」の三編。

「南部坂雪の別れ」は團十郎が大石内蔵助。瑤泉院を中村芝翫。羽倉斎宮を片岡我當。
「仮名手本忠臣蔵」に比べて全体に動きがとても少なく台詞回しばかりが多い「元禄忠臣蔵」ではあるが、この編は内蔵助の台詞も少なく、團十郎の見せ場も少なかった。内蔵助と瑤泉院の別れの場面は美しかったが、全体に平板な舞台。

文楽「豊松清十郎襲名披露公演」そして竹本住大夫の講演

2008年9月 8日(月) 7:16:23

国立劇場第164回文楽公演を観てきた。
演目は「近頃河原の達引 四条河原の段・堀川猿廻しの段」「吉田清之助改め五世豊松清十郎襲名披露口上」「襲名披露狂言 本朝廿四孝 十種香の段・奥庭狐火の段」。

昨日「闘う三味線」を見て自分の中に流れを作っていたこともあり、いままで観た中で一番ワクワクした。
ただ、見どころを浄瑠璃語りと三味線とのせめぎあいに自己設定した分、いままでで一番忙しい観劇となった。語りを聴き、三味線とのせめぎあいを聞くだけでも精一杯なのに、舞台では人形遣いたちが迫真の演技をするからそっちも観たいし、字幕も読みたいし、イヤホンガイドの解説もちゃんと聴きたいし、と、とにかく忙しいのである。

特に派手な見せ場が多い「奥庭狐火の段」は忙しかった。豊松清十郎と桐竹勘十郎が演じる、キツネが憑いた八重垣姫の動き。これがまた面白く、目は舞台に釘付けに。でも竹本津駒大夫の語りと人間国宝・鶴澤寛治の三味線も気になる。その一方で、字幕とイヤホンガイドで言葉を追わないと筋や見どころを見失うし、もう何がなにやら。眠くなっている暇がなかった。

闘う三味線

2008年9月 7日(日) 8:40:57

ずっと見忘れていたNHKのハイビジョン特集 「闘う三味線 人間国宝に挑む 文楽 一期一会の舞台」を見た。
2007年6月24日に放映されたもの。大阪のバー「パイルドライバー」で借りた。文楽三味線の第一人者、鶴澤清治(62)と浄瑠璃語りの名手、人間国宝の竹本住大夫(82)が、難曲「壇浦兜軍記 阿古屋琴責の段」を巡って激しいしのぎを繰り広げる日々を描いたドキュメンタリー。

三浦しをん著「仏果を得ず」を読んでからこれを見ると、いろいろなことがものすごくよく理解できる。もともと浄瑠璃語りと三味線は合わせて演奏していくものではなく、お互いが突っ走った上で「合っていく」もの。そのせめぎ合いが本と映像の両方で理解でき、一気に文楽の楽しさを増幅してくれる。文楽理解の超近道。鶴澤清治の自分との闘いも見事なら、竹本住大夫の自分を削る日々も見事。

というか、名人たちの懊悩と、たった一回の公演に対する念入りな準備、浄瑠璃語りと三味線の奥深い駆け引きなど、もう見ていて圧倒されることばかり。名ドキュメンタリーだ。「第24回ATP賞テレビグランプリ2007」にて総務大臣賞を受賞したというのもよくわかる。そういえば一度レクチャーを聞いたことがある竹本文字久大夫が怒られまくっていた。稽古の鬼の運の竹本住大夫も、食らいついていく竹本文字久大夫も、妙に美しい。ラッキーなことにDVD化もされているようなので、文楽とか芸に興味のある方は必見だ。

三浦しをん著「仏果を得ず」

2008年4月 3日(木) 8:06:18

仏果を得ずすっかり「ちりとてブログ」になりつつある昨今だが、ワールド的にとても近い本を読んだのでご紹介。三浦しをん著「仏果を得ず」(双葉社/1500円)。「ちりとてちん」が好きな方ならたぶん好き。といっても小浜家族編ではなく大阪草若一門編の方だけど。

この本は落語ではなく、文楽(人形浄瑠璃)の義太夫を題材にしている現代劇。
義太夫語りは落語「寝床」でも取り上げられるけど、その義太夫節を修行中の若者のお話である。古い芸能を伝承していこうとする若者たちが等身大で瑞々しく描かれている。毎章、テーマとなる文楽の解釈に悩みながら成長する主人公がなかなか魅力的(ある意味これも本歌取り)。知らなかった世界を楽しく知れる、という意味でも、純粋に小説としても、なかなかいい本である。

文楽は去年初めて観に(聞きに)行った。
普通初心者は人形遣いのそのリアルさに関心が向くらしいが、そのときのメモでも書いたように、ボクは最初から義太夫に目が釘付け。人形をあまり見なかったくらいである。竹本住大夫と豊竹嶋大夫。すごかったなぁ。
そういうこともあってか、この本の題材である義太夫は多少身近で、銀大夫の語りなども目に浮かぶようであるし、三味線とのやり合いなども十二分に楽しめた。義太夫語りの舞台裏を楽しく知れるのもうれしい。文楽が急激に身近になる。

人形浄瑠璃 文楽「菅原伝授手習鑑」

2007年9月10日(月) 7:30:58

5月以来4ヶ月ぶりに文楽を聞きに行った。国立劇場小劇場。
って、そう、初めて知ったんだけど、文楽は「観る」のではなくて「聞く」んだってね(無知)。要するに太夫が語る義太夫節を聞くのが主で、人形の演劇は従なわけだ。だから太夫の位が一番高いのだとか。次が三味線弾き。人形遣いはその下に位置するらしい。

昨日は吉田玉男一周忌追善公演で「菅原伝授手習鑑」。
人形浄瑠璃の三大名作のひとつと数えられる作品で、主役である菅原道真(菅丞相)が故・吉田玉男の当たり役として有名だったので追善公演に選ばれたという。その初段と二段目を16時から20時半まで4時間半(!)かけて上演。本当は三段目と四段目が一番盛り上がるらしく、初段と二段目だけを上演することは珍しいらしい。それを聞いて「あ〜盛り上がりに欠けるのかぁ…」とちょっと心配したが(寝ちゃいそうで)、杞憂に終わった。実に面白かった。これで盛り上がりに欠けるのなら、三段目四段目はどんななんだ?

ギリークラブという会員組織で一度講義をしたことがあり、その関係でいろんな案内メールをいただけるようになったのだが、今回はその会合「和・倶楽部」に参加したカタチ。
特典として開演前に太夫から1時間弱のレクチャーが受けられる。座学形式とはいえ、間近で太夫のレクチャー、そして義太夫の一部を聞かせていただけるのはなかなか面白かった。教えてくださったのは竹本文字久太夫。町人と武士の演じ分け方なんかも教えてくれたり、「書見台はヤフオクで買った」みたいな裏話を教えてくれたりして楽しかった。で、実際にその数時間後、彼自身が舞台で義太夫節を語ってくれたわけで、なんだか妙なシズル感があったな。思わず応援したんだけど、そんなことが必要ないくらい堂々たる義太夫。今回の太夫の中で豊竹嶋大夫に次いでうまかった気がしたくらい。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。