料理 アーカイブ

ストックホルム5日目 〜琉球料理イベント本番!

2011年11月16日(水) 15:31:52

「琉球料理乃山本彩香」オーナーである山本彩香さんのプロ意識は徹底している。

77歳というご高齢での長距離移動、そしてパリ〜アウグスブルグ〜ストックホルムの3イベントである。まずは体調や体力を心配したのだが、杞憂だった。

彼女は食事時間を日本時間に合わせ、動かさない。
どういうことかというと、ストックホルムのランチタイムは日本時間の夕ご飯の時間(20時)に当たるので、そのときはたくさん食べる。でもストックホルムのディナータイムは日本時間では深夜(早朝)だ。そこでは食事をしない。

ストックホルム1日目 〜琉球料理を欧州に紹介するプロジェクト

2011年11月11日(金) 12:00:00

ストックホルム郊外の「YASURAGI HASSELUDDEN」というホテルに来ている。「やすらぎ」という名の和風ホテルである。

なんでわざわざ和風ホテルなのかというと、ここで今回のストックホルム行きの目的であるイベントが行われるからである。その準備や仕込みもあって、ここに5泊する。

ちなみにこのホテル、ヨーロッパのNo.1スパを獲得したこともあるらしい。スウェーデンでは3年連続のベストオブスパを取っているとか。
至る所に和風の設えがあり、日本人から見ると少し怪しい雰囲気ではあるのだけど、宿としての完成度は高くてわりとステキ。公用車(?)も写真のとおりw(人呼んで耳なし芳一カー)。これがステキかどうかは置いておいて、なんというか、徹底している。

型があるから「型やぶり」がある

2011年2月12日(土) 16:31:44

昨日の記事で「内田樹の最終講義」に少し言及したあと、また3日分の文章を読み返してみた(123

で、ふと思った。
よく「創作料理」とか「アイデア料理」とかを売りにする店があって、ボクはあまりおいしいと思ったことがないのだが、その理由はきっとその料理人が「自分自身の実存をそこにねじこんで」いないからなのではないか、と。

日本料理にもフランス料理にも中国料理にもそれぞれに「型」という「決まりごと」があって、料理の基本は厳密に決められている。この料理の下ごしらえはこうやって、食材はこれとこれで、何分煮て、塩加減はこのくらい、と、(それぞれの師匠によって微妙に違うにしても)きっちり決められている部分が多い。「もっとこうした方がいいんじゃないの?」とか若い頃は生意気を思ったりもするだろうが、それは長年かけて先輩たちが洗練させてきた「型」なのだ。

飯島奈美さんの手料理を食べる会

2011年2月10日(木) 8:21:13

ええと、あれはもう先々週か…。
フードスタイリストの飯島奈美さんの手料理を食べる機会に恵まれた。

映画「かもめ食堂」や「めがね」、TV「深夜食堂」、「パスコ」のCMなど、彼女が料理を手がけた作品は多く、どれもが等身大かつ異様においしそうな料理群。特に「かもめ食堂」の料理シーンの秀逸さで世の食べ好きたちの話題になった。最近では本「LIFE」「LIFE2」が大好評のベストセラー。ボクはこの本のレシピで肉じゃがをよく作る(一回作って大好評だったのでリクエストされる)。

ボクとは、まだ「かもめ食堂」を手がけるずいぶん前だった気がするが、ある娘さんをアシスタントとしてお願いしたことがあり、そのとき一度お会いしている。
その後しばらく間があいて、山本彩香さんを巡るご縁があり、一緒に沖縄に行ったり、亀戸の「民酒党」で何度か飲んだりがあり、ついに「飯島奈美の手料理を独占する会」が催された、というわけである。参加者は松井孝治さん夫妻とTBSのキャスターの松原耕二さん夫妻とボクたち夫婦である。奈美さんはアシスタントのうみさんとまきさんと3人で次々と料理を振る舞ってくれた。

個人的夏フェスもそろそろ終わり

2009年8月24日(月) 7:31:21

最近の矢野顕子の話やら落語の話やらバレエの話やらを読んで、メールやツイッターで「こういうのを読むと首都圏に住みたいと激しく思います」と数人からいただいた。
すごくよくわかるし、一昨日の晩も新潟のお医者さん夫妻に同じようなことを言われた。でもさ、自然豊かで多少ののんびり感があるそっちの環境と東京の便利さの両方を手に入れようというのはゼイタクすぎです(笑)。首都圏、過酷っすよ、環境が。 人多すぎとか、電車混みすぎとか、渋滞多すぎとか、ガキ多すぎとか、空気悪すぎとか、騒音酷すぎとか、人間冷たすぎとか、競争ありすぎとか。 まともな川も海もない。山も遠い。緑も少ない。よくこんな環境で毎日暮らしていると思う(歳のせいか)。そろそろ田舎で暮らしたいとしょっちゅう思ってる。まぁそういうのの替わりに多少のエンターテイメントやレストランを手に入れているわけですが。

逆に言うと、東京に住んでいてそれらを楽しまないのはちょいともったいない。というか割に合わない。

最近、部下や仕事仲間を見ていて「遊んでない人が多すぎる」と感じてる。
せっかく東京にいるんだから、もっと無理矢理でもいいから予定を入れていろいろ遊んだ方がいいと思う。もちろん忙しいときは難しいしお金もかかるけど、世界トップクラスのエンターテイメントとかアートとかレストランが集まっているこの環境、活かさないと過酷な環境が割に合わない。東京でなくてもどこにいてもいじれるネットばっかりやっているのはもったいなさすぎる。

丸元喜恵著「野菜と魚の栄養ごはん」

2009年4月20日(月) 6:53:25

丸元淑生理論らくらく実践 心と体が元気になる!野菜と魚の栄養ごはん (講談社のお料理BOOK)ボクが丸元淑生さんに私淑していることは前にも書いた
独身時代、ボクは彼の本を読んでその理論と味に惚れ、楽しく自炊をしていた。出張がち&外食がちだったので毎食は無理だったが、朝ご飯はわりときっちり丸元流だった。当時のボクの朝は鰹節をカリカリ削るところから始まった。ダシをとって味噌汁を作り、冷蔵庫から基本料理のストックを出して野菜と豆たっぷりの朝ご飯。豆については関西で手に入らないものも多く(なにしろ20年前のことだ)、東京出張時に問屋に買いに行ったりもした。

結婚してからは、というか、30代40代と余裕がどんどんなくなって(外食もぐんと増えて)料理することも激減してしまったが、余裕ができたらまた丸元本に戻るんだろうなぁと思っていた。定年でもしたらまた丸元理論をいちからやろう、とかね。そうボンヤリ思っていたところ、先月、彼の娘さんである丸元喜恵さんが料理本を出した。

「野菜と魚の栄養ごはん」丸元喜恵著/講談社

丸元淑生さん、亡くなる

2008年3月12日(水) 8:00:55

なぜかニュースに気づかず、メールで教えていただくまで知らなかったのだが、料理研究家の丸元淑生さんが3月6日に亡くなった。74歳。

面識はまったくないのだが、20代の一人暮らしのキッチンに、ボクはずっと彼と立っていた。

分厚く、写真もまったくない彼の料理本「丸元淑生のクックブック」が彼との出会い。理屈っぽさが勝っていた若いボクの心に突き刺さった。なんて理詰めでクレバーな料理本だろう! とっくに絶版だが、いまでもボクのバイブルである。
んでもって、さすがにこれでは難しすぎると著者自身思ったのか、その後もっと簡単に書いた「システム自炊法」とか、写真がふんだんに入ったムック本「シンプル料理」「新・家庭料理」なども出版する。それらもこまめに読んでいき、ボクは彼の基本料理を中心に自炊をマメにするようになった。ほぼ信者。冷蔵庫の中は彼が提唱する栄養たっぷりの基本料理ストックがずらりと並んでいた。
道具も揃えた。築地に出向いて最高級の鰹節削り器を買い、基本のだし汁をとった。彼が勧めるさまざまな小物も揃えた。鍋も彼のお得意であるビタクラフトを買い揃えて無水で野菜を茹でたりしていたな。その鍋はいまでも活躍している。

ぬか漬けくさい男

2006年3月21日(火) 10:16:39

ある店でぬか床を買ってきた。
ぬか漬けデビューである。大きなタッパーにぬか床を入れてとりあえずキュウリから始める。漬物が好きなので前からぬか漬けを作りたいと思っていたのだ。

ぬか床には丹精が必要で、基本的に毎日(毎朝夕?)手を入れて混ぜ、空気を送り込んでぬか床の水分を均等に保たなければいけないと言われているのだが、それに縛られると続かなそうなので自分流にアレンジ。仕事が忙しくなりだすと毎日の手入れも難しくなるし。

とりあえず「食べるときがかき混ぜるとき」とし、数日食べなければ数日放ったらかしで良いことにする。ただし漬けすぎた野菜は古漬になっちゃうので、もったいながりのボクはどうせそれを惜しんで朝メシに毎日食べるだろうことを見越している。
数日放ったらかしでいいように常に冷蔵庫に入れっぱなし。酵母菌などが休眠しちゃうかもなので様子を見ながらアバウトに温度管理をしよう。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。