映画 アーカイブ

湯を沸かすほどの熱い愛に湯を沸かすほど沸かされた

2017年3月20日(月) 10:43:07

yuwowakasu_yoko.jpg


去年10月29日公開の映画なので、いまさらなんですけどね。

昨日、インドに行くべく、国際線でJALに乗ったわけですよ(ま、インドの話はおいおい書くとして)。

デリーまで約10時間。
機内は見逃した映画にキャッチアップする時間。

で、1本目を、いろいろ迷った挙げ句『湯を沸かすほどの熱い愛』にしたですね。友人が大絶賛してたので。

その次は何観ようかなぁ、最近の邦画は出来が良いので『聖の青春』(原作読んだし)にしようかなぁ、とか、観る前は思ってた。

でも、1本目を見終わったが最後、もう他の映画に行くことが出来ず、3回連続で観てしまったw

6時間強、心の湯を沸かし続けてしまった。

『ラ・ラ・ランド』がいまひとつピンと来ずもやもやした "人でなし" ですがw、『湯を沸かすほどの熱い愛』にはやられてしまった。

この映画、いったい何ですか?
もう涙も涸れ果てたよ。

主人公(宮沢りえ)は強そうに見えて普通に弱い。
でも、ある日倒れて余命を知り、営業中止になった風呂屋の誰も温めてくれない冷たい風呂桶の中で(象徴的場面)、ひとり涙に暮れたあと、静かに周りの人のための「薪火」を燃やし出す。

(風呂屋を再開するのも、その火に「薪をくべる」のがダメ夫であるオダギリジョーであるのも象徴的だ)。

「薪火」が燃えているのは風呂で温まっている人からは見えない。
彼女もそれを見せない。

でも、その「薪火」は周りの人々の「冷え切った心」を徐々に温めていく(みんながみんな辛すぎることを静かに抱えている)。

最終的にその「薪火」による熱い湯で芯から温まったのは、血の繋がってないたった5人。

たった5人である。
そういう意味で、世界を救うヒーローでも世の中を変えるヒロインでも何でもない。市井の人の、誰も意に介さない「熱」であり、「死」だ。

でも身近な人にその「熱」がずっと残る。
芯から温まったその「熱」がずっと残る。

そして、その熱は必ずいつか他に伝わり、他を温めていくのだろう。

そこにこそ、生をつなげる意味がある。

不特定な「多数」でなく、身近にいる「少数」をしっかり温める。お風呂を出てからもぬくぬくするくらい、しっかり温める。

人生ってそれで十分だし、そんなに尊いことが他にあるだろうか。

自分の中の「薪火」の状態と、その目的を、いちいち確認させられる映画だった。


余命がどうとかって、もう描き尽くされた題材だ。
でも、ボクが観たいままでの「余命もの」の中でトップかもしれない。

これが商業映画監督デビューだという中野量太監督の力量と、彼の心の中の「薪火」に賛辞を贈りたい。

(あえて言うなら、1カ所、主人公が母親に会いに行く場面のガラスが割れるシーン、弱り切った彼女の一投の演出だけ不満。あそこに突然の渾身感と、笑いを呼ぶくらいな「ブンッ!」的SEが欲しかった)

帰りの便でも、もう一回、観たいな。
というか、「この映画を応援するために」ブルーレイ、買おう。

2016年上半期にショックを受けた3つの制作物

2016年9月16日(金) 14:08:43

IMG_3213.jpg

もう先週になるか。
ボクが主宰するコミュニティ「4th」にて、「元官房副長官と語るポリティカル・ドラマとしてのシン・ゴジラ」と題する夜ラボ(セミナーみたいなもの)をやった。

ボクは2016年の上半期に(一応作り手の端くれとして)ショックを受けたことが3つある。

ジャカルタ出張。そして映画「スティーブ・ジョブズ」

2014年1月13日(月) 9:09:05

「ジャカルタって・・・どこだっけ?」
「いや、インドネシアに決まってんじゃん!」

とか、娘に上から目線で教えたボクであるが、ボクも実は怪しかった。東南アジアらへんにある、とは知っていたし、考えれば「インドネシアの首都じゃん」とわかるのだが、とっさには出てきにくい。日本人の日常でジャカルタのニュースが流れてくることもあまりない。その程度の認識の都市である(ボクには)。

そんなジャカルタに、唐突だけど、いま、いる。

人生という演劇のすべてが入っている。想田和弘監督作品「演劇1」「演劇2」

2012年11月11日(日) 21:01:23

想田和弘監督の映画「演劇1」「演劇2」を観た。@渋谷イメージフォーラム

劇作家・平田オリザを追ったドキュメンタリーである。
想田監督は「観察映画」と謳っている。対象物に対する予備知識も先入観もなく、フラットな目線で観察していくタイプの映画。ナレーションも音楽もない。編集はされているが演出はない。観客は監督の観察につきあわされる。しかも「1」と「2」を合わせて5時間42分間も!

でも大丈夫。
めちゃおもろいから時間は知らぬ間に経つ。一度その世界に入り込むとあとはあっという間だ。腰はキツイが脳には快楽なのである。

映画「ハーブ&ドロシー」のハーブが亡くなってしまった

2012年7月25日(水) 16:10:03

映画「ハーブ&ドロシー」の主人公、ハーブが亡くなってしまった。

震災前の2010年、このブログでしょっちゅうプッシュしていたので、覚えてくださっている方も多いかもしれない。

プッシュしていたというか、日本公開が不可能(スターも出ていないドキュメンタリー映画で、しかも主人公が老夫婦)と言われたこの映画を、監督(佐々木芽生さん)のプライベート試写会で観て惚れ込んで、仲間達とプロジェクトを組んだのである。

ヤマザキマリという波瀾万丈

2012年4月20日(金) 10:10:05

あぁ映画「テルマエ・ロマエ」の試写会招待状もらっていたのに、行く時間がない!

原作マンガのヤマザキマリさんがNHK「あさイチ」に出ているのを見て急に思い出した。行かないと! でも行く時間がない!

マリさんとは5年前に知り合った。
2007年。家族でのポルトガル旅行2日目。当時リスボンに住んでいたマリさんと初対面し、リスボンを案内してもらったのである。家にも行きご飯も行き、なんだか大変親しくなった。

言葉の力(英国王、そして天皇陛下のスピーチ)

2011年5月 3日(火) 9:17:40

犬連れで泊まれる温泉宿に家族&犬と来ていて、更新は一日お休みしたけど(この旅行についてはまた書きます)、前々回前回に続き、「言葉の力」をもうひとつ。

ちょっと前に見た映画「英国王のスピーチ」。

まぁアカデミー賞作品賞を獲った作品なので観た方も多いと思うし、いまごろ感想を書いてもなぁとは思うが、ちょっとだけ。

イノベーターたち

2011年2月19日(土) 21:50:04

昨日今日とちょっと調子が悪い。
今日は調子が悪い中で「宣伝会議」で講義をしてきたが、講義をしているとその間はアドレナリンが出て元気。でも終わった途端にアドレナリンが走り去り、一気に富士山の頂上から日本海溝まで駆け下るような気分の悪さになる。あぁ今日はなんだかきつかったな。

それを紛らわすために帰りの電車の中で iPhone の「桃太郎電鉄アプリ」をやり始めたら妙にはまってしまい、もっと疲れちゃった上に一駅乗り過ごすという情けない事態になったのだけどw

でも、元気が出る記事をツイッター経由で知った(写真はその記事から拝借)。

「ハーブ&ドロシー」のiPhoneアプリ

2011年1月 8日(土) 15:10:39

11月14日に公開した映画「ハーブ&ドロシー」ですが、最初は爆発的だったイキオイが少し鈍ってきています。

まぁ年末年始はいわゆるお正月映画がたくさん公開されるのでライバルも多く、仕方ない部分もあるのですが、なにしろ全国的に「単館上映」でやっておりまして、単館ってイキオイが少しでも鈍ると上映終了が急に決まったりするですね。ですのでドキドキです。

まだ観ていらっしゃらない方々、ぜひ!
いま、渋谷「イメージフォーラム」、名古屋「名演小劇場」、横浜「シネマ・ジャック&ベティ」、仙台「仙台フォーラム」、尾道「シネマ尾道」にて上映しております。今後、他の地域でも上映が始まります。くわしくはこちら

映画「ハーブ&ドロシー」、順調です!

2010年12月23日(木) 10:34:34

竹内まりやのツアーが昨日で終了したので、行った日のセットリストを当該エントリーに書き加えました(こちら)。思い返すだに素晴らしいライブだったなぁ。
そうそう、客席にピンクレディのミーちゃんが来ていて、それがわりと近くて、地味にうれしかったのを思い出したw

h_d12.gifところで、久しぶりの「ハーブ&ドロシー」ネタですが、今週末の25日から名古屋「名演小劇場」、横浜「シネマ・ジャック&ベティ」でも上映が始まります!

これで、現在上映しているのは、渋谷「イメージフォーラム」(1月も上映することが決定! ちなみに25日より朝一の回の上映開始が15分遅くなったのでご注意を)、大阪「梅田ガーデンシネマ」、那覇「桜坂劇場」の3館(広島「サロンシネマ」は上映終了)。ここに名古屋と横浜が加わわると計5館になります。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。