バレエ アーカイブ

とても最後とは思えない素晴らしさ・・・ニーナ・アナニアシヴィリ最後のクラシック・ガラ

2017年3月17日(金) 12:47:44

IMG_6096.jpg

昨晩行った「ニーナ・アナニアシヴィリ最後のクラシック・ガラ」。

ガラ(スター・ダンサーが競演する全幕モノではない特別公演)は普通、音楽は録音、簡素な美術、相手役とのパ・ド・ドゥ中心なので、これもそうかと思っていたら・・・

まさかのフルオケ!
まさかのフル美術!
まさかのフルメンバー出演!

いやぁ、こんなガラ、初めて観たよw これ、大スターであるニーナを観られるということもあるけど、バレエ初心者にも最適かと思う(20日までですよ! →くわしくはこちら

今年53歳になるニーナ。
カラダをものすごく絞ってきていて、全然衰えていない!(少なくともそう見える)
安定度抜群の素晴らしい表現を見せてくれた。いや、全然普通に全幕もの踊れるでしょ?って感じ。

38歳が引退年齢と言われている中、53歳でこれだけのダンスはやっぱり異様だと思う。いわゆる彼女ならではの超絶技巧はもうあまり出さなかったけど、表現の深さはより進化していた印象だった。

Act1の「白鳥の湖」は二幕と四幕のみ。 全幕じゃないのにストーリーにのめりこんでしまったよ。三幕の黒鳥がないのにかなり感動した。なんでだろう。いいもの観たなぁ。。。

ニーナの「白鳥」は、ボクとしてはベストに好きなので、もう瞬きするのを惜しむように観た。
三幕の32回グランフェッテとかは難しいんだろうけど、二幕ラストの(ボクが大好きな)歓喜のパートは技術的にも健在。泣いたわ。

Act2「セレナーデ」は、ニーナは出なかったけど、ジョージア国立バレエ(グルジア国立バレエ)が数年前より格段によくなっていたのが印象的。
前回グルジア観たのは今はなき「五反田ゆうぽおと」でやった「ロミオとジュリエット」だったかな。あのときも感動したけど泥臭かった。今回はそこに洗練が加わった感じ。芸術監督であるニーナの薫陶のたまもの。

Act3の「眠れる森の美女」もとてもよかったけど、全体に抑制された踊りだったかな。
初日だからねー。まぁ仕方がない。
というか、踊りはとてもよかったけど、ヘアメイクがいまいちだったぞ。ニーナが少女に見えないし、ヴォルチコフがじいさんに見えたやん!w

まぁでも、予想を超えてとってもよかった。
本当に「いいもの観たなぁ」という感じ。
同好の士と、ずっとそんな話ばかりしながら帰途についた。

あえて不満を言うと、相手役として来日したゴメスとヴォルチコフ(なんて豪華な!)にキレがなかったけど、これ、ニーナを煽りすぎない配慮かも、とも思った。というか、最後にゴメスとか、やっぱ泣けるw

まぁ引退と言い続けたギエムの例もあるので、復活を期待したいと思う。

でも、たぶんもう全幕モノはやらないのだろうし、クラシックもしないんだろうな。「瀕死の白鳥」の表現を深めていったマイヤ・プリセツカヤ方向に行くんだろうな、と思う。 ちなみに、下のリンク先はYouTubeのニーナが踊った「瀕死の白鳥」。 例の独特な腕の動きが堪能できます。

https://youtu.be/mFJGhQYex-E

人間として本当に一貫している(4thで岩田守弘くんと対談)

2016年1月11日(月) 10:12:06

iwata_labo1.gifiwata_labo2.gif
ボクが主宰している「4th」というコミュニティに、土曜日、ロシアから岩田守弘くんが来てくれた。

世界トップのダンサーを出席者30人弱で独占する贅沢。
3時間以上もの長い時間、バレエのこと、芸術のこと、ロシアのこと、人生のことなど、たくさん語ってくれた。本当にありがとう。

岩田くんの存在はボクの誇りである。
そんな誇らしくも尊敬する友人を、ボクの友人たちに紹介できて本当に良かったと思う。

近来稀に見る大傑作舞台! ABT「マノン」

2014年2月28日(金) 10:17:27

oth_det_blog_image2_537.jpg本当はおととい行ったローリング・ストーンズの超絶ライブを先に書こうと思ったのだけど、昨晩行ったABT(アメリカン・バレエ・シアター)がこれまた異様に良かった上に、今日と明日、まだ当日券ありそうなので、「これは是非見逃さないで!」という気持ちを込めて先にご紹介する。

ABT来日公演「マノン」 @東京文化会館

いやー、近来稀に見る大傑作舞台だったと思う。

第一幕40分。第二幕45分。第三幕20分。
普通、このくらいの長尺になると、それなりにダレる時間があったりするが、この「マノン」にはそれがない。あっという間。ぐっと引き込まれて観ているうちにラストを迎えた。正直終わってほしくなかった。

こんなに自由に劇場という空間を使ったバレエは初めて。パリ・オペラ座バレエ「天井桟敷の人々」

2013年5月31日(金) 14:57:05

マルセル・カルネ監督の映画「天井桟敷の人々」を初めて観たのはたしか高校生のとき。

白黒名作映画が大好きだった時期で「嘆きの天使」とか何度も観てた。「天井桟敷の人々」は200分近い大作なので二度くらいしか観てないけど大好きだった。当時の映画ノートでも熱く語っているw

つか、この映画、雑誌「キネマ旬報」で「外国映画史上ベストワン」とか穫っていて「名作中の名作」と言われていたから、それに影響されて「名作だー」とか思っていたのだと思うけどw あのころはその程度の審美眼。まぁいまもあんまり自信ないけどw

フラメンコ群舞の高揚感! 「スペイン国立バレエ」

2013年2月 4日(月) 8:58:17

もうなんだかあっという間に一週間経ってしまっているわけですが。

いろいろここに書いておきたいことがあるのだけど、書く時間をなかなか捻出できないままにすぐ一週間。調子はいいし、楽しくやっているのだけど、時間だけがないですね。

そんな中、志の輔らくごに行ったり、スペイン国立バレエに行ったり、MIT石井先生とご飯食べたりなんだりしたのだけど、今日は金曜に行ったスペイン国立バレエ 来日公演について備忘録的に。

覚えていた方がいい一卵性双生児 ブベニチェク兄弟

2013年1月 6日(日) 11:43:38

bubenicek2.gifブベニチェク。

覚えにくい。
というか、バレエやダンスの世界は覚えにくい名前で満ちている。

大御所で大人気のアナニアシヴィリだって、知らない人から見たら超難解な名前。アナ、アナにアシ? アシヴィリ? なんだそれ? である。

凄すぎて息つまって死ぬかと思った。ロパートキナ「白鳥の湖」

2012年11月28日(水) 8:29:53

なんかすごいものを観てしまった。

一昨日に引きつづき、昨晩もマリインスキー・バレエを観に行ったのだが、それがちょっと呆然とするレベルだったのである。いったいなんだったのだろう、あれは・・・

ロパートキナはマリインスキーの看板プリマであり、「白鳥の湖」を十八番としている。

マリインスキー・バレエ「ラ・バヤデール」。そして改めて岩田守弘のすごさについて。

2012年11月27日(火) 17:26:57

昨晩はバレエ。
ロシアのマリインスキー・バレエが来日しているのである。

ロシアにはいくつか大きなバレエ団があって、モスクワのボリショイとサンクトペテルブルグのマリインスキーが代表格。前者は動で後者は静。前者は熱で後者は冷。前者は迫力で後者は端正。まぁ最近では違いがあまりなくなってきている感もあるけれど、ボク的には大ざっぱにはそんな印象だ。

で、昨晩の「ラ・バヤデール」(ボク的には「バヤデルカ」という呼び方のほうがなじみ深いのだけど)は、舞台がインドで、エキゾチックな演目なのである。そういう意味では、ボリショイのほうが向いている気がする。動で熱で迫力だからね。

岩田守弘くんがついにロシアのバレエ団の芸術監督に!

2012年9月 5日(水) 8:09:42

このメモを読んでくださっている方にはお馴染みの岩田守弘くん。

ボクがいつも手放しで絶賛する親友なのだけど、みなさん、彼がついに「芸術監督」になったですよ!

7月にモスクワに彼のボリショイ退団記念ステージを見に行ったが(当日のさなメモ)、その後、いろいろな話の中から、前からやりたかった芸術監督を選んだ模様。すばらしい「キャリアの始まり」だ。日本人がロシアのバレエ団の芸術監督になるのはもちろん初めて。彼はなんでも初めて尽くしだなぁ。アウェイな場所での毎回毎回の快挙である。

ヘップバーンとアンドリュースとシムカスが並んでるみたいなもん

2012年7月23日(月) 7:47:51

あー眠い!
モスクワから帰ってからずっと眠い。時差もあるんだろうけど、体力のなさも確実にある。あんなに楽しいことしてきたのに、体力のなさが精神を蝕む。よろしくないなぁ。

昨日知った為末大の言葉を自分に贈る(為末大著「走る哲学」扶桑社新書より)

「やるべきだからやると思っている人は休めない。基準が自分でないから休むことは罪だと思っている。だから休めない。やりたいからやっている人は休める。自分がやりたいという気持ちを何より大事にしている。だから休める。前者はすり切れる、後者は生き生きしていく」

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。