オペラ アーカイブ

黒田恭一さんが亡くなってしまった

2009年6月 4日(木) 7:29:50

またまた哀しいニュースが…。
音楽評論家の黒田恭一さんが亡くなってしまった。71歳。

初めて彼の評論に触れたのは、25年くらい前、雑誌「Stereo Sound」のコラムだったと思う。そのわかりやすくも等身大な筆致に惚れ、それ以来ずっと彼の評論を追ってきた。
上から目線で「教える」ことをせず、読者の身になって静かに丁寧に音楽の本質を伝えてくれた。その易しさから「初心者向き」とも言われたが、決してそうではない。単に難しい言葉を使わなかっただけ。レッテルを貼って決めつけなかっただけ。そして読者と同じスタンスに立っただけ。つまりは読む人のことを第一に考えた、超優秀な評論家かつコミュニケーターだったということ。

「オレがイイと思うんだから信じろ」的CD批評は絶対せず、ちょっと自信がないときはそれもちゃんと匂わせた。そして読者に考えさせた。良かったら体験してくれと行動を促した。教養としてでも知識としてでもなく「ただ単に楽しみのため」の音楽を説いてくれた。そして「世界が昨日よりほんの少し楽しくなるよう」努力を惜しまなかった。

パリ国立オペラ 初来日公演「トリスタンとイゾルデ」

2008年7月28日(月) 6:58:25

昨晩は渋谷オーチャード・ホールにてオペラ観劇。パリ国立オペラの初来日公演。演目はワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」であった。

率直な感想としては「世界のトップとはスゴイものだな」。
いや、こんなに冷静ではない。もっと率直に書くなら「いや〜良かった! 素晴らしい!」かも。いままで見たオペラの中でトップかなぁ。NYで観た「アイーダ」や去年観た「パレルモ・マッシモ劇場」、一昨年観た「シュツットガルト歌劇場」の「魔笛」なども印象的だったが、今回のはいろんな意味でそれらを越えるかも。

かなり斬新な「トリスタンとイゾルデ」だった。
舞台はセットなし(台がひとつ)。衣装も黒ずくめのシンプルなもの。そういう意味では超地味な舞台なのだが、舞台の背景に大きなスクリーンが掲げられ、4時間の上映中途切れることなく映し出される映像がものすごかった。ビデオ・アート第一人者と言われるビル・ヴィオラ。ハイスピードの長回しを多用したそのビデオが予想を超えて素晴らしく、魂抜かれてしまった。映像の持つチカラを最近ここまで実感したことはない。

「つながって」見える

2007年7月 5日(木) 7:08:53

月曜、火曜と観劇して、今はそれを反芻している状態。
本当は昨晩は東京芸術劇場でインバルがマーラーを振ったんだけど(しかも「巨人」!)、それは行けなかった。行きたかったなぁ、インバルのマーラー(4番だったらいろんなことキャンセルしてでも行く)。月曜バレエで火曜オペラ、水曜クラシック、ってちょっと芸術週間みたいで良かったんだけど(金曜はミュージカル行くけど)。

ま、それはそれとして、5月末にミュージカル10本固め見したせいもあるかもしれないが、バレエとオペラの見方がずいぶん変わっていて我ながらビックリした。なんか「つながって」見える。いままでは「バレエはバレエ」「オペラはオペラ」って感じで見てた。そういうものとして。でも、ミュージカルも含めて「つながって」見える。「同じ地平に」見える。少なくとも今現在は。
この状態でクラシック・コンサート行ったらこれまた「つながって」見えるかも。違った楽しみを感じられるかも。ワクワクするな。来週辺り、なにかいい演目探して行ってみたい。

最近とても金欠で(ポルトガルとNYの後なので)、なるべく観劇などを自粛しようとしてはいるのだが、逆に「いまこそ観るべきタイミング」なのかもしれない。心に水が流入してくる感じが明らかに違う。鉄は熱いうちに打たないと。

オペラ「パレルモ・マッシモ劇場」日本公演

2007年7月 4日(水) 8:30:53

んー、なんか申し訳ないくらいたくさんのお見舞いメール、ありがとうございます。
他人のガキにどうしてこんな…と思っていたら、「他人の子とは思えない」と書いてくださる方が意外といらしてビックリ。どうも10年前の響子2歳の時の「さぬきうどんツアー」の頃から最近のさなメモまでずっと読んでくださってる方にとってはそうみたい(笑)。2歳から中1ですもんね…。椎名誠さんちの岳くんのその後が気になるようなものでしょうか。いずれにしてもありがとうございます。幸せものです。

おかげさまで響子は昨日からお粥を食べられるようになりました。でもまだホンの一口二口程度。少しずつ回復するといいなぁという感じ。早朝面会したときは元気そうだったけど、でも相変わらず病名はハッキリしない。一部で胃腸炎や大腸炎が流行っているらしいので、それかも。というか、その程度だといいけど。


さて、昨晩も観劇。
連日の観劇かよ、病気の娘に冷たい父親だなぁ、とか思われそうだけど、バレエとかオペラのチケットはお高いので、なかなか捨てる気になれないっす。手術も容体急変もないので、ちょっと後ろ髪引かれつつ。

ガレリア座「モンマルトルのすみれ」

2006年4月 3日(月) 7:57:34

アマチュア・オペラの「ガレリア座」公演、カールマン作曲喜歌劇「モンマルトルのすみれ」を新宿文化センター大ホールで観てきた。

きっかけは「佐藤尚之会」。同姓同名のこの会のメンバーである佐藤尚之さんが主要出演者のひとりだったのである。こりゃみんなで見に行かなければ、と、佐藤尚之3人(+1人)で。

14時開演で、まぁ2時間くらいかなぁと思って行ったのだが、なんと第一幕90分、第二幕90分、第三幕60分の長丁場。どっひぇ〜っとぶっ飛び、アマチュアのオペレッタで4時間って…と心配したが、始まってみたら杞憂と分かった。なんと面白い! 堂々たるもの。半分斜に構えて見始めたのを恥じた。本業を他に持ちながらよくここまでやりきったと感動。オケと合唱もいれたら100人以上の人間が約7ヶ月準備したという。

シュツットガルト歌劇場日本公演「魔笛」

2006年2月16日(木) 7:40:03

昨晩は渋谷オーチャードホールにてオペラ観劇。「シュツットガルト歌劇場」の来日公演。演目はモーツァルトの「魔笛」。

実はあまり前評判を知らずに行ったのだが、すげーのなんの。こんなに楽しんだオペラは(ビデオ鑑賞を含めて)生まれて初めてかも。
ある意味わかりにくい「魔笛」が現代風のアレンジでイキイキと生き返る。コンヴィチュニーの演出がぶっ飛んでいてとにかく面白い。

第一幕の冒頭などいきなりオーケストラボックスにタミーノが落っこち、そこで演技しはじめる(というか歌う)。そのうえ指揮者やオーケストラメンバーも演技に加わる。なんだこりゃと思っていたら、いきなりビデオ映写が始まって舞台上で侍女が夜の女王をライブ撮りし、それを使ったギャグまである。つか、侍女はOL風だし夜の女王はキッチンドランカーだ。すっかり引き込まれた。

メトロポリタン・オペラ「アイーダ」

2005年10月27日(木) 15:49:40

最終日。快晴。来て数日と帰る数日がちゃんと晴れるって、晴れ男だよね(しつこい)。

朝から夕方まで仕事でサミット参加。途中に別件で抜けつつなんとか完走。あぁ英語をいっぱい浴びたなぁ。内容的には、ま、なんちゅうか、いまなら日本も勝てるなという感じでしたです。

最終日の夜はどうなるかわからなかったので予定を入れてなかったのだけど、もしかしたら、と問い合わせてみたら、なんとメトロポリタン・オペラの「アイーダ」のチケットが取れてしまった。うひゃー。夢みたい。水土しかやってないのにうまく当たったなぁ。しかも2万円くらいで3階(全6階中)の真ん中の最前列。いやーいい席だ。
夜8時から12時まで4時間のプログラム。メトでの公演ゆえ舞台美術も豪華を極めている。生きた馬も5頭も出たし(舞台上で馬糞をして、それを皆が踏むの避けて演技してるのが笑った)。演奏も最高(これは相当最高)。もちろん歌唱も最高。すげかったぁ〜。ちなみにキャストは、

ナポリ サン・カルロ歌劇場オペラ「ルイーザ・ミラー」

2005年6月22日(水) 10:52:31

昨晩はナポリ「サン・カルロ歌劇場」の初来日公演を観劇。演目はヴェルディの「ルイーザ・ミラー」。
オペラってとにかくお金かかるし、いまは他にも沢山やりたいことあるし、老人になってからの楽しみにとっておこうと考えていたのだが、このところなぜか縁があるのと、「果たして老人になってオペラに行くお金の余裕なんかあるのか」という素朴な疑問もあり、少しずつ「自分内解禁」をしている。昨晩はうまい店対談を一緒にしている伊藤さんと。むさい大男ふたり並んで観劇。

いやー。ちょっとビックリしました。世界のトップレベルとはこういうことかと打ちのめされた気分。ここまですごいなら高いお金払ってでも見続ける価値がある。圧倒的な表現と声量をこの身全身で浴びる喜び。ホントにそんなにすごい歌い手なの?となぜか疑ってかかっていたソプラノのフリットリも第二幕あたりから本領発揮でべらぼうブラボー。最初は線が細くて大丈夫かと思われたテノールのサッバティーニも終わりに行くに従ってとんでもない。伯爵役もミラー役もヴルム役も実に良かった……あ、キャストを書いておこう。

ルイーザ:バルバラ・フリットリ
ロドルフォ:ジュゼッペ・サッバティーニ
ヴァルテル伯爵:ジョルジョ・スリアン
ミラー:ステファノ・アントヌッチ
ヴルム:ナターレ・デ・カローリス
フェデリーカ:アンナマリア・キウーリ
管弦楽・合唱:サン・カルロ歌劇場
指揮:マウリツィオ・ベニーニ
演出:カブリエーレ・ラヴィーア
美術:カルメロ・ジャンメッロ

オペラ「フィデリオ」

2005年6月 9日(木) 19:08:39

新国立劇場でベートーベン唯一のオペラ「フィデリオ」を観た。
セットがモダンかつ簡潔で美しく、演出もとても良い(演出・美術:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ)。観る前にネットで予習をいろいろしたのだが(だって筋も知らないし)、調べれば調べるほどなんだかいまひとつなストーリーなのね。このストーリーにベートーベンの理想主義的音楽が絡むと、なんか相当イマイチになりそうで、わりとネガな気持ちで出かけたのでした。でも杞憂だった。演出が上手。きっちりストーリーに入り込んで、楽しく2時間半過ごさせてもらった。飯島さん、ありがとうございました。

一応キャストも書いておこう。

レオノーレ(フィデリオ):ガブリエーレ・フォンタナ
フロレスタン:トーマス・モーザー
ロッコ:ハンス・チャマー
ドン・ピツァロ:ペテリス・エグリーティス
マルツェリーネ:水嶋育
ドン・フェルナンド:河野克典
ヤキーノ:吉田浩之

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。