ダイエット アーカイブ

男たちよ、痩せすぎるなかれ(泣

2013年5月22日(水) 8:48:01

そういえば15年前くらいに、デブ好きの友人女子から「さとなおさん、痩せないでね」と頼まれたことがあったっけw

って、そんなに太っていたわけではない。
183センチの85キロくらいをうろうろしていた。ただ、外食を趣味としていたし、ジバランというフレンチレストランガイドなんかも主宰していたので、そこそこお腹周りに肉がつき、美味しそうに丸々としていた。

それが今では人に気遣われる始末である。

修行僧じゃねえよ!

2013年3月 8日(金) 11:24:34

筋トレを始めてから3ヶ月、約8キロ痩せた。

筋肉は脂肪より重いのはよく知られていること。
その筋肉を増やしながら8キロ痩せたので、脂肪はもっと大きく減っていることになる。もう目標の75キロ(身長183センチ)はだいたいクリアし、体脂肪率も11〜13あたりまで落ちてきた。そういう意味では目標達成。

でも、こうなってくるとちょっと欲が出て来て、もう少しお腹周りを落としたくなっている。腹筋をいわゆる6パックにしてみたい(笑)。いままでの人生で(ラグビー部時代も含めて)腹筋ゴツゴツを体験したことがない。だから一回だけやってみたいのである。そういう裏目標を持ってあと半年、ジムに週3回通い続けてみようと思っている。

筋肉をつけつつ1ヶ月で5.5キロ痩せたボクの方法

2013年1月 2日(水) 19:52:47

1ヶ月前の12月3日、こんなブログを書いている。

『目的』が明確になってきて、ようやくカラダの健康という『手段』の大切さが見えてきた

ココロもカラダもネガティブ・スパイラルに陥っていたところからの脱却。
ココロが整い、「目的」が整理され、ようやくカラダの健康という「手段」を真剣に考えはじめた日のブログである。

2週間ちょいで4キロ減らした

2009年10月13日(火) 7:42:15

自己流ではあるがBMグラサン・ダイエットというダイエット法を開発し、 "努力なし" & "食事制限なし" で9キロ落として以来、「体重なんていつでも減らせるぜ」的なゴーマンな自信がある。

もともとこのダイエット法がリバウンドしにくいこともあって体重管理は余裕綽々だったのだが、この夏に Mac の調子が悪くなり起ち上げるのに四苦八苦するようになってから、「グラフをつける」というBMグラサン・ダイエットの根幹に関わる習慣が消えてしまった(いままでは Mac を起動したら表が目の前に出るように設定してあったのだが、それすら無理な状態になった)。
これさえやっておけばとりあえず体重キープはできる、っていうのが「毎朝体重計に乗って、パソコンに体重を記録しグラフにする」という習慣だ。五十肩でプールに行けなくなってからもグラフだけは続けていたので、体重は横ばいキープだったのだが、その習慣が崩れた途端、あっという間に体重が増えちまった。iPhone にも体重管理アプリがあって、そっちでやろうともしたんだけど、どうも感じが違って続かない。うーむ…。

でも、9月末に Mac が復帰し、ようやく「毎朝体重計に乗って、パソコンに体重を記録しグラフにする」という習慣を元に戻すことが出来た。この時点で体重は83.5キロ。だいたい79キロ台をキープしてきたので(その辺がベスト体重)、まぁ大雑把に4キロ増だったわけである。
しかも五十肩で運動もしなかったからか、お腹に増えた。4キロ分がお腹についた感じ。人生最高レベルにお腹の肉がある状態。ぷよぷよ。これ、プールに行かなくなったのが大きいな。スポーツ面よりも「ヒトに見られる」という習慣がなくなったことが大きい。人前でハダカになると無意識に体型とか気にするからね。

METs と Ex

2009年5月18日(月) 7:32:07

ここ半年、ボクなりに仕事に本腰を入れすぎて、エクササイズが疎かになっていた。
プールも行かなくなったし、腹筋や腕立てなどの習慣も途切れてしまっていた。まぁBMグラサン・ダイエットは続けているので体重は増えないのだが、でも体型が変わりつつある。わりと着痩せするので目立たないけど、脱ぐとお腹がポッコリだ。

というか、体型なんかより、体力が落ちたのがキツイ。
仕事しててもすぐ疲れる(まぁ過労もあるけど)。こりゃいちから地道に体力づくりしないとなぁ、と思い、とりあえずウォーキングから再開することにした。といってもまだ再開して2週間なんだけど。

で、ウォーキングを再開するためにいろいろ調べていて初めて知ったんだけど、なんか最近では「METs(メッツ)」とか「Ex(エクササイズ)」とかいう新指標があるようで。 つか、エクササイズって言葉、いつから単位に?

適当ができないのが、不適当

2009年2月 9日(月) 7:42:46

蜂にさされた芋虫のようにのたうちながら(←「次郎物語」風)、夜遅くに連載原稿だけ仕上げた。今日推敲すればなんとか間に合う。昨日は半日くらい書く気が起こらず(というか眠すぎて)のたうっていた。つらし。

あー、とにかく眠い。なんだこれ。今日会社に行ってもデスクで寝ちゃいそうだ。
やらないといけなかった分厚い企画書は6割くらいしか出来ず、ちょっと冷や汗状態。でも出来ることしか出来ないし、と開き直って会社に行く。「適当ができないのが、不適当」とはある先生の言葉。その通りだなぁ。適当に適当に。

最近、「今年の夏」を視野に入れているのか、ダイエットを決意する人が多いようで、BMグラサン・ダイエットへの問い合わせをメールでよくもらう。ええ、あのダイエット法、いまでも有効だと思いますよ。ボク、9キロ痩せてからリバウンドしてないし(たまに2キロくらい太るけどすぐ痩せる)、あれは基礎代謝を増やして痩せる方法なのでカラダに負担もかけません。いまから5ヶ月あったら確実に5キロは痩せられるダイエット法だと思う。しかもポイントは「食べる量を減らさずに!」だ。

NY出張(4)サイズダウン

2004年1月28日(水) 4:51:51

横なぐりの雪の中、バーニーズまで歩いて行ってジーンズを物色し、「7 for all mankind」を2本買う。11月にロスで1本買って以来のファンなのだ。ロスで買った時はサイズ34でちょうどだったのに、今回はサイズ31がベストフィット。お〜ダイエット大成功!と喜びのあまり2本も買いこんでしまったのだが、買ってから「あれ? まだダイエット進行中だから…このジーンズもすぐぶかぶかになってしまうわけ?」と気づいた。無駄じゃん。とりあえず1本にすれば良かった……。

ちなみに自慢していいですか? ボク、ジーンズの裾直ししたことないです。裾直ししなくてもちょうどいいの。常に。うくくくく。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。