内省・戒め アーカイブ

自分なりのダウンシフト

2017年1月 1日(日) 13:38:00

downshift.png

あけましておめでとうございます。
2017年もよろしくお願いします。

昨年は「不特定多数へのコミュニケーションから特定少数のコミュニティへ」という、自分の中での変換を実践してみた一年でした。

具体的には、さとなおオープンラボやゼミの卒業生を中心とした「4th」というコミュニティの運営です(現在約240名。今やってるラボ生が卒業すると約300人)。

ある若い友人へ

2015年2月16日(月) 13:46:50

あんまり焦んない方がいいと思うな。周りに影響されない方がいい。

それなりに成功してネット上で勇ましいことを書いてるキミの同年代たち(ちょっと上の先輩たちも含めて)は、みんな「早熟なタイプの人」なんだよね。スタートダッシュの先行逃げ切り型。

でも、キミはきっと後半に追い込むタイプじゃないか?
最初は後ろの方にいて、ゆっくりじわじわ行くタイプ。彼らとはペースが違う。彼らの言葉に影響を受けてマネをしても同じことはできないし、するべきでもないと思うよ。

自分の「ミッション」を思い出した日

2014年3月12日(水) 11:59:20

昨日の311は、個人的に「初心」を取り戻すいい日になった。

震災支援の初心ももちろんあるけど、それだけではなくて、なんというか、コミュニケーションの初心というか、日々生きて行く上での初心というか。。。初心というか、自分の「ミッション」かもしれない。

それって何って?
いや、とっても青臭いうえに砂糖菓子のように甘いので、こういうの読むとむかつく人は以下読まないでください。

ひとりでやってる人って、みんなこういうの抱えてるんだなぁ

2014年2月10日(月) 18:15:26

前回のブログでは「海老蔵の『にらみ』で風邪退散!」なんて脳天気なこと書いてるけど、実はあのあとインフルエンザA型に罹り、一週間ほど寝込むはめに。

そのうえ、スタバでコーヒーを真っ白なデニムにこぼしてダメにしたり(妻にたいそう怒られた)、夜中の交差点を歩いていたら全速の自転車とぶつかってはね飛ばされたり(妻に報告しても関心を示さなかった)、なんつうか「海老蔵てめえ、、、」とか八つ当たりさえしてるくらいでw

で、まだ咳は残っているものの、ようやくなんとか普通の体調に戻ってきたのが、今、です。
FBなどでお見舞いいただいた方々、ありがとうございました。

迷ったら、それはゴミ。

2013年12月29日(日) 10:54:20

あー、この書類、去年末も「これ、いるかなぁ。どうしよう、、、うーん、ま、とっておこうか」って迷ったヤツだー!

・・・な〜んて遠い目になりながら大掃除中の年末、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

そう、この書類、結局この1年、一回も見なかったなぁ。結局いらなかったんだよなぁ。やっぱりこの言葉は真実だ。

私が我が運命の支配者  私が我が魂の指揮官

2013年12月 7日(土) 6:48:15

イーストウッドがネルソン・マンデラを描いた名作「インビクタス」の中で、マンデラが繰り返し繰り返しつぶやく言葉。


  私は あらゆる神に感謝する
  我が魂が征服されぬことを

  私が我が運命の支配者
  私が我が魂の指揮官

長崎市長の「長崎市平和宣言」が素晴らしいので、備忘録的に全文を

2013年8月10日(土) 6:44:08

昨日は長崎原爆の日。

田上富久長崎市長の「長崎市平和宣言」が素晴らしいので、備忘録的に全文を書いておく。ニュースサイトはすぐリンクが切れるので。

被爆者の平均年齢は78歳。
今の若い世代は、被爆者の声を直接聞くことができる最後の世代だ。

そして、いまの50〜70代(若者たちの親世代)は、彼らと被爆者をつなげることができる最後の世代。
急がないといけない。

自分時間、他人時間、というパーツ

2013年4月19日(金) 8:56:10

サイトを始めて18年弱。
ブログ的なものを更新するようになって12年弱。

わりと長い年月、毎日毎日欠かさず更新してきたのだけど、ここ数ヶ月、更新がポツリポツリになってきた。

みなさんから見たら「それがどうした」ってことかもしれないけど、自分的には大きな「事件」。ボクがブログ更新を怠るようになるとはなぁ・・・。

シャープやパナソニックやソニーの凋落を、広告人や広告会社はもっと恥じるべきじゃないかな

2013年3月25日(月) 11:44:26

最近、広告人と話すとき、「シャープやパナソニックやソニーの凋落をどう思うか」と話題を振ってみることがある。

そして少し絶望的な気分になる。

誰もそのことを恥じていないからだ。

浪人時代に学んだとても貴重なこと

2013年2月21日(木) 7:23:22

ボクは大学受験で浪人をした。

ボクはこの浪人の1年間に本当に感謝している。
もちろん、翌年、曲がりなりにも志望校に受かったから言えることではある。でも、結果論とはいえ、感謝している。

なにをって?
「ちゃんと自分と向き合って努力する時間を持てたこと」を。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。