自分の講演・講義 アーカイブ

さとなおオープンラボ 第十期、募集開始します!

2018年11月15日(木) 6:08:49

ロゴ2.jpg


お待たせした方、すいません。
ほぼ一年ぶりの「さとなおオープンラボ第十期」、募集を開始します。

2013年夏より始めた「さとなおオープンラボ」。

おかげさまでご好評をいただき、東京は第九期、関西は第二期まで続けることができ、全部で342人の仲間ができました。今回はその東京十期目の募集です。来年1月から4月中旬までの約3ヶ月、全10回のコースになります。

さとなおオープンラボ第九期、募集開始します! 来年1月中旬より3ヶ月です。

2017年12月 4日(月) 12:05:34

10a6df53ff79a45d678392dcce43e38e27cfe0d3-thumb-720xauto-345.jpg
本の執筆にかまけて半年も間が空いてしまいましたが、さとなおオープンラボ第九期、募集を開始したいと思います。

2013年夏より始めた「さとなおオープンラボ」。
おかげさまでご好評をいただき、東京は第八期、関西は第二期まで続けることができ、全部で306人の仲間ができました。今回はその九期目の募集です。1月中旬から4月中旬までの3ヶ月、10回のコースになります。

土曜クラス2クラス、平日クラス(今回は火曜日)1クラス、各12名の計36名の募集です。
応募〆切は、12月18日(月)24時。
選考発表は12月28日(木)22時〜24時くらいに各人にメールでお送りします。

さとなおオープンラボ第八期、募集開始します!

2017年4月10日(月) 12:03:20

deb272411b3054c93781cb3784ff6d5cd683d56a.jpg2013年夏より始めた「さとなおオープンラボ」。
おかげさまで東京は第七期、関西は第二期が終了し、270人の仲間が出来ました。1クラス12名(関西は21名)の少人数制なので、21クラス終了したことになります。

で、今回『東京八期』をやることにし、募集を開始したいと思います(前回、東京3クラスと関西クラス日帰りを同時期に開催しカラダを壊しかけたので、今回は東京のみの開催です)。

3クラス、各12名の計36名。
応募〆切は、4月24日(月)24時。

選考発表は、5月2日(火)21時〜24時くらいにメールをお送りします。

連休中で旅行中の方もいらっしゃるかもですが、選考通過メールへの返事をいただいて正式決定になりますので、旅行中でも申し訳ありませんが、メールチェックをお願いします(旅行中でも受け取れる個人メアドでご応募ください)(どうしてもメールが読めないエリアに旅行する方は応募メールにその旨お伝えください)。

元官房副長官と語るポリティカル・ドラマとしてのシン・ゴジラ

2016年10月 3日(月) 22:11:54

シンゴジラ.gif

さて、ちょっといろいろあって間あきすぎちゃったので、さらっとシン・ゴジラについて書いてみる(いまさら感)。

 ※ここに辿り着くまでのお話しは前回の「2016年上半期にショックを受けた3つの制作物」をお読みください。

前回書いた「衝撃」以外にも、いろんな切り口でいくらでも書けそうな傑作映画ではあるのだけど、このシン・ゴジラ、ポリティカルドラマとしても優れていることは説明するまでもないと思う。たくさんの評論も書かれているし。

さとなおオープンラボ第七期、そして関西ラボ第二期の募集を開始します!

2016年8月24日(水) 9:57:50

ロゴ2.jpgおかげさまで好評なので「さとなおオープンラボ」の第七期(東京)、そして「さとなおオープンラボ関西」の第二期(大阪)も開催したいと思います。

東京のラボ七期が3クラスで各12名の計36名、大阪の関西ラボ二期が1クラスで20名の募集になります。両方で56名です。

応募〆切は、9月11日(日)24時。

選考発表は、9月26日(月)の午前中にメールをお送りします。ご応募くださった方全員にお送りします。

 ※応募要項や講義スケジュール、費用などはこの投稿の後ろのほうに書いています。

プライベート寄席に、なんと菊之丞師匠! まさかの談笑師匠!

2016年3月22日(火) 12:42:02

kikunojo.jpgdansyo.jpg
ボクが主宰するコミュニティ4th(ラボの卒業生が主メンバー)では、今年からいろんな方をお招きして「夜ラボ」と称して活動している。

聴衆は平均3〜40名だろうか(最大で60名)。
だいたい週に1〜2回開催。

4thメンバーも登壇するんだけど、外部の方を呼んでもいて、いままでも、バレエの岩田守弘くんとか、キャスターの松原耕二さんとか、イラストレーターの松尾たいこさんとか、ラーメンの大崎浩史さんとか、富士酢の飯尾彰宏さんとか、グーグルの金谷武明さんとか、紀州原農園の原拓生さんとか、いろんな方に来てもらった。セミナー形式で話していただくこともあるし、ボクとの対談というカタチを取ることもある。

たいていは元から親しい方々なので、ボク的には緊張しないのだけど、唯一緊張する回がある。

さとなおオープンラボ、第六期生、募集します!

2016年2月12日(金) 11:30:05

satonaolabologo.png
おかげさまで好評なので、さとなおオープンラボ、第六期も開催したいと思います。

今回も3クラス予定で、各12名。計36名の募集になります。



【毎週土曜クラス】(2クラス予定 1030開始組と1530開始組)

4月2日(土)〜6月11日(土)

※途中、4/30はGWにつきお休みなのでご注意を。

【毎週月曜クラス】(1クラス予定 1900開始)

4月4日(月)〜6月13日(月)

※途中、5/2はGWにつきお休みなのでご注意を。

講義時間は基本的に2時間ですが、2時間で終わらず3時間以上、時に4時間以上やることもありますので、終了時間に余裕を見てください。また、どうしても来れない日がある場合、他クラスに振替可能です(ただしクラス内で班分けをしますので、極力同じクラスにご参加ください)。



少人数制で、12名を1クラスとし、全10回です。
少人数制なので「確実に10回来れる方のみ」お願いします。休まないようにしてください。


費用はおひとり10万円(10回分・消費税別)です。会社名の領収書を出すことも可能です。場所は東京の表参道駅近くのボクの小さなオフィスで行います。

「この人はなぜこの人になったんだろう」

2016年2月 6日(土) 16:50:05

matsubara.jpg
昨晩はボクが主宰しているコミュニティ「4th」で夜ラボ。

TBSキャスターかつ作家の松原耕二さんをお呼びして、インタビュー術について濃厚な2時間。

というか、『聞く力、話す力』というインタビュー術の著書を出したばかりの松原さんに、ボクがインタビューするという神をも怖れぬ企画だw

人間として本当に一貫している(4thで岩田守弘くんと対談)

2016年1月11日(月) 10:12:06

iwata_labo1.gifiwata_labo2.gif
ボクが主宰している「4th」というコミュニティに、土曜日、ロシアから岩田守弘くんが来てくれた。

世界トップのダンサーを出席者30人弱で独占する贅沢。
3時間以上もの長い時間、バレエのこと、芸術のこと、ロシアのこと、人生のことなど、たくさん語ってくれた。本当にありがとう。

岩田くんの存在はボクの誇りである。
そんな誇らしくも尊敬する友人を、ボクの友人たちに紹介できて本当に良かったと思う。

【関西】さとなおオープンラボ関西を開催します!【関西】

2016年1月 7日(木) 19:13:49

初めての「さとなおオープンラボ関西」を開催しようと思います。
関西ですよ、関西。
お間違えなく。

定員20名。全10回。日曜の12時〜15時。
新幹線に乗って日帰りで(たぶん)、伺います。

基本3時間ですが、ディスカッションが延びると4〜5時間やることもあるかもしれません。また、毎回終了後「飲み」も予定しています。なるべく参加してください。

費用はおひとり10万円(10回分・消費税別)です。
会社名の領収書を出すことも可能です。場所は阿波座駅から数分の「江之子島文化芸術創造センター」の教室です。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。