日常・毎日の暮らし アーカイブ

自分なりのダウンシフト

2017年1月 1日(日) 13:38:00

downshift.png

あけましておめでとうございます。
2017年もよろしくお願いします。

昨年は「不特定多数へのコミュニケーションから特定少数のコミュニティへ」という、自分の中での変換を実践してみた一年でした。

具体的には、さとなおオープンラボやゼミの卒業生を中心とした「4th」というコミュニティの運営です(現在約240名。今やってるラボ生が卒業すると約300人)。

家にあるタオル全取っ替え計画、進行中 〜IKEUCHI ORGANIC

2016年3月25日(金) 10:55:57

IMG_1090.jpg

一度使うと手放せない「IKEUCHI ORGANIC」のタオル。

去年の11月に出会って、あまりの感動にFacebookに以下のようなことを書いた。


すごいとは聞いていたけど、ちょっと想像を超えてた。

花火師、今年は2度出動!

2013年8月25日(日) 19:05:04

hanabishi1.jpg昨夜は、花火師として今年2回目の出動をした。

正確には「煙火打揚従事者」。
社団法人日本煙火協会が出している花火を打ち揚げる資格みたいなものだけど、もう取って10年ほどになる。

この資格、毎年5月に講習会があって、それに出て「更新」となるわけだけど、運転免許といっしょで恐怖訴求。「今年はこんな事故があって何人亡くなった」みたいなことを事細かに教えてくれる。

「さとなおさん、ゴスペル、一緒に歌わない?」

2013年5月24日(金) 10:51:40

ひょんなことから、ゴスペルを歌う会に引きずり込まれた。

「さとなおさん、ゴスペル、一緒に歌わない?」

ゴ、ゴ、ゴスペル?
う、歌う??

自分時間、他人時間、というパーツ

2013年4月19日(金) 8:56:10

サイトを始めて18年弱。
ブログ的なものを更新するようになって12年弱。

わりと長い年月、毎日毎日欠かさず更新してきたのだけど、ここ数ヶ月、更新がポツリポツリになってきた。

みなさんから見たら「それがどうした」ってことかもしれないけど、自分的には大きな「事件」。ボクがブログ更新を怠るようになるとはなぁ・・・。

ボクは一生「富士酢」を使い続けると思う

2013年1月27日(日) 20:31:16

「富士酢」というお酢を作っている飯尾醸造の五代目、飯尾彰浩さんと知り合ったのは2005年。

このサイトを見てくれていて、メールをいただいて知り合い、何度かお会いさせていただいた(2005年のブログ「富士酢と福来純」でそのあたりのことも書いている。ここで書いた福来純も本当にオススメ!)

で、それ以前より「富士酢」はうちの常用酢なのだが、先週、京都宮津の飯尾醸造にお邪魔させていただき、いろいろ見学と説明を受け、いよいよ「他のお酢は使えない」と思ったですね。

そういえば、あの日以来、人に寄りかからなくなったなぁと思う

2013年1月17日(木) 5:46:52

18年前。

「震度7の朝、妻は妊娠9ヶ月だった」という体験記をサイトに書いた。

その中でボクはこんなことを書いている。

ボクがデジタルの時間管理をやめてアナログ手帳に戻す理由

2012年11月26日(月) 16:24:21

手帳、あけましておめでとう!

ボクが愛用している手帳「アクション・プランナー」では、11月26日の今日が2013年版のトップページになる。
つうことで今日からオレ手帳的には2013年です。今年もよろしくお願いします。

※ もちろん普通の人は1月1日から新しいのを使うけど、手帳って少し前から始まるようになっているじゃないですか。それがこの手帳の場合、11/26なわけですね。

ノマドって「企画の超重要な部分」が抜け落ちる 〜新オフィスに入居しました

2012年10月 9日(火) 9:12:53

先週の10月5日は、スティーブ・ジョブズの命日であり、ビートルズのシングル・デビューの日。

その日、ボクの小さな会社 (株)ツナグ は、小さな新オフィスに入居した。

新オフィスに入居して初めてしたことはマックブックエアーの電源を入れたことだし、引越のBGMはもちろんビートルズ。ジョブズとビートルズに見守られての入居だった。写真は入居した朝のオフィス。まだ家具が何も入ってない状態。借景に青山霊園の緑。

新幹線に MacBookAir を置き忘れた件(ハゲ総毛立ち)

2012年7月 6日(金) 11:51:37

今週の月曜は、「Big Tent:自然災害と IT 活用に関する国際会議」に出席するために仙台へ行き、その夜は「助けあいジャパン 情報レンジャー」の会合で宮城県の方や河北新報の方と飲み、その後ひとりで国分町に流れて「森羅万象」でおいしいスコッチとかを飲んだりしたですね。

で、一泊して朝イチの新幹線で東京に向かったです。

10時40分から学習院大学で「プレゼンテーション演習」の講義があり、その日は「ソーシャルメディアをどう捉えるのか」という講義の予定だったですよ。「いまはプレゼンはスピーチ内容だけではなく、普段の個の発信や関係性を背景としたコンテクストと共に聴かれるのである」ということで、ソーシャルメディアをしっかり理解してプレゼンに活かしてもらうという授業予定だったわけ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。