原稿 アーカイブ

安西水丸さんとの12ヶ月

2014年3月25日(火) 8:17:56

安西水丸さんが亡くなった。

最近、立て続けにいろいろな方が亡くなる。宇津井健、藤巻幸夫、安西マリア・・・でも、水丸さんはちょっと身近すぎるかなぁ。

身近といっても、お会いしたことはない。
ただ、もう10年くらい前になるが、婦人画報で連載したとき、なんとボクの連載原稿に安西水丸さんが挿絵を描いてくださるという光栄に浴したのである。

連載が決まったあと、副編集長から「挿絵は水丸さんとかどうですかねえ」と言われた時の驚き。

ボクみたいな泡沫ライターに果たして描いてくれるのだろうか? だって、ある時期「水丸ブーム」と言ってもいい時代(たぶん1980年代)が確実にあったくらい有名な人だし、当時は村上春樹の挿絵を描いていたし、彼の本名である渡辺昇なんて村上春樹の小説にたくさん出てくるし(このエピソードはマニアックかつ関係ないがw)

「さとなおさんのこと、知ってるっておっしゃってましたよ」と編集者。

えーーー!

そんなこんなで挿絵を描いてくださることが決まり、連載タイトルも「ごはんのはんりょ」と決まった。食べ物エッセイである。

婦人画報掲載までの流れはこうだ。

ボクが第一稿を書く。
それを編集部に送る。
水丸さんに送られ、それを水丸さんが読む。
で、その文章を元に彼が挿絵を描く。
同時並行でボクは最終稿を書き、入稿する。

mizumaru1.jpgで、毎回、初校時に、ボクは初めて、水丸さんの挿絵を見ることになる。

あー、この文章に、こういう絵かー。
さすがだなー、うれしいなー、文章が倍くらい引き立つなぁ・・・
というか、あの水丸さんが、ボクの原稿を読んだ上で、ひと考えして、筆を動かしてくれるという光栄。しびれるなぁ・・・

ボクは自然と、彼のために書くようになった。
だって、ボクの原稿の(編集者を除いた)第一番目の読者は安西水丸さんなのである。そりゃ彼のために書くでしょう。

彼に恥ずかしくないように、彼がおもしろく思ってくれるように。そして、彼が絵のインスピレーションが湧くように。

連載期間中、そんな1年をボクは送った。
毎月、毎月、安西水丸さんというひとりの読者のために、緊張して文章を書いた。

なんか、毎回、ラブレターを送るような気持ちで、送信ボタンをポチリと押した。
それは豊かで濃厚で、励ましてもらっているような12ヶ月だった。

水丸さん、ありがとうございました。
安らかにお眠りください。

「復興グルメ旅」という本の前文を書かせていただきました

2013年6月12日(水) 21:06:31

日経BP社から「復興グルメ旅」という本が発売される(今週末くらいから発売)。

石巻、気仙沼、南三陸、女川、松島・塩竃、陸前高田、大船渡、釜石・大槌、宮古、一関、福島、郡山、会津という15市から50店を取り上げて、東北に食べ歩きに行こう! 食べて応援しよう! と、呼びかけている本である。

その前文(前書き)を書かせていただいた。

自分時間、他人時間、というパーツ

2013年4月19日(金) 8:56:10

サイトを始めて18年弱。
ブログ的なものを更新するようになって12年弱。

わりと長い年月、毎日毎日欠かさず更新してきたのだけど、ここ数ヶ月、更新がポツリポツリになってきた。

みなさんから見たら「それがどうした」ってことかもしれないけど、自分的には大きな「事件」。ボクがブログ更新を怠るようになるとはなぁ・・・。

「明日の広告」、増刷(14刷)決まりました & 半額セール中!

2013年1月18日(金) 15:05:15

ashita.jpgおかげさまで、ちょうど5年前、2008年の1月に出した拙著「明日の広告」の増刷が決まりました。14刷です。ありがとうございました。

時の流れが異様に早い今、5年のロングセラーは本当に著者冥利に尽きます。

まだソーシャルメディアという言葉もほとんど聞かなかったころの本だけど、「変化した生活者(消費者)にどう対応していくか」という話に軸を置いているので、手段やツールが変わってもあまり古びないのかもしれません。

執筆でぶちあたる3つの壁(ボクの場合)

2013年1月13日(日) 17:28:13

先週は毎日のようにおもろいことがあり、ブログに書きたいことだらけだったのだけど、一方で本の〆切がシビアに迫っていて(というか、すでに一回延ばしているw)、なかなかブログを書く余裕がないですね。

どちらも「文章」なので、なんかバッティングするんです。

おまけに仕事と講演とジムもあり、そのうえ先週は毎晩飲み会がおもろかったこともあり、さらに少しわくわくする自主企画もあり、わりと精一杯かも。

病院長が死に直面して考えた生と死について、本を書きます

2012年9月21日(金) 9:22:28

この秋冬、3冊の本に取り組みます。

「3冊書く」とハッキリ書かず、「取り組みます」と逃げてるところに、「書ききれないのではあるまいか…」という自信のなさが透けて見えますね(笑)

ええ、自信ありません(力強く)
仕事でいっぱいいっぱいです。その上で3冊。かなり無理くさい。

青山ブックセンター本店で新書の年間ランキング1位に!

2011年12月22日(木) 12:34:22

いろいろな方が亡くなった年末。
今年は本当に「なんて年だ……」と呆然と見返してしまうような年ですね。

なんかどの話題を書こうと思っても暗くなってしまうなぁと思っていたのだけど、今日、個人的にうれしい一報が届いたので、今日はそれを。

表参道にある「青山ブックセンター本店」にて、10月に出した拙著「明日のコミュニケーション 」が新書における年間ランキングの第1位になりました!

「明日のコミュニケーション」、おかげさまで増刷です

2011年10月21日(金) 8:31:47

発売から一週間半。
新刊「明日のコミュニケーション」の増刷が決まりました。ありがとうございます。

この本、初版を2万5千部刷りました。
最初聞いたときは耳を疑いました。新書なら普通6千部とか8千部とかが初版部数だろうと思います(多くて1万部とか?)。

でも、たぶん前著「明日の広告」がたまたま8万部超売れたのが原因だと思うけど、版元のアスキー新書は勝負に出てくれたですね。本が売れないこの時代、どう考えても暴挙だと思いました。おかげで余計なプレッシャーを感じていたのだけど、なんとかご好評をいただき、ここまで漕ぎつけました。みなさま本当にありがとうございました。燃え尽きていたけど、少し気持ちがアップしてきましたw

どうやら燃え尽きたらしいw

2011年10月17日(月) 10:25:22

なんだかこの土日は何もできなかった。

正確に言うと、日曜の朝にボルチモアで震災支援活動をしている「Action for Japan 0311」という団体からの依頼で、ボルチモアでの講演会にスカイプ出演した(生ビデオ出演)。スライドを作って向こうで動かしてもらいつつ、こちらで一方的に話すカタチ。

MacBook Airの小さなカメラをにらみながらのプレゼンって初めてやったけど、やたら難しい。会場が見えないからテンション保つのもなかなかしんどい。でもまぁ遠く離れたボルチモアに生中継プレゼンを気軽に無料でできるのだもの、文句は言えない。ここ10年くらいのテクノロジーの発達はホントすごいなぁ。

新刊「明日のコミュニケーション」発売日です

2011年10月11日(火) 7:52:43

先週末くらいからアマゾンで買えたし、書店にもすでに並んでいるようですが、ボクの新刊「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、とりあえず今日、10月11日が発売日になります。

昨晩見た時点でマーケティング・セールス部門で1位でした(なぜか「広告」部門ではエントリーされていない ←アマゾンが書名から勝手に判断するみたい)。アマゾンの総合では52位。ありがとうございますありがとうございます。

ツイッターなどでも感想をたくさんいただきました。購入のご参考にと今朝までのツイッターでの感想を「Togetter」でまとめてみました。今後も随時まとめていきます。いったいどんな内容で、読んだ人はなんと言っているのか、興味ある方は一度見てみてください。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。