買い物、物欲 アーカイブ

21年着ているTシャツ

2016年9月 6日(火) 15:09:04

knickerbocker_tshirt.jpg

今日来ているTシャツは、1995年、ニューヨークのヴィレッジにある(あった?)レストラン・バー「Knickerbocker」で買ったもの。写真の右下に「95」って書いてある。

デザインが気に入ってずっと着ている。
なんともう21年選手である。

1995年というと、ボクがこのサイトを始めた年だ。
阪神大震災があり、地下鉄サリン事件があり、ラグビーワールドカップ南アフリカ大会で南アフリカが勝ち(映画「インビクタス」の年だ)、ウィンドウズ95が発売された年でもある(アップルの犬としては憎しみしか覚えていない)。

家にあるタオル全取っ替え計画、進行中 〜IKEUCHI ORGANIC

2016年3月25日(金) 10:55:57

IMG_1090.jpg

一度使うと手放せない「IKEUCHI ORGANIC」のタオル。

去年の11月に出会って、あまりの感動にFacebookに以下のようなことを書いた。


すごいとは聞いていたけど、ちょっと想像を超えてた。

ボクがデジタルの時間管理をやめてアナログ手帳に戻す理由

2012年11月26日(月) 16:24:21

手帳、あけましておめでとう!

ボクが愛用している手帳「アクション・プランナー」では、11月26日の今日が2013年版のトップページになる。
つうことで今日からオレ手帳的には2013年です。今年もよろしくお願いします。

※ もちろん普通の人は1月1日から新しいのを使うけど、手帳って少し前から始まるようになっているじゃないですか。それがこの手帳の場合、11/26なわけですね。

プリンターをHPの「ENVY110」にした

2012年4月13日(金) 11:41:39

まぁ定期的にプリンターが壊れるのは想定内である。
いまやプリンターは短期消耗品であるし、プリンターメーカーはプリンターではなくインクで儲けを確保している(そのくらい安くハードを提供してくれている)。

だけど、いざ手持ちの某プリンターが壊れてみると、相変わらず「気に入るプリンターが売っていない」という状況が変わらないことを再認識し、がっかりした。キレイな印刷という意味では世界最高峰の商品が並んでいるとは思うけど、デザインは悪いし使い勝手もよくないし機能も多すぎる。

というか、25年以上クリエイティブ業界にいて、企画書や写真をよく出力し、そこそこデジタル・リテラシーがあるボクですら「機能が多すぎてよくわからん」と思わせてしまうプリンターっていったいなんなんだ?

ラクレット・グリルがおすすめな件

2012年3月 3日(土) 19:47:52

昨晩は新会社「ツナグ」の仲間たち(と言っても2人)を家に呼んでのキックオフ・ホームパーティーだった。

関西電通勤務時代は本当によくホームパーティをやった。
まぁそれは「関西が地域ごとにかたまっていた」ことも大きかったと思う。大阪・神戸・京都・奈良という大きなかたまりがあり、たとえば神戸(阪神間)に住んでいる人は「近くに住んでいる」みたいな意識があり、近くに住んでいる同士でよく家に招きあった。

それに対し、東京は「かたまり感」があまりない。
そして、都内も少し離れると「遠い感」がある。神奈川・埼玉・千葉も、なんか「近くに住んでいる同士」みたいな感覚が薄いと思う。なんか散らばっちゃうんだよね。東京電通勤務時代も、家の近くに住んでいる人が少なかった。だからなんとなく招きあいが少なくなった。

iPad を親や祖父母に贈ろう

2012年1月 2日(月) 17:04:39

年末から義母(70代)が家に泊まりに来ている。

3年前に義父を亡くし、神戸で悠々自適のひとり暮らしをしている。
せめて年末年始くらいは、ということで、東京の家に来ていただいている。昨晩もボクの親の親戚とともに賑やかに新年をお祝いした。

かねてより、関西の義母と東京の我々との気軽なコミュニケーションのためにマックでのインターネットを勧めているのだが、どうしても抵抗感あるみたいである。まぁ確かにデスクトップやマックブックはちょっとハードル高いかも。だったら、と、実母(ボクの母)に贈ってたいへん喜ばれている iPad を勧めてみた。

地球最高音質ビートルズ! 〜The Beatles USB

2011年12月26日(月) 8:43:15

2年くらい前の発売時からずっと欲しかったんですね。

でも安くないし、ビートルズはCD(リマスター前)を全部持ってるし、ちょっとだけ迷いがあった。
そのままなんとなく先延ばしにしているうちに震災が起こっていつしか忘れていたんだけど、つい最近また急に「やっぱ欲しい!」と思いだし、自分へのクリスマス・プレゼントという口実で家族に宣言し、ようやく今週買ったです。全世界3万個限定発売らしいので、いつなくなるかわからないし。

これ、ご存じの方も多いと思うけど、ビートルズの全アルバムが小さなUSBひとつに入っているもの。
見た目よりしっかりした造りでずっしり重い青リンゴ。The Beatles [USB]

昨日の「手帳の選び方・使い方」イベント、とても楽しかった

2011年12月24日(土) 18:57:47

昨日の「手帳の選び方・使い方を佐々木かをりさんに聞こうイベント」はとても楽しかった。

いわゆるパネル・ディスカッションのモデレーターは何度かやったことがあるけど、一対一の対談の聞き手役はほとんどやったことがなく、始まるまではなんとなく不安だったのだけど、まぁ相手がしゃべりの名手である佐々木かをりさんですからね、話を一振ると十返ってくる。なのであっという間に2時間弱が過ぎた。笑いも随所に出て楽しかったな。来ていただいた方々からもいい反応を多くいただいた。楽しんでいただいて良かった!

というか、ボクはいままでこの「www.さとなお.com」を16年以上続けながら、読者イベントやオフ会を開いたことがないのだけど、考えたら「ボクのブログを読んだ人しか来ないイベント」という意味では初めての読者イベントに近いものだったのかもしれない。だから、とてもホーム的だったですね。くつろげた。ありがとうございました。

「いかに『広告』するか」から「いかに『話題』にするか」へ

2011年12月 2日(金) 8:01:18

この前の日曜に関西に出張したのだけど(法事込み)、朝、新幹線に乗る前に品川駅で朝ご飯用の弁当を買った。

巾着に入ったSuica弁当(1000円也)。

買った瞬間、あーソーシャルグラフのみんなにこのかわいさを教えたい! と思ったw だって人に思わず伝えたくなる要素満載だもん。巾着だけでもカワイイ。で、写真を撮ってツイッターとフェイスブックに書き込んだ。みんなも驚いてあっという間に数多くのRTやいいね!で拡散された。

あの記事以来「手帳みせて」と言われることがやけに増えた

2011年11月 7日(月) 11:21:01

友人のはあちゅうが送ってくれたのだけど(はあちゅうのブログにも登場させてもらった)、銀座のブックファーストで(ジョブズの伝記を押さえて)、新刊「明日のコミュニケーション」が総合第1位だったそうです。

ありがとうございますありがとうございますありがとうございます。
というか、総合で1位ってちょっと夢みたいです。感激です。ありがとうございます。

昨晩は刊行記念ということで、青山ブックセンター本店で「明日の質問箱」と称して「新刊やその他もろもろについて著者がなんでも質問を受ける会」というのをやりました。たくさんのご来場ありがとうございました。内容を理解してくださったうえでのいろいろなご質問、とてもありがたかったし、参考になりました。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。