2011年11月 アーカイブ

良いソーシャルグラフ 〜さとなおゼミ最終回

2011年11月 2日(水) 7:59:13

昨日は講義を二本。

午前中は学習院大学で「プレゼンテーション」の講義。
ソーシャルメディア時代の個のあり方について、1時間半、かなり熱を入れて講義をした。これから30年40年50年と生きていく学生にとって、とても大切なことなので、懸命に話した。伝わったかな。30人相手の小さな教室なのに喉ががらがらだ。

夜は「さとなおゼミ」最終回だった。
青山ブックセンター本店のイベント企画で、5回シリーズの少人数ゼミ「コミュニケーション・デザインをしたい人のためのさとなおゼミ」というのを隔週で受け持っていたのである。その最終回。

助けあいジャパンに寄付のお願い。そして11/9の講演会!

2011年11月 4日(金) 8:37:03

東日本大震災への関心がどんどん低下していっています。

テレビも(関係者から聞いたところ)、震災関連のニュースを流しても視聴率がとれないとのことで、どんどん報道が少なくなっていっています。新聞はまだいろいろな周辺報道をしてくれてますが、全体的にはやっぱり減って行っている印象です。仕方ないとはいえとても残念です。

なぜなら、これからもっと状況が厳しくなるからです。

ゆっくりじわじわ続けていきます。ありがとうございます。

2011年11月 5日(土) 19:02:33

昨日のブログに多くの言葉をありがとうございました。

実際に寄附してくださった方も多くいらっしゃり、本当に感謝しています。ありがとうございます。メンバー一同とても感激しています。ちゃんと活かして活動を続けていきます。

というか、こうして寄附してくださったり、RTやいいね!をして広めてくださった方々全員が「助けあいジャパン」の仲間だと思っています。

ベクレルとシーベルトの違い、子供に説明できますか? 〜MOJO更新

2011年11月 6日(日) 12:19:06

「新しい風穴になるといいな」という記事でその趣旨をくわしく書いた「MOJO 〜モニタリングや除染のことを大臣や省庁や専門家たちにいろいろ聞いてくるページ」が先週ようやく更新できました。

更新したのは「Q&A MOJOが聞いてきました」の部分。
「MOJO」の左側のメニューの「Q&A MOJOが聞いてきました」から入って、ぜひご覧ください。

あの記事以来「手帳みせて」と言われることがやけに増えた

2011年11月 7日(月) 11:21:01

友人のはあちゅうが送ってくれたのだけど(はあちゅうのブログにも登場させてもらった)、銀座のブックファーストで(ジョブズの伝記を押さえて)、新刊「明日のコミュニケーション」が総合第1位だったそうです。

ありがとうございますありがとうございますありがとうございます。
というか、総合で1位ってちょっと夢みたいです。感激です。ありがとうございます。

昨晩は刊行記念ということで、青山ブックセンター本店で「明日の質問箱」と称して「新刊やその他もろもろについて著者がなんでも質問を受ける会」というのをやりました。たくさんのご来場ありがとうございました。内容を理解してくださったうえでのいろいろなご質問、とてもありがたかったし、参考になりました。

除染モデル事業を取材してきた

2011年11月 9日(水) 1:27:35

今日(というか昨日)は、朝早くから福島県に行き、南相馬市の「除染モデル事業」を取材した。

MOJOプロジェクトのコンテンツ制作の一環である。
メンバー3人での自腹取材出張+別プロジェクトで石川淳哉さんたちも同行(総勢6人)。「日本原子力研究開発機構」の専門家が逐一質問に答えてくれ、なかなか充実した取材となった。

除染モデル事業とは、除染を効果的に推し進めるためにモデル地区を決めて予行演習的に除染を行って、基礎データをとって、全体進行を決めていく作業。徹底的に調査しながら進めるので、問題点も効果がある点もわかりやすく表出する。その全体像を取材することで、除染活動をより深く知ってMOJOの発信に活かそうという趣旨。

ストックホルムに行ってきます!

2011年11月10日(木) 6:29:30

昨日の「助けあいジャパン・チャリティ講演会」に来てくださった方々、どうもありがとうございました。

おかげさまで盛況でした。
楽天様のご厚意で会場をお借りできたのですが(楽天2号館)、1600名入る巨大な会場。なんと300名も集まってくださったのに閑散として見えるw でも、盛況としか言い様がありません。たくさん集まっていただきありがとうございました。あと、ボランティアで手伝ってくださった楽天様、オリノコ様(簡単イベント作成&チケット販売システムPeatixを利用させていただきました)、ありがとうございました。裏方の助けあいスタッフたちもみなさんお疲れ様でした!(特にしょこさん)

ボク1時間、斉藤徹くん1時間、という段取りの講演会だったけど(一応ふたりの新刊発売記念という意味もあったので)、なんか昨日は呂律が回らない状態かつスライドをぎりぎりまで作っていたこともあり、しどろもどろな講演になってしまったと反省してます。あー、もっとイイトコ見せたかったw 知り合いもたくさん来ていたのに。

ストックホルム1日目 〜琉球料理を欧州に紹介するプロジェクト

2011年11月11日(金) 12:00:00

ストックホルム郊外の「YASURAGI HASSELUDDEN」というホテルに来ている。「やすらぎ」という名の和風ホテルである。

なんでわざわざ和風ホテルなのかというと、ここで今回のストックホルム行きの目的であるイベントが行われるからである。その準備や仕込みもあって、ここに5泊する。

ちなみにこのホテル、ヨーロッパのNo.1スパを獲得したこともあるらしい。スウェーデンでは3年連続のベストオブスパを取っているとか。
至る所に和風の設えがあり、日本人から見ると少し怪しい雰囲気ではあるのだけど、宿としての完成度は高くてわりとステキ。公用車(?)も写真のとおりw(人呼んで耳なし芳一カー)。これがステキかどうかは置いておいて、なんというか、徹底している。

ストックホルム2日目 ~市場とはあちゅうと花火

2011年11月12日(土) 12:00:00

ホテル「やすらぎ」の基本装備は「浴衣」である。
お客はほぼ全員浴衣を着ている。外国人が9割なので、なんというかコスプレな感じ。みんなシャツの上とかに浴衣を羽織って館内や敷地内をうろうろし、その格好でご飯も食べる。

写真は着いた日の夜のディナー風景。
遠くてわかりにくいが、写真の奥の方まで全員浴衣を着て食べているw(写真をクリックすると大きくなる)

ボクは夜9時くらいに到着したのだが、その夜、スウェーデン大使館の方々も参加して歓迎会を開いてくれた(ボクのために、ではなく、彩香さんのために)。会場がホテルの鉄板焼きダイニング。和風ホテルなので、鮨とか鉄板焼きとかのレストランがあるのである。

ストックホルム3日目 〜プールと仕込みと足魚とミートボール

2011年11月14日(月) 11:46:47

泊まっているホテル「やすらぎ」は、基本的にスパである。
風呂とプールとサウナ中心。ひろーい空間を贅沢に使っていて、とてもゆったりできる。環境音楽が静かに流れ、照明も暗めで落ち着いている。

風呂は、「静」という名の「静かに入る風呂」と、「賑」という名の「わいわい入る風呂」と、露天風呂の3つがある。北欧人みんな風呂に入りながら会話を楽しむ人が多いので、「賑」と露天はいつもスウェーデン語や英語が飛び交っている。抱き合ってフレンチキスしてるカップルもいる。

プールは25mの広々したもので、風呂とつながっている。
風呂はハダカで入るが、プールと露天風呂は水着着用。タオルも水着も全部豊富に用意されている。だからいつでも身一つで行けばいいのだが、人気の宿なので週末の昼間はわりと混んでいる。夕方に行くとプールも露天も休憩スペースも芋の子だ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。