2010年12月 アーカイブ

犬やネコをクリスマス・プレゼントにする前に

2010年12月21日(火) 11:50:18

数日前に愛犬の死について書かれた「バスターが死んだんだぞ」というブログ記事をツイッターで紹介し、ものすごくたくさんのRTをいただいた。たくさんの人を泣かせた罪な記事w でもいい文章である。元記事はデイリーメイル紙のこれ。それを邦訳してくれたわけである。ありがとう。

同じブログの中にこんな記事もある。「A Dog is for Life, Not Just for Christmas」
これはRSPCA(王立動物虐待防止協会)のキャンペーン。引用してみると、愛くるしい子犬をプレゼントされたときの子供の顔の輝きはすばらしいものです。それは認めますが、コインの裏表のようです。子犬は実に大変です。噛む、汚す、眠りを妨げる、遊んでくれとまつわりつく。子供が一人増えたようなものでありましょう。
子犬はすぐに大きくなりますが、しつけは長い道のりです。いくら頭のいい犬でも、根気よく冷静に教えていかなければならない。もしあなたがかんしゃくをおこせば、子犬は混乱してまた最初からやり直しです。
雨の日も嵐の日も雪の日も散歩に連れていき、えさを与え、身体を綺麗にし、排泄の後始末をし、一緒に遊んであげなければなりません。病気になれば獣医に連れていかなければなりません。あなたには毎日そんな時間がありますか?
子犬の販売元はもちろんクリスマス商戦に乗り出します。あなたが迷っているときに「誰か他の人も欲しがっているのですよ」とあなたの気持ちをあせらせます。もちろん、他にだれもいないのです。あなたにこのチャンスを逃したらもったいないと思いこませたいだけなのです。
クリスマスは楽しいときなので、子犬がおもらしをしたりいたずらをしても笑い飛ばしてしまいます。
しかしそれから半年たったころ、子犬はすっかり身体が大きくなりますが、まだ子供なので時々粗相をしてしまいます。子供たちはとっくの昔にあきています。
RSPCAにこのときに多くの子犬が持ち込まれるのです。そして何も悪いことをしていない、ただ誰も欲しくないという理由だけで子犬や子猫が処分されてしますのです。
以前ボクのブログでも「犬を飼うってステキです---か?」を紹介した。
これは本当に名作だと思う。東京都衛生局生活環境部獣医衛生課というお堅そうな部署が作った冊子のPDFだが、都庁の中にも素晴らしい人がいるなぁと感動した。まだの方はぜひ読んでいただきたい。マンガなのであっと言う間に読めるけど、そのあと長く考えさせられる。

どうして? 犬を愛するすべての人へこの流れで、こんな本にも出会うことができた。

サトナオ・オープン・ラボで忘年会

2010年12月22日(水) 12:14:57

8年前に「 忘年会を断ってみる」というコラムを書いた。
まぁそう書くくらいだから、基本的に忘年会は断ることにしている。新年会も基本的には断る。「一緒に飲む」というコミュニケーションを否定はしないのだが(積極的に肯定するくらいだが)、忘年会・新年会は完璧に形骸化しているよね。

そうこうしているうちに誘われなくなった(笑)。
というか「社外の人間と飲め。社内の人間とばかり飲んでるヤツはバカと思え」というコラムも堂々と書いているくらいなので、普通の夜も社内からはほとんど誘われなくなった(笑)。まぁ最近では、終業後にみんなで飲みに行くというサラリーマン的習慣も全国的に急激になくなりつつあるから、それも大きな要因ではある。でも「さとうは夜誘ってもダメ。たいてい社外の人との会食が入っている」と、みんなに認識してもらえたのが一番の要因。長い年月かかったけど。

そう、「あの人はそういう人」と思われるとラクなのだ。
おかげで打ち合わせも夜にはめったに入らない。「夜は外食に行く人」と思われているからだ。宴会のお誘いもほとんどない。「宴会には出ない人」と思われているからだ。二次会にしつこく誘われることもない。「一次会で帰るタイプ」と思われているからだ。

映画「ハーブ&ドロシー」、順調です!

2010年12月23日(木) 10:34:34

竹内まりやのツアーが昨日で終了したので、行った日のセットリストを当該エントリーに書き加えました(こちら)。思い返すだに素晴らしいライブだったなぁ。
そうそう、客席にピンクレディのミーちゃんが来ていて、それがわりと近くて、地味にうれしかったのを思い出したw

h_d12.gifところで、久しぶりの「ハーブ&ドロシー」ネタですが、今週末の25日から名古屋「名演小劇場」、横浜「シネマ・ジャック&ベティ」でも上映が始まります!

これで、現在上映しているのは、渋谷「イメージフォーラム」(1月も上映することが決定! ちなみに25日より朝一の回の上映開始が15分遅くなったのでご注意を)、大阪「梅田ガーデンシネマ」、那覇「桜坂劇場」の3館(広島「サロンシネマ」は上映終了)。ここに名古屋と横浜が加わわると計5館になります。

今年もメリクリ。ということはあれから一年か…

2010年12月24日(金) 10:31:28

家的には仏教徒だけど、とりあえずメリークリスマス!

って、ここで「あれ? 24日にメリークリスマスって言っていいんだっけ?」と、どうでもいいことを疑問に思ったのだけど、Wikipediaによると「キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では、日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる」らしい。つうことは、今日の日没からはメリクリなわけですね。

というか、日没が一日の境目ってどうよ?
日が暮れたら「あぁ一日が終わった」と思うのはわかるけど、それと同時に次の日が始まっている。次の日の始まりが夜って、なんか変な感じ。

ボクの人生に松尾たいこさんの絵がやってきた

2010年12月25日(土) 11:36:19

ツイッターが知り合うはずのない人同士を結びつけることはよくある。

イラストレーターの松尾たいこさんと知り合ったのもツイッター。
絵を見たら「あぁこのタッチ、たしかあのイラストレーターだよなぁ」とか思うし、いろんな本の挿絵で見かけたりする。NHK「トップランナー」で取り上げられたのも知っている(見逃したけど)。でもよくは知らないし知り合うすべもない。彼女はボクにとってそんなイラストレーター(もしくは画家)だったのだけど、いつしかなんとなくツイッターのタイムライン上でお馴染みになっていった。

あちらにとってもボクはそんな感じだったようだ。つまり「知ってるけど知らない」。それがだんだんやりとりするようになっていくのがツイッターの不思議なところ。で、「そのうちご飯でもご一緒に」という話にどちらからともなく自然となった。ボクはこういうことはあまりしないタイプなのだけど、たいこさんもそうだったらしく、実際お会いしたときは「初めて会う方といきなりご飯って初めてです」と緊張されていたw でもって、お互いに「そのうち会うような気がしていた」と告白。こ、これは、、、恋が始まるパターンではないか!w

12月は「捨」 その3

2010年12月26日(日) 16:56:02

少々しつこいが、ボクの12月のテーマは「捨」である(その1その2)。

シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わうちなみに、昨日書いた松尾たいこさんもブログで紹介していたが、うちのバイブルも偶然この本である。「シンプルに生きる」(ドミニック・ローホー著/幻冬舎)。

捨てるだけでなく、「上質なものを、上質な場所で、上質な時間をかけて」という考え方。
まぁ当たり前の考え方なのだけど、もう一度ちゃんと自覚するのに使っている。

長寿樹ミカンを食べてみたい!

2010年12月27日(月) 19:25:37

今週末はもうお正月。

「♪もういくつ寝るとお正月〜」とか歌っている子供って、いまの日本にいるのだろうか。
まぁお年玉を楽しみにしている子供は多いかもだけど、すっかり日本人の正月感も変わった気がする。東京は特に。

お正月といえば思い浮かぶ絵は「コタツでミカン」だが、もうコタツのない生活も長いなぁ。少なくとも30年くらいコタツなしの生活だ。そりゃ正月感も変わるわ。

公式を自分で導き出せるチカラ

2010年12月28日(火) 8:54:22

今年は講演の年でもあった。

なにせ週7本という週もあった。最高記録だ。大学の講義や社内講義なども含めると(正確には数えていないが)年150本くらいだったのではないか。つまり平均週3本。いや、もっとやってるかも。200には届かないと思うけど。いずれにしても、サラリーマンとしてはちょっと尋常ではない数だと思う。

おかげさまで、何度か書いているけど、人生最大の不得意科目「人前で話す」ということが多少は克服できてきた気がする。場数は力だ。まだ「狙って笑いをとる」というところまではいかないが(スベるのが怖くてよう言わん)、少しずつ笑いのコツもわかってきた。まったくもって自分的には大進歩である。なんといっても赤面恐怖症ちっくだったからね。

スローダウン

2010年12月29日(水) 16:25:44

昨日は年内最終出社日。

最後にちょっと仕事でトラブルがあったけど、まぁ例年になく平穏な年の瀬だ。
最終日恒例の銀座「泰明庵」に行き、ゆっくり焼酎のそば湯割りを味わった。焼酎がアルギンの瓶で出てくるのが面白くていつしか「アルギン会」と名付けられた恒例の会だが、今年はアルギンの瓶もなくなっていてちょっと寂しかったな。

それにしても今年は春夏秋とバタバタし過ぎた。余裕なさすぎ。なので、冬は極力スローダウンを心がけた。特に12月。心の中に竹内まりやの「スローラブ」を流して戒めにしていた。

「つか、やりすぎだろ!」な2010年

2010年12月30日(木) 17:59:19

昨日寝ながら今年をつらつら振り返っていたが、まぁなんというか、盛り沢山な一年だった。エポックメイキングな年と言っていいくらい盛り沢山かつ「上質なものに触れた一年」だったと思う。

仕事、講演、出版、連載、ボランティア、食事、旅行、出会いなどいろいろあるが、とりあえず「生で観たエンタメ」だけでもベスト10を作ってみようと思ったんだけど、いざ作り始めたら全然ムリ! 結局羅列になってしまった。

まず音楽系。
クラシックはあまり観なかった年だけど、ユンディ・リサロネン/ハーン/フィルハーモニアは印象に残っている。オケをもっと聴きたいな。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。