2010年10月 アーカイブ

初・八戸

2010年10月11日(月) 10:36:30

八戸に来ている。
はじめてくる街だ。というか青森県自体が初めて。思っていた印象とガラリと違う。失礼だがもっと寂れた街かと思ってた(笑)。なんだか清潔で明るくていい感じ。やっぱり実際に来てみないとわからないものだ。

市の中心地に「はっち」という複合施設が出来るらしいのだが、そこのオープニング・イベントのひとつに「八戸レビュウ」というのがある。88人の市民を88人の市民が取材して文章にし、梅佳代さん(!)をはじめとしたカメラマンたちがその肖像を撮り、撮った写真とともに文章を展示する、というアートプロジェクト。ボクはなぜかそこでの「文章講座&添削」を依頼されたのである。

で、人生初の文章講座をしに、前日から八戸に入ったわけ。

八戸はうまくて楽しかった

2010年10月12日(火) 7:36:41

八戸の「八戸レビュウ」文章講座は無事終了。

自分にとって初めての試みだったので不安もあったが、やって良かったな。
何よりも「アウトプットすること」によって自分の頭の中が整理されたのが良かった。こんな機会でもないと「文章を書くこと」について深く考えることもない。

しかもそれを人前で話すために整理整頓し、聴衆のためにわかりやすく再構築し、1時間半で話しきるようにまとめていく。この作業はものすごく有益。前週のYOSAKOIソーラン参加者フォーラムに引き続き2週連続で専門外の講演をやったが、明らかに自分の中が拡張&リフレッシュされて感じられる。おもしろし。

映画「ハーブ&ドロシー」 11月13日公開!

2010年10月13日(水) 8:43:50

映画「ハーブ&ドロシー」の公開日が正式に決まりました!

ちょうど1ヶ月後の今日、11月13日(土)です!

お客さんがあまり入らないと短期間で終わってしまいます。「まぁいつか」ではなく、ぜひ手帳などにお書き留めを。 地方上映が広がるためにも東京での動員数は大事なんです。東京で観客動員がひとりでも増えると、地方上映館がどんどん増えます。よろしくお願いします。→予告編をどうぞ

なんと『彦江』が閉店!

2010年10月14日(木) 5:50:52

hikoe_up.jpg昨日の夕方、衝撃的なニュースが!
香川の彦江製麺所が今月30日で閉店だとツイッターで流れてきたのである(情報ソース

彦江…。
「さぬきうどんをCHAIN EATING!」(←本「うまひゃひゃさぬきうどん」の元になった紀行文)ではこう書いた。
いやはや、うまかった。

ちょっと『田村』を思わせるような麺だ。最高の状態の『田村』はきっとこんな感じなのだろう。
つやっつやでゴッシゴシ。
角がビシッとしていて口の中で暴れながらも歯におとなしく身を投げ出す風情を持っている。
強いのにやさしい。
そう、男の筋肉質と女のなまめかしさを両立させている麺なのだ(オカマという意味ではない)。

大学で教えるということ

2010年10月15日(金) 12:29:29

昨晩は映画「ハーブ&ドロシー」の佐々木芽生監督と青山学院大学で打ち合わせ。
青学の学生たちが映画の応援と青学でのトークショーの仕切りを手伝ってくれる、とのことでイソイソと。なんでも総合文化政策学部というところでの実習の一環になるらしい。

他の大学の学生もいろいろ知っているが、ここの学生はわりと積極的で良かった。
とはいえ、ボクも学生時代は引っ込み思案で常に後ろにいるタイプだったので(実はいまでも根はそうであるが)、消極的な学生が悪いとは思わない。ただ、積極的な人が多い方がわかりやすくてとても助かる。積極的に関与してくれると「可愛いなぁ」と思う(←ほとんど親目線)。これから実習を少し手伝うが、ちょっと楽しみだ。

昨日は後期の授業を受け持たせてもらっている某大学でも教えたのだが(科目は「広告コミュニケーション」)、知っておいてもらいたい広告のカタチということで海外の傑作CMをいろいろ流した。海外CM好きのボクからしたらわりと面白い授業時間だったと思うのだが、それでも爆睡している学生がいて参った。前から2列目でパーカーを頭からかぶって突っ伏して寝てるヤツとか。

無事に乗り越えさせてください神様

2010年10月16日(土) 16:49:26

やっと今週が終わる…。仕事仲間には「来週になったら少し楽になるからちょっと待って」と、いろんなオファーをお断りしていたのだが、ふと手帳を見たら来週の方がずっとキツイことに気がついた。いつまで続くんだこの状態。

7月8月が本業で忙しかったので、講義や会食などのオファーを「すいません、10月くらいでもいいですか?」と2ヶ月先を指定していたら、すべてがこの辺に集中してしまったという「管理能力ゼロ」の結果である(あー秘書が欲しい)。

忙しさ自慢ほどアホらしいものはないのだが、「本業+講演講義+会食+個人プロジェクト」が一気に来るのって死ぬ。今週は「メールを送ったけど読んでくれましたか?」という電話を5本も受けた。しかもどれも見事に読んだ記憶がなかった。おかしい。記憶喪失か、と受信簿を見てみたら未読が1000通以上あった(すいませんすいませんすいません)。おっかしいなぁ。読むだけは読んでいるはずなのに。これではまともな仕事はできない。本当に申し訳ない。オーバーフローの域を越えている。

叱ってもらえることの重要性

2010年10月17日(日) 18:21:43

先日の記事「大学で教えるということ」にわりと反応が多い。もちろん大学教育ということ、ひいては日本の将来を変えることへの責任論まで含めて順当な反応が多かったのだが、意外なのは「この歳になると叱ってくれるヒトがどんどん減る」のくだりへの反応が多かったこと。同年代からの「本当にそうだよなぁ」という系の反応を中心に。

いわゆるアラフィフ(50歳前後)になると、会社に先輩も少なくなってくる。
しかも仕事では経験豊富なベテランと見なされる歳になるので(みんな意外と戦々恐々として仕事してるんだけどねw)、だれも口出しをあまりしなくなる。油断してるとあっという間に「裸の王様」状態。

ボクの知り合いの某企業役員も「誰かに叱られたい」といつも言っている。
もっとも、この方の場合、「学校の委員長タイプの女の子にさぁ、『○○くん、ダメでしょ!』とか怒られたいよねー」ということなので、多少倒錯しているが(笑)。

叱ってもらえることの重要性2

2010年10月18日(月) 8:14:51

昨日のさなメモ「叱ってもらえることの重要性」にいろいろ反応をありがとうございます。
その中で書いたお稽古事エピソードだが、内田樹先生が去年こんなことを書いていたことをツイッターで教えてもらった。愛読ブログなので読んだはずなのだけど忘れていた。リンクもするけどちょっとだけ引用したい。
昔の男たちは「お稽古ごと」をよくした。
夏目漱石や高浜虚子は宝生流の謡を稽古していた。山縣有朋は井上通泰に短歌の指導を受けた。内田百閒は宮城道雄に就いて箏を弾じた。
そのほか明治大正の紳士たちは囲碁将棋から、漢詩俳諧、義太夫新内などなど、実にさまざまなお稽古ごとに励んだものである。
植木等の歌に「小唄、ゴルフに碁の相手」で上役に取り入って出世するC調サラリーマンの姿が活写されているが、1960年代の初めまで、日本の会社の重役たちは三種類くらいの「お稽古ごと」は嗜んでおられたのである。
なぜか。
私はその理由が少しわかりかけた気がする。
それは「本務」ですぐれたパフォーマンスを上げるためには、「本務でないところで、失敗を重ね、叱責され、自分の未熟を骨身にしみるまで味わう経験」を積むことがきわめて有用だということが知られていたからである。
本業以外のところでは、どれほどカラフルな失敗をしても、誰も何も咎めない。
そして、まことに玄妙なことであるが、私たちが「失敗する」という場合、それは事業に失敗する場合も、研究に失敗する場合も、結婚生活に失敗する場合も、「失敗するパターン」には同一性がある、ということである。
私はこれまでさまざまな失敗を冒してきたが、そのすべては「いかにもウチダがしそうな失敗」であった。
「ウチダがこんな失敗をするとは信じられない」というような印象を人々に残すような失敗というものを私はこれまで一度もしたことがない。
すべての失敗にはくろぐろと私固有の「未熟さ」の刻印が捺されている。
だからこそ、私たちは「自分の失敗のパターン」について、できるかぎり情報を持っておくべきなのである。
そして、そのパターンを学ぶためには、「きわめて失敗する確率の高い企て」を実行するのだが、どれほど派手な失敗をしても「実質的なペナルティがない」という条件が必要なのである。
御意。
ボクも同じところで同じような失敗を繰り返す。

ボクの場合、小学校5年のクラス運営で手痛い失敗をした。いまでも忘れない。
そして同じような失敗を会社に入ってから二度やっている。痛すぎた。トラウマになりそうだ。でも、これはボクにとって「いかにもサトウがしそうな失敗」なのである。わかっていたのに同じ轍を踏んだ。シミュレーションを怠ったのが敗因である。そして誰かにその欠点を叱り飛ばされるというお稽古事などを持っていなかった。

世に「お叱りバー」「叱られスナック」なるものがあるという。また、銀座には社長を叱り飛ばすママも大勢いるという。これらに通う人々は「叱られることが快感」というマゾ的性癖もなくはないだろうが、どこかで本能的に、「欠点」「未熟さ」=「失敗するパターン」をシミュレーションしに来ているのかもしれない。

変わり続けること

2010年10月19日(火) 10:03:53

毎日新聞で連載されていたテルツァーニの話が面白かった(ローマ支局の藤原章生氏の記事)。

たった全5回の連載だったけど、妙に刺さった。一応ネットにも載っているのでリンクしておきます。日本の新聞はリンクをすぐ切っちゃうのでいつまで読めるかわからないけど。→

この中で特に共感を覚えたのは以下のくだり(第4回目)。
 長男、フォルコさん(41)は「父は変わり続けた」と言う。「書くことで社会は変えられないと悟った父は『唯一できるのは自分が変わること』と話していた」
 写真家の故・星野道夫氏が似た言葉を残している。泣けるような夕日を見た時、その美しさやその時の気持ちをどう人に伝えるかという問いだ。「写真をとるか、キャンバスに描くか、言葉で伝えたらいいのか。(一番は)自分が変わること。自分が感動して変わっていくこと」(星野道夫著作集3「もうひとつの時間」より。一部省略)
 聖書にも似た言葉がある。「この世に調子を合わせてはいけない。大事なのは、心を入れ替え、自分を変えることだ。そうすれば、神の意志がわかる。何が善で、何が神に受け入れられ、何が完全であるかがわかる」(新約聖書「ローマ人への手紙」英語版より)
ちょっと星野さんのエピソードだけ視点が違う気はするけど…w

若くして独立した人は大変だ

2010年10月20日(水) 9:28:49

昨日の話(変わり続ける話)やおとといの話(叱られる話)にも通じるけど、若い職人がやっている鮨屋に行ったりするとこんなことをよく思う。

若くして独立した職人さん。独立した当初はイイ。独立できるくらいだから腕は立つ。おいしい。なかなかイイ。

でも、残念ながら、そこで立ち止まるヒトがとても多い。
これは仕方ない部分もある。独立した当時の味が客に気に入られていたんだろうし、親方にも認められたんだろう。その味を守る気持ちは分かる。親方に言われたことをしっかり守って鮨を握る。それは大事だ。でも哀しいことに、変化しない分、少しずつ古びていく。独立当初に雑誌やウェブで評判になって新規客がたくさん駆けつけたりすると特に変われない。変わるのが怖くなる。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。