2008年12月 アーカイブ

ボリショイ・バレエ「明るい小川」@東京文化会館

2008年12月11日(木) 9:12:06

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」の中でも「新しい大役に挑む」として取り上げられていた演目「明るい小川」を観てきた。

もちろん岩田守弘さんも出演。
もちろん、って書いたけど、役を得る大変さは放映でも描かれていた通り。舞台上でたったひとりの東洋顔・東洋体型。しかも背が飛び抜けて低い。背が高いロシア人でさえも役を得るのは大変なのに、それだけ不利な状況を覆しての配役。すごいことだ。「日本公演だから役をもらえた」と思う人がいるかもしれないが、ボリショイはそんなに甘くない。「国の顔」なのだ。前回の日本公演では岩田さんは連れてきてさえもらえなかった。

放映で彼が悩む姿や必死の練習姿を見ていた演目を、放映の翌日に、生で観られるシアワセ。あぁあの振付だ!とかドキドキしながら観た。あのキスを投げる場面、練習よりずっと良くできていた。あれからも進歩しつづけたんだなぁ。会場からドッと笑いが起こる。これは贔屓とか応援とかではなく、虚を突かれて普通に笑った笑い。バレエでちゃんと笑いを取るって難しい。あれだけ高度なダンスを軽々こなしながらちゃんと笑いを取る。素晴らしいな。

共有できてシアワセ

2008年12月12日(金) 8:51:19

岩田さんの「プロフェッショナル」について、メールをたくさんありがとうございます(ホントにたくさん)。

みなさんと「岩田守弘」を共有できてホントにシアワセ。彼の存在をひとりでも多く知って欲しかったから。
ずいぶん前にも書いたけど、ここまで性格のいい青年をボクは他に知らない。純粋で素直でひたむきでまっすぐで謙虚。こんなオトコがたった独りでロシアという厳しいアウェイで闘っていることを、バレエファン以外にも知って欲しかった。あぁ紹介した甲斐があったなぁ。

土曜の夜も、一瞬だけど彼に会える予定(たぶん大阪フェスティバルホールの楽屋で)。もう彼を独占できなくなるけど、それがまたうれしい。モリ(岩田さん)がファンとかに囲まれている姿を見るのが好きなのだ。

大阪で二日酔いだと

2008年12月13日(土) 11:27:57

昨晩遅めに大阪着。
今日の満劇、そしてボリショイのためである。観劇ハシゴ。信じられないくらいシアワセだ。

いつものバーにちょこっとだけ顔だそうと入ったら、ええとね、それから5時間くらいかな、結局ハシゴして飲むことに(笑) でもそれもシアワセ。わざわざ若手が会いに来てくれたりして、まぁ異様に買いかぶられているわけなのだけど、買いかぶられているうちが花でもある。

おかげで少し二日酔い。大阪で二日酔いだと、脊髄反射的に「きしめん あまの」の「味噌煮込みうどん辛口えのき入り大盛り」をカラダが欲する(←なぜ大阪なのに名古屋名物?)。もう堂チカにはないんだよな。ホワイティうめだまで歩いて食べに行こう。

奇跡的な一日

2008年12月14日(日) 19:15:40

大阪での土曜日はとてもいい一日だった。

二日酔いを「きしめん あまの」の味噌煮込みうどん辛口えのき入りで醒ました後、キタをゆっくりゆっくり散歩して14時に福島のABCホールへ。まずは満員劇場御礼座で「踊る職員室」を観劇。
見終わってからフェスティバル・ホールまで歩いていって17時開演のボリショイ・バレエ「白鳥の湖」を観劇。終演後に楽屋を訪ねて岩田守弘さんとハグし「ところで今晩なにしてる?」と聞いたら「何も」と答えるではないか。じゃあご飯行きましょう、と、最終の新幹線で帰るのをやめて、北新地のいつものバーへ。
常連さんたちも多く観劇していたので、自然と岩田さんを囲む会に。みんなでバレエのこと、練習のこと、ロシアのことなんかを聞く。みんなが岩田さんに惚れていくのが手に取るようにわかる。うれしい。自分が惚れられるよりずっとうれしい。この辺とっても不思議な感覚。

深夜をまわって閉店時間になったので「今日のホテルをどうしようかな」と考えていたら、一緒にいた山本夫妻が「うちに泊まったら」と提案してくれた。有り難く乗らせてもらって、まず岩田さんをホテルへ送り、ハグしてお別れ。「今度はいつ会えるかなぁ」とお互いにちょっと哀しい気持ちに。でも世界のどこかで岩田さんが独りがんばっていると考えるだけで勇気が出る。会わなくても会っているのと一緒。ありがとう。

満員劇場御礼座2008「踊る職員室」

2008年12月15日(月) 6:30:39

ということで、土曜に観た満員劇場御礼座「踊る職員室」の感想を。

ここ数年続いたオムニバス形式ではなく、2時間の長編もの。長編は「とりあえず、披露宴」以来かな。いや「不思議の国の田中」以来か。長編と言えば「弁護士 便剛史郎」とかも思い出される。おもろかったなぁ。「すちゃらか社員」や「係長・係長太郎」も。つまり最近は短編にチカラを入れていたが(その方が稽古がしやすいという事情もあろう←全員現役サラリーマンなので集まりにくい)、元々は長編が面白かった劇団なのだ。

脚本はあべの金欠(←ライス兄弟のライスたけおと同人物)。
2006年と2008年の公演「それは秘密です」の中に「献血記念日」という短編があるのだが、確か彼はこれを書いたヒト。この「献血記念日」って短いながらもとてもよく出来ていて、ストーリーの絡み合い方と結び方がとても上手だった。その時「あぁこのヒトは長編もきっと書けるなぁ」と思っていたのだが、今回の脚本もストーリーの絡み合い方のバランスがとてもよく、なかなかよく出来ていたと思う。まぁ敢えて言うなら直接ストーリーには関係ない大笑いエピソードみたいのが突発破綻的に入っていたりすると深みが出たかも。

ボリショイ・バレエ「白鳥の湖」@大阪

2008年12月16日(火) 7:53:19

あーあ、モリ(岩田守弘さん)もモスクワに帰っちゃったな。

ということで、土曜に観た「白鳥の湖」の感想を。
観たのは大阪のフェスティバル・ホール。50周年を迎える老舗のホールで、音がいいのでも有名。今月いっぱいで取り壊し、2013年に中之島フェスティバルタワーという複合ビルの中に復活するそうだ。味のある今のホールの雰囲気が少しでも残るといいな。

12/7に観たクリサノワとグダーノフがとても良かったので、今回の「白鳥の湖」も相当期待して観たが、王子役のシュピレフスキーがかなりダメだったのが残念。跳ばない。回らない。決まらない。このヒト、顔・スタイル・背の高さなどが抜群で、岩田さんをして「天は二物どころか三物与えるんですねぇ」と溜息をつかせたほどなのだが、うーん、ダンスに関しては疑問だなぁ。
そうそう、ボクの隣の席がボリショイ・バレエ芸術監督のラトマンスキーだったのだが、彼はシュピレフスキーのソロのとき、まったく拍手しなかった。他では拍手してたから、彼もかなりガッカリ気味だったのだと思われ。

ドゥダメル初来日

2008年12月17日(水) 6:24:42

なんか「アメロ」について急にいろんな情報が入り出し、しかも「デフォルト」についても急にまわりに噂が立ち始めた。来年のオバマ就任式のすぐ後あたりが「Xデイ」という話もある(パウエル発言が元になっている)。まぁ噂レベルだし、トンデモな人たちがトンデモな説を言っているだけかもしれない。でも、そういうこともありなのね、という意味で知っておいて良かった。今後は何でもあり、ということだ。
え? 何の話? って方は、検索してみてください。まずは「オバマ デフォルト」、その次に「アメロ」。「アメロ」なんてリアルっぽい写真までいろんなサイトに載っている。

ま、それはともかく今晩は待ちに待ったドゥダメル。
以前ここで書いた指揮者である(リンク先のYouTubeが消えてしまったみたいなので、張り直しておきました。ぜひ聴いてみてください)。彼が育てたシモン・ボリバル・ユース・オーケストラを率いての待望の初来日。まだ20代なのに次期ロサンゼルス・フィルの音楽監督就任も決定している。公演について、くわしくはこちら。東京と広島のみの公演。今日はチャイコの5番。明日はマーラーの1番とアルゲリッチとの共演(!)。両日とももちろん行く!

グスターボ・ドゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユース・オケ初来日公演 初日

2008年12月18日(木) 7:51:56

昨晩、ボクは天才を目撃した。

グスターボ・ドゥダメル。

この人、21世紀を代表するマエストロになるのは間違いない。カラヤン以来の存在になるかもしれない。

ドゥダメル初来日公演2日日

2008年12月19日(金) 9:27:45

さて、前日の「いままで観たクラシック・コンサートの中で一番よかった」ドゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユースだが、昨晩のコンサートはちょっとだけ残念な結果だった。いや、さすがに素晴らしいライブだったよ。とても楽しかった。ニコニコ。でも前日のが凄すぎて、それに比較するとちょっとだけ残念ということ。

理由はふたつ。
東京国際フォーラム(ホールA)がでかすぎたこと。音が全然ダメ&一体感が出なかった。そして大御所アーチストとの協奏曲だと「ボクが望むドゥダメルの良さが出にくい」こと。

入場前から、当日券売り場に倍賞美津子が並んでいたり、小澤征爾の姿が見えたり、もう心がウキウキ浮き立って仕方がなかった。
でも、会場に入るとあまりの巨大さに唖然。いや、過去に数回ここでライブは観ている。のだめコンサートとかピンクレディ復活ライブとか。でも、前日の東京芸術劇場の親密で一体感ある空間とあまりに違うのであらためてビックリした。不安がよぎる。ドゥダメルは一体感が命なのに…。

高知へ

2008年12月20日(土) 7:08:07

みなさんに「疲れすぎではないか」「カラダは大丈夫なのか」とかご心配をおかけするようなメモを書いていたくせに、バレエに行くわ、大阪観劇ツアーに行くわ、ドゥダメルに行くわ、と、「なんだよ、元気なんじゃないかよ」と呆れられているワタクシ。誠に申し訳なく。しかも、この週末、これから高知に行ってまいります。クレア・トラベラー連載の下見ですね。またハシゴ食べな三日間。うー。

いや、元気ではないです。疲れや不調は変わらず。仕事の忙しさも変わらず。
ただ、観劇系は精神に効くので、ある種の治療みたいなもの。でもハシゴ食べはどうなのか…。まぁ下見とはいえ旅なので、気分転換にはなるかな…。

年末年始の休みまであと一週間。そこまで持てばいいや、という気持ちもありますけどね。年末年始はたっぷり休める予定だし(いまのところ)。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。