2008年11月 アーカイブ

「出し惜しみしちゃダメよ」

2008年11月11日(火) 8:18:55

秋田往復には新幹線を使ったのだが、座席の背に「トランヴェール」という薄い無料雑誌が挟んであった。手持ちぶさただったのでなんとなくそれを眺めていたら、巻頭エッセイを脚本家の内館牧子さんが書いていた。その中の一文。ちょっと長いが引用させていただく。 脚本家の橋田壽賀子先生が「おしん」を書かれている最中、私は先生の熱海の仕事場に通っていた。膨大な資料を整理する程度の手伝いだが、卵以下の私にとって、一流脚本家のそばにいられるのは、何ものにも替え難い幸せだった。
 それから約十年後、私はNHK朝の連続テレビ小説「ひらり」を書くことになった。先生は大喜びされ、一席設けて下さった。私は暮色の熱海が一望できる一室で、たったひとつだけアドバイスを頂いた。
 「出し惜しみしちゃダメよ」
 これは強烈だった。さらにおっしゃった。
 「半年間も続くドラマだから、ついついこの話は後に取っておこうとか、この展開はもう少ししてから使おうとか考えがちなの。でも、後のことは考えないで、どんどん投入するの。出し惜しみしない姿勢で向かえば、後で窮しても必ずまた開けるものよ」
 実はその時、私はすでに半年分の大まかなストーリーを作り終えていた。出し惜しみと水増しのストーリーだった。熱海から帰った夜、私はそれを全部捨てた。向き合う姿勢が間違っていたと思った。
 「出し惜しみしない」という姿勢は、人間の生き方すべてに通ずる気がする。たまたまではあるが、今の自分にとても響いたので備忘録的にここに載せておく。あぁ今読めて良かった。書いてくれてありがとう内館さん(面識ないが)。

以前、ボクも「出し惜しみしないこと」について、不定期日記に書いた。ムツゴロウさんのエピソードである。これは加筆修正してエッセイ集「人生ピロピロ」(角川文庫)にも収録した。「出し惜しみしないこと」はボクの中でとても大きな位置を占める言葉なのである。

でも、ふと気がつくと忘れている。今こそ必要な言葉だったりするのに肝心なときに忘れている。人生とはそんなことの繰り返しだなぁ。こんな体たらくでも少しはじわじわ前に進めているのであろうか。

小松政夫の生舞台

2008年11月12日(水) 8:15:29

ちょっと前だが、舞台「小松政夫 vs コロッケ 爆笑街道まっしぐら」を観た。新宿のシアターアプルにて。この劇場もコマ劇場とともに今年でオシマイ。

昭和最後のコメディアンだとリスペクトしている小松政夫を生で観たい!というのが行った理由。
予想通り「昭和の笑い」の連続で、はっきり言って「古い」のだが、そのテンポの遅い古さが逆に心地よく、昔のお茶の間感覚でダラダラとくつろいで笑い続けられた。そう、こういうおバカでくだらない笑いを欲していたのだ。満席の客席は60代中心。昭和時代にバリバリがんばっていた人々が大声で笑いながら観ている。こういうのイイな。

もともと昭和の笑いを舞台にするのが狙いだったらしい。なにしろラストは「電線音頭」なのである。
電線マンが登場し、金色スパンコールのジャケットを着た小松政夫がおたまをマイクに司会をこなす。客席からも数人舞台に上げ、「♪チュチュンがチュン、チュチュンがチュン、あソレ、電線にっ、雀が三羽止まってたっ。それを猟師が鉄砲で撃ってさ。煮てさ。焼いてさ。喰ってさ。ヨイヨイヨイヨイ、オットットット、ヨイヨイヨイヨイ、オットットット」と繰り返し踊るのだ。冷静に考えると「なんでこの程度のギャグであんなに笑えて、あんなに流行ったのだろう」と思うのだが、ふと気がつくとゲラゲラ笑っている自分がいる。あぁ「電線音頭」を生で観ちゃったよ。一生の思い出だ(ホントか)。

出し汁もダメなのか

2008年11月13日(木) 8:13:26

昨晩は大阪勤務時代によく仕事したCMディレクターと10年ぶりくらいに飲んだ。
いまはあるCM制作会社の社長をしているその先輩とはなぜか縁があり、いくつかCMを撮り、ロケも何度かご一緒させていただいた。CMの監督っていい意味でも悪い意味でも自己主張が激しい人が多いのだけど、先輩は物静かで謙虚という珍しいタイプ。今ではそれに磨きがかかり、いよいよ人格者然とした佇まい。こういう方が社長の会社ってきっといい会社だろうな。

驚いたのはその記憶力。
ボクなんかすっかり忘れていたエピソードをいっぱい覚えていて、いろいろ話してくれる。あー!そんなことあった…気がする、みたいな、記憶の端っこに引っかかっている微妙な出来事をたくさん思い出させてくれた。仕事自体を忘れていたというのもあった。えー?そんなCM撮ったっけ?……あぁでも撮ったな。撮った撮った! と、しばらく考えてから思い出す感じ。そういえば○○さんをタレントにして撮ったわ。一緒にカラオケも行ったわ。とか、芋づる的に思い出す。
というかボクの記憶はどうなっているのだろう。あの頃はあまりに忙しかったので(最高で月間13本CMを作ったりしてた)、自分の中で仕事記憶を次々消去しながら次に進んでいたのかも。

その先輩は数年前に痛風になったらしい。
「薬を飲んでいるのでたいてい食べられますが、それでもビールは飲めないんです。それとね、アジの開き。あとは鰹節や干し椎茸を使った出し汁もダメです」と教えてくれた。まぁプリン体が多い食品は常識的には知っていた。ビール、レバーや白子系、内臓系、魚卵、カニやエビなどなど。でも、それに加えてアジの開きや出し汁にもプリン体が多いとは知らなかった。

満劇「踊る職員室」

2008年11月14日(金) 7:53:42

mangeki2008-1.jpg今日は宣伝。
ボクの大阪勤務時代の先輩や友人が多数所属している満員劇場御礼座(満劇)が2年ぶりに大阪公演をする。満劇2008年歳末助け合い公演
「踊る職員室」
12/12(金)13(土)14(日)全4回

舞台は、とある私立高校の職員室。いつもと変わらぬ平和な日常を突然の知らせが切り裂く。「大竹先生が、痴漢で捕まったらしい…」 真相を巡って様々な憶測が飛び交う中、噂が噂を呼び、職員会議は大混乱。舞い踊る本音と建て前! 踊り疲れた先生達を待ち受ける事件の真相とは? この冬、満劇がABCホールを笑いと感動の渦に巻き込みます!(チラシより)なんと会場はABCホール。定員327人の大箱だ。大丈夫なのか!? イヤきっとダメだろう(笑)。だから宣伝宣伝!

ただ、その面白さは(こっそり)保証する。
ボクは1987年から見ているが、一度も「はずしたなぁ」と思ったことがない。ちなみに最近2回の観劇さなメモはこれこれ。読んでいただければ感じはわかると思う。

寝ています

2008年11月15日(土) 17:36:52

思ったよりも一週間、いや、先週の土日は秋田に行っていてちゃんと休めなかったので二週間か…、の疲れが溜まっていたようで、今日は動けず。ずっと寝ております。
昨日は「第1回アジア太平洋デジタル雑誌国際会議」のパネル・ディスカッションにモデレーター(司会)として登壇したのでそのことを書きたいと思ったのだけど、キーボードをカラダが拒否していてなかなか書けず。明日書きますね。

この土日、先延ばししている仕事の企画書書きに当てようと目論んでいたんだけど、この疲弊感では無理っぽい。休む日は休むことに徹しよう。

そうそう、「ほぼ日」さんのところの「梅田望夫×岩田聡×糸井重里」の対談がグッと来る。主体的に時間を使わない限り、
人生はすぐに終わってしまう。

アジア太平洋デジタル雑誌国際会議

2008年11月16日(日) 20:52:37

おとといの金曜日、国際雑誌連合と日本雑誌協会が主催する「第1回アジア太平洋デジタル雑誌国際会議」のパネル・ディスカッションにモデレーター(司会というか、いわゆる田原総一朗役ですね)として参加してきた。

3日かけていろんな講演やディスカッションがある大きなカンファレンスである。日本の出版社はほぼすべて参加したんじゃないかな。場所はホテル・ニューオータニの鶴の間。でかい会場だ。かなりチカラが入っている模様。

大会テーマは「紙とデジタルの融合」。
デジタルへの対応が大きく遅れた雑誌業界がようやく真剣に焦りだしたということか。ちょっと遅い。でもどんな競争でもそうだが、遅れたなら遅れたなりの闘い方がある。出遅れた、ということをちゃんと意識すれば効率的に近道を通れると思う。

ヌーベルな日本料理って?

2008年11月17日(月) 21:49:16

そういえば、昨日書いた雑誌国際会議でパネリストをしてくださったブライトコーブのアダムさんが「日曜まで日本にいるのでどこかおいしい店を教えて下さい」と言ってきた。間に立ってボクを紹介してくれた人が「この男は東京の店にちょっとくわしい」と吹き込んだらしい。希望は「ヌーベルな日本料理が食べたい」というもの。

「ってことはクラシックな日本料理はもういろいろ食べたということ?」と、たどたどしい英語で聞いたら、「はい、だいたい食べました」と言う。どうやら日本料理ファンでずいぶん食べ込んでいる模様。「鮨とか天ぷらとかのジャンルものも食べた?」「わりと食べてます」「ふーん」「だから、もっとヌーベルな日本料理が食べたいのです」「なるほど…」

ヌーベルな日本料理。いくらでも思いつきそうだ。
でも改めて頭の中を検索してみても意外とヒットしてこない。最近では気の利いた割烹はたいていちょっと小洒落たワザを効かす。クラシックとモダンを組み合わせるメニューも多い。フュージョンっぽい店も増えている。でもそれらが「ヌーベル」かと言われるとちょっと違う気がする。そういう表面的な小技ではなくて、もっと潮流的な何かを呼ぶはず。心棒が一本未来に向かって伸びているような、一貫性という背骨が通っているような。

演歌な国

2008年11月18日(火) 12:28:07

昨晩は親戚が我が家を訪れたのだが、途中からなぜか演歌大会になった。

最初はジャズを聴きながら飲んでいたのだが、いろんな思い出話をしているうちに「演歌が聴きたい」とうちの父が言い出し、演歌まで幅広くカバーしているボクのコレクションから流したのである。

古いところだと「湖畔の宿」とか「圭子の夢は夜ひらく」とかからかけていったのだが、一番盛り上がったのは「津軽海峡冬景色」であった。オジサンたちは大合唱である。「北の宿から」と「舟唄」も盛り上がったな。って阿久悠ばっかりだ。偉大である。

ビリー・ジョエル @東京ドーム

2008年11月19日(水) 9:27:46

昨晩はビリー・ジョエルのライブにひとりで行ってきた。
なんでも初来日から30周年を記念しての「一夜限りのスペシャル・ライブ」だったそうで、会場となった東京ドームは超満員。これだけ埋まった東京ドームのライブは初めてかも。ストーンズでも少し空席があるもんな。

2階席という劣悪な環境だったが(なのに1万円もする)、正面だったせいか東京ドームにしては意外と音が回らず、ちゃんとストレートに音が届いた。ビリーのボーカルもきれいに聴こえる。2階席ゆえ誰も立たないし、座ってじっくり聴けたのが良かったな。照明も凝っていたので遠いのもあまり気にならず。美しいステージだった。

ライブは「ストレンジャー」から始まった。
1977年に発売されたアルバム「ストレンジャー」を当時16歳だったボクは高いの顧みずすぐ購入。人生初の衝動買い。そして何百回と聴きこまれることとなる。当時は音楽ソースが少なかったから持っているアルバムはどれも何百回と聴きこまれる。その分、血となり肉となる。このアルバムと次の「ニューヨーク52番街」は針のノイズ位置まで覚えているくらい聴きこんだ。

各地に散らばった小さな分身

2008年11月20日(木) 7:58:25

寒いね。今年一番の冷え込みとか。東京は12月下旬の気温らしい。初雪がふったところも多い模様。まだ11月中旬なんだけど。

クレア・トラベラーの「2泊3日うまうま旅」の連載のおかげで地方に食べに行くことが増え、テレビの気象予報や新聞やネットの天気予報が楽しみになった。いままで無関心だった地方の天気を見るのが楽しいのである。あぁ秋田は雪か、でも仙台は晴れてるんだなぁ、札幌は氷点下、福岡が雪!? 広島は?などと、最近食べた都市を身近に感じながら天気予報を見る。あの街のあの通りの雪景色を思い描く。あの街のあの店のオジサンが空を見上げる様子を想像する。あの街のあの商店のオバサンが手にほぅと息を当てるのをイメージする。

ファンシーに例えれば、自分の小さな分身がいろんな場所にいる感じ。
最近2回行ったばかりの秋田は特に具体的にイメージできる。秋田駅前のあの交差点。川反の橋の上。「酒屋まるひこ」の酒棚の前。千秋公園の池の横。山王の「酒盃」の玄関。市民市場の三角そばやの前。ボーダーが練習するあの空き地の横。川反近くの古本屋の中……。いろんな場所に自分の小さな分身がちょこんと座っていて、空を見上げたり雪を眺めたり寒さに凍えたりしている。それが肌感覚で想像できる。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。