2008年7月 アーカイブ

今日から新部署

2008年7月 1日(火) 7:12:41

2000年春から昨日までずっと同じ部署にいたのだが、今日から新たな部署である。いわゆる「異動」だ。
昨日までいた部署はネットを扱う部署。8年前にそこに来た当時まだ50人弱の組織だったのだが、時代の流れとともに年々人は増え続け、いまでは200人前後の大所帯。大きくなったなぁ。

いい意味でも悪い意味でもトラディショナルな会社の中で、その部署だけネット社会のカルチャーが育ち、オープンでシェアな独特の空気感があった。
ウェブという新しいメディアの世界では誰もが新参者で誰もがアマチュアだ。過去の、そして他メディアでの「成功体験」はまったく通用しない。でも、だからこそ楽しいところがあり、ボクたちはアマチュアイズムを存分に発揮して楽しく働いたと思う。昨日の成功体験はすぐに捨てて、明日の成功を目指す日々。ディレクター職なんて過去の成功体験で10年は喰えるのに(他部署ではそうしている人が多いのに)、それを即座に捨てて次に進まなければいけない日々の繰り返し。鍛えられたなぁ。この年齢にして、常に若手と同じスピード(もしくはもっと早いスピード)で変わり続けないといけない状況に晒されたのは実にラッキーであった。

会社というプロ集団の中でのアマチュア集団という立ち位置は、それはそれで社内の風当たりも強い部分もあったし、失敗も数限りなく経験させられたが、とても大切なことをボクの肌に刷り込んでもくれた。
アマチュアであり続けることの強さである。
当たり前だが、どんな事例もアマチュア目線で接すると「初めての事例」であり、だからこそ新鮮な切り口で見ることができる。プロ目線だと「いつもと同じ」だと思って見逃しがちなことが、アマチュア目線だと「あれ? どういうことだろう?」とバイアスのかからない視点で見直すことができる。最近の言葉で言えば「ゼロベース」に感じが近いかな。あらゆる仕事をゼロベースで考えるクセがついた(と思う)。

胃が小さくなっている

2008年7月 2日(水) 7:10:34

おかげさまで「そろそろ外食も問題ないかな」という感じまで復調したので、外食も酒も基本「解禁」へ。7月1日でキリもいいし。

まだ酒量は抑え気味でおそるおそるというところ。原因不明の不調だったので抑え気味にするに越したことはない。ビールを数杯と日本酒を少し、みたいな感じ。ただ、食事自体は別に何の規制を加えてないのに、なんというか「食べられない!」。あまり外食をせず、家でこぢんまり食べている日々が続いたせいもあり、胃が小さくなっているのである。

昨晩は流れで3軒行ったのだが、1軒目の安鮨屋で普段の半分程度食べたらもうお腹一杯。
誘われて行った2軒目は一品を取り合ってビール飲んだのだが、その一品を食べたはいいが、なんか消化せず胃に残る。3軒目は何も食べられずビール一杯のみ。以前の自分ならまだ「腹4分かなぁ」みたいな量なのに、なんか食べ過ぎ感があって胃がむかつく。家に帰ってから胃薬を飲んだくらい(めったにない)。んー、胃ぃ小せー。こんな自分、実に久しぶり。

ポジティブ or ネガティブ

2008年7月 3日(木) 7:46:54

普段から「ポジティブ・シンキング! ポジティブ・シンキング!」と自分に言い聞かせて生きていると、体調が悪いときもポジティブになりがちで、知らず知らずに「なんとかなるさ」「前向きに行けば治る」とか考えている自分がいる(まぁ真のポジティブ・シンキングは客観的な現状把握があった上で「病気の状態を楽しもう」とか前向きになることなので、これは単なる現状認識の甘さに近いものであるが)。

ここ数日、まるでそれを見透かしたように、人生の大先輩方から「まさか、そんなこと考えているのではないでしょうね」というような意味のメールを立て続けにいただいた。えっとえっと…、そんなこと考えてました(笑)

「忙しい、断れない、まだたぶん大丈夫、だって仕事は絶好調なんだから運も上向きのはず、と言っているうちに倒れた仲間を何人か知っています」とか読むと、あぁちゃんと現状認識をシビアにしないとなぁと素直に思う。当たり前なことなんだけど、「自分ごと」になると、これがなかなか出来ない。大先輩方も「そうやって自分も倒れ、人生の方向が変わった」みたいなことを書かれており、実体験アドバイスが心に沁みる。

酒を控えている影響

2008年7月 4日(金) 8:25:46

来週に海外出張が待ち受けているので、昨晩は約束をお断りして帰宅&早寝。今晩も会食をお断りして帰宅&早寝の予定。
どうもカラダの底の方にあるはずの「体力の貯金」みたいのを使い果たした感じなので、こうして少しずつ貯めていくつもり。あ、来週の海外出張はハワイだし、凄まじいスケジュールでもないので、海外出張中でも「体力の貯金」が出来そうだ。気分も変わるだろうし、いい循環の始まりだと期待している。


しばらく「食」から関心が遠ざかっている。
ま、もともとの関心量が高すぎるようなので、少し遠ざかってようやく普通の人程度?って感じかもしれないけど。

前にこんな状態だったのは、大学時代かなぁ。何もせずひたすら毎日ダラダラ寝ている、という生活を数ヶ月したことがあったが、あのときも「食」に興味がなく、食欲も乏しかった。そのとき以来だから25年ぶりくらい。まぁ6月はほとんどレストランに行かなかったので、食の刺激を受ける時間が圧倒的に少なかったことも影響しているだろう。それと体調悪化ももちろん。これは一番大きい。

次の世代、次の次の世代

2008年7月 5日(土) 14:37:50

今日読んだ新聞記事
日本の新聞サイトの記事はリンクがすぐ切れるので、抄録を載せておく。産業能率大の調査によると、今春の新入社員の35歳時点の理想の年収は2000年度の調査開始以来、過去最低の749万円、現実の年収予想も過去最低の609万円と悲観的な見方が強かった。過去最高は、理想の年収が2002年度の821万円、現実の予想が2003年度の638万円だった。終身雇用制度を望む割合も66.4%と高く、同じ会社で長期間働く安定志向も根強かった。
同大企画広報課の秋山和久さんは「リストラ全盛期に思春期を迎えた世代で、頑張って働いても報われないというイメージを持っているのではないか」と分析している。(毎日新聞)世代論として、この辺の若者は数年置きに変化しているので、実に面白い。
思春期を迎えたあたり(小学校高学年〜中学生)にどういう社会環境だったか、が大事なようだ。

つまり、たとえば、1980年代後半〜90年代(いわゆるバブル期)に思春期を迎えた世代は、「思春期に周りにモノが溢れて不自由がなかった=物欲がない=無気力&努力しない&小さくまとまる」という傾向があると言われ、これが今の25〜35歳あたり。「団塊ジュニア」世代でもある。

次に来るのがこの新聞記事の「リストラ全盛期に思春期を迎えた世代」で、「頑張って働いても報われない」と悲観的で、とても慎重な世代。この親たちは「団塊の世代」と「しらけ世代」にまたがっている。

トニー賞授賞式2008をやっと見られた

2008年7月 6日(日) 8:46:41

友人が、見逃していた「トニー賞授賞式2008」を見せてくれた。ハルキさん、ありがとう。

さっそく見終わって、前にも増して「南太平洋」を見逃したことが悔やまれた。逆に「Passing Strange」や「ジプシー」は諦めがついた。
トニー賞ではノミネート作品の数分ほどのパフォーマンスが見られるのだが、「Passing Strange」はたぶん英語が不自由なボクにとって作品の意図がわからないタイプのものだった。新作だからストーリーもネットに転がってないし。「ジプシー」は名作なのでネットで予習とか出来たとは思うが、短いパフォーマンスを見た限りではそんなに魅力的に見えなかったな。それに比べて「南太平洋」はやはりロジャース&ハマースタインだけあって曲を聴いているだけでも楽しい。見れば良かった。

とはいえ圧巻はやはり「In The Heights」のパフォーマンス。
たった数分にエッセンスがギッシリ詰め込まれ、圧倒的な迫力で観客を魅了した。最優秀作品賞はこれだな、と、賞の発表前からわかっちゃうほどの旬の勢い。作品賞ノミネートの他3作品と同じ争いをしているようにはとても見えない(特に「ザナドゥ」はなんだ? 去年観たときも酷いと思ったが、やはり酷かった)。

とにかく寝た

2008年7月 7日(月) 7:03:39

木金土日といっぱい寝た。
木金はもちろん会社に行ったが、夜は早く帰ってきて早寝。土日は昼寝三昧。とにかく寝た。急に夏になり暑かったけど、扇風機を友に寝た。あまり本も読まずに寝た。

おかげでずいぶん復調。うん、もうこれは病気状態ではない、と実感できるところまでは復調。あとは体力を戻すのみ。一からビルドアップするのってわりと好き。なんだかんだ3キロくらい痩せたので(78キロ台)、ここをキープしつつ、また赤筋(基礎代謝があがる大きな筋肉)からつけなおそうと思っている。理想は75キロくらいだけど、まぁ70キロ台死守でもいいや。BMグラサンダイエットを始める前は89キロくらいあったことを考えるとずいぶん軽いし。というか、このダイエット法、リバウンドしない、と明言しているが、もう4年もリバウンドしていない。自ら証明。

今日の夜からハワイ出張。
海外出張はなるべく若手に、と思っていることもあって、ボクが海外に行くのはとっても久しぶり。体調と相談しながら無理せず仕事してきます。ハワイは…、20年ぶりくらいかも。

ハワイ出張 第1日目

2008年7月 8日(火) 13:41:10

夜7時すぎ成田発の便で朝7時すぎにホノルル空港着。7時間弱の旅。予算が少ない出張だったので全員エコノミー。まぁ7時間なら我慢できるが、わりとギリギリだったかな。あまり眠れず。そのうえ機内が異様に寒く、毛布を2枚もらって全身くるまって寝た。風邪ぶりかえしたら大変だ。

なんとかホノルルに着き、外に出ると27℃のドライな陽気。あぁこの乾いた感じ、素晴らしいなぁ。約20年ぶりのハワイである。前回はあまりいい印象を持たなかったが、今回はわりといい予感。

ホテル(ヒルトン)に荷物を置いて、すぐ撮影に出かける。今回は実質2日(予備日1日)でたくさん撮りまくらなければいけない。

ハワイ出張 第2日目

2008年7月 9日(水) 19:30:23

昨日の夜ご飯は、地元のコーディネーターおすすめのベトナム料理「MAI LAN(美蘭)」へ。
わりと芸能人御用達のようで、高倉健さん用の個室があったりする。昨晩も今まさに"旬"な男優Oがいた。顔小さっ! 仲間たちを集めて演説していた。料理的には、エビの春雨鍋、ラムチョップ、エビカレー(フランスパンで食べる)など、うまし。
ホテルに帰ってから遅れて着いたアートディレクターと一杯だけ飲む。夜風が実に気持ちいい。星空もキレイ。知り合いが「なんでハワイに生まれなかったんだろう?」と嘆いていたが、夜のこの気持ちよさを知るとその気持ちもわかる。ただ、気持ちよすぎてアホになりそうな気もする。多少不自由で気持ち悪い方が新たなる地平を目指して努力はするかな。

昨晩はそのまま就寝&爆睡して、いよいよ2日目にして本番日。
まずは朝7時すぎに後輩とふたりで「ワイアナ・コーヒーハウス」でワッフルの朝ご飯。ここ、わりと有名らしく、店を出る頃には行列が出来ていた。ワッフルはまぁまぁ。珈琲はいまいち。でもホテルの朝食よりは刺激あり。
そのまま撮影になだれ込み、夕景まで10時間、能率的にバシャバシャ撮っていく。ラニカイ・ビーチの撮影が特にキレイだった。海で愛犬と「とってこい」遊びをやっている人がいてうらやましかった。我が愛犬を海に連れて行ったらどんな顔をするだろう。

昼ご飯は「KAKAAKO KItchen」という有名シェフがやっているファストフードっぽいケイタリングの店で短時間で(イートインもできる)。半分バカにして食べたら意外とおいしかった。ロケメシとしては上級。
夜ご飯は、「うまい店対談」で伊藤さんも勧めてくれていた「Town」へ。なるほどモダン・アメリカン。オーガニックの素材を上手に組み合わせて、ちゃんと焦点を考えて調理している。パスタもちゃんとしているし、マグロのタルタルや地鶏、豚肉なども良い。うまい。思ったより店がカジュアルだったがわりと満足。

ハワイ出張 第3日目

2008年7月10日(木) 20:05:40

天気にも恵まれ、昨日まででほとんど撮り終わったので、今日は基本的にオフ。
朝はゆっくり寝て10時集合でアラモアナ・ショッピング・センターへ。巨大だ巨大だと脅されていたけど、各都市にいろんな巨大モールが出来た今、そんなに驚くほどではないかなぁ。2時間半の約束で各自自由行動したのだが、時間が余った(あまり買い物欲がないせいもある)。1階から4階までひと通り見て、最後は4階の「マイタイ・バー」でひとり「Icy Mai Thai」をゆっくり飲んで時間をつぶした。伊藤さんの言うとおりこのバーは良い。ソファに根を生やしてゆったり。

みんなで再集合して、昼ご飯。
コーディネーターが「おいしい韓国冷麺があるよ!」と言うのでそこへ。「ゆうちゃん(Yuchun)」という店で、葛根麺という冷麺がある。お薦め通り確かにおいしい。明日はヒコーキなのでキムチの匂いを気にしつつ(ヒコーキの近くの席の人がにんにく臭いとイヤだよね?)、でもおいしいのでバクバクと。

コーディネーターは白人だが日本語ぺらぺら。聞けば奥さんと大分で知り合い、その後札幌に住み、そしてハワイに移住してきたという。おもろいなぁ。いろんな人生がある。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。