2008年2月 アーカイブ

ギリークラブで講演

2008年2月 1日(金) 9:29:37

昨晩は「明日の広告」を出すキッカケになったギリークラブでの講演。
元々おととしの12月にここで講演したのをアスキー新書の本多さんが聞いてくださり、その半年後に「あの講演を元にして、本書きません?」と言ってきてくださったのだった。

講演テーマはまさに「明日の広告」。本の発売を受けて急に決まった講演だったが大勢集まってくれ盛況。でもいま本が品切れ状態で、半分の方はまだ読んでいない状況だった(会場で即売したが)。半分の方は読み終わっていて、半分の方はまだ読んでいない状態での講演。むずかしい。全員が読んでいれば突っ込んだ話ができるし、全員が読んでなければ易しく内容をなぞる。その中間。いったいどこらへんがストライクゾーンなんだ!?

ということで、内容は総花的になり、ちょっと散漫になってしまったかも。でも本でお見せできなかった動画とか実例とかを見ていただいたので、いろんな理解は進んだかもしれない。広告関係の方がほとんどいなかったので、より一般化して応用できるようにはお話した。

誕生日ランチ

2008年2月 2日(土) 8:54:18

昨日は伸び伸びになっていたツマの誕生日ランチ。
2月1日は中学受験のため、ムスメの通っている中学は休校。そんでは、と、3人で神楽坂「ラリアンス」に出かけた。

評判通りのいいレストラン。
でも基本はウェディング・レストランかも。まさにレストラン披露宴向けに作られたレストランなのだ。豪華なエントランス、広くお洒落なホール、高い天井、人数多いサービス陣…。ウェディング用に意識された花嫁花婿が降りてくる階段もあるし、プロジェクターやスクリーン、ピアノなどの準備も万端。ミシュランで一つ星とったレストランでの披露宴は列席者に喜ばれるだろう。そんなこんなもあって休日のウェディングの宣伝のために平日のランチを超お得にしている印象を受けた。ウェディングは儲かるし。

ウェディングにバッチシということは、記念日系にもわりとバッチシな環境ということ。
周りの席でもお誕生日会みたいのが多く、ケーキにろうそく、そして拍手と記念撮影みたいなテーブルが4つもあった(そのうちひとつがうち:笑)。

荒川修作 講演会「死ぬのは法律違反です」

2008年2月 3日(日) 9:52:21

先週、荒川修作の講演会に行ってきた。
題して「死ぬのは法律違反です 〜死に抗する建築〜」。英語で言うと「Making Dying Illegal」。ご存じない方のために説明すると、荒川修作は芸術家・建築家・哲学家で、有名なのは養老天命反転地三鷹天命反転住宅かな。

彼の講演をちゃんと聴くのは2回目。1回目より荒川節に磨きがかかって自由自在だった。珠玉の言葉の連続。でも彼の講演は「荒川修作の言葉を受け止めようとする人には珠玉の言葉の連続に聞こえるが、荒川修作の言葉を受け止めようとしない人には支離滅裂に聞こえる」という特徴があるので、会場の他の人がどう思っていたかは知らない。「このオッサン、何言ってるか全然わかんねぇよ」というような顔で聞いている人が多かったと思う。

というか、明らかにボクは有利だ。
2年半前に彼が作った三鷹天命反転住宅の住宅内特別公開に参加している。つまり彼が訴える「死なない住宅」「生命の外在化」を体験・体感しているのだ。彼がバリアフリーの風潮に反対して言っている「負荷のない暮らしはかえって人を衰えさせます」という言葉も、体感してようやく心底理解した。あの住宅を体感しているといないとでは理解の度合いは違うだろう。

egword 販売終了

2008年2月 4日(月) 5:18:40

ずっとMac用のワープロソフトに悩んできた。
OS9の頃は「ORGAI」で決まりだった。原稿用紙モードがあったし、縦書きもスムーズ。書き下ろした「胃袋で感じた沖縄」(文庫化の時に「沖縄やぎ地獄」に改題)も確かこのワープロソフトを使った。でも20世紀中に販売終了になってしまった。あのときはガックリ来たなぁ。一冊書き終えたワープロソフトって愛着もあるし使い慣れしているし、なにより「あのソフトで一冊書けた」という自信が大きいのだ。もしくは「あのソフトがあれば次の一冊もすらすら書けるのではないか」という妄想。そういうのって大事なのだ。ゲン担ぎみたいなもの。だからほんなこつガックリ来た。

その後しばらくはワープロソフトに頼らず、「J-Edit」というエディターで書いて、書き終わったものをMac版「Word」に貼り付けて字数を計るという面倒なことをやっていた。Mac版「Word」は縦書きモードがダメダメな上に、字数が1万字を越えると俄然落ちやすくなったりして全く動作が信用できなかったので、そんな遠回りな作業となった。

で、最終的に行き着いたのが「egword」。
特に去年アップデートされた「egword Universal」。

Mac用ワープロと巨顔雪像

2008年2月 5日(火) 9:10:26

昨日の記事「egword販売終了」にメールをいろいろいただきました。
まず、egwordの中の人(開発責任者)が独立して新たなソフトの制作に着手する、というニュース。朗報ですねぇ。数年後には志の高いMac用ワープロが売り出されるかもしれない。
次に「LightWayText」「IText Pro '08」の存在。なるほどー。なんでいままでボクの貧弱なアンテナに引っかからなかったんだろう(貧弱だからです)。両方とも同じ人が作っているエディタのようなんだけど、原稿用紙モードもあるし、Leopardに対応しているし、なにより「Writer's Workshop(作家のための作業環境)」をコンセプトにしている点が素晴らしい。ただ、「LightWayText」と「IText Pro '08」のどちらを使えばいいのかがよくわからない。似てるのだ。んー、どっちの方がいいんだろう…。わかる方、教えてください。原稿用紙モードをカスタマイズして(文字数行数を変更して)大量の文字をダダダと打っていきたいのですが…。

さて、今日から「さっぽろ雪まつり」。
東京に住んでいるし、今回は行けない。だから「いつから」なんて興味なかったんだけど、なぜか昨晩、いろんな方が「チーム・ナックスの雪像の写真」を送って来てくれ(正確に言うと、チーム・ナックスのアニメ版の「チビナックス」の雪像)、「明日からですよ!」と雪まつり気分を盛り上げてくれた。つか、モリの巨顔が雪像に!(完成写真の左端) 怖すぎる。

昨晩はちょうど金沢から来た「ナックスファン」と青山の「ペローラ・アトランチカ」でご飯食べていたので、モリに携帯メールしたら、あっちはあっちで、ボクの知り合いと盛り上がっていやがった。しかもその知り合いとはボクを介して知り合っているのである。なのにずるい。くそ、札幌行きたいなぁ。

ボクがよく見る動画

2008年2月 6日(水) 8:54:41

最近見た動画の中では「Frozen Grand Central」が一番印象的だった。
こういうパフォーマンスというかインスタレーションは大好きだ。超好み。いいなぁ。なんというか、自分が生きている何気ない時間自体の劇場性に気づき、精神が異化される感じ。まさに芸術そのものじゃないか。

動画で言うと「Free Hugs Campaign」も好き。
これはずいぶん前のものだけど、たまに疲れ切った夜とかに見るとてきめんに効く。カサカサになった心にすぅっと水が与えられる感じ。人間も捨てたもんじゃないと思う。というか、もしかしたらこの延長線上に国とか政治とかの争いを越えた「民衆による世界平和の実現」があるのではないか、とすら思う。性善説すぎると言われるかもしれないけど。でも、ベルリンの壁が民衆によって崩されたようなカタチがネットで起こらないと誰が言える? 
実際これはその後世界各地に広がってるし(関連動画)。

それと「Where the Hell is Matt?」も好きかな。
これも超有名だが、なぜか何度も何度も見てしまう。自分たちが生きている地球という星がなんだかやけにリアルに感じられる。環境保護や世界平和を正論的に真っ正面から声高に叫ぶより、こういう表現の方が心に届くし感じられる。優れたコミュニケーションとはこういうことだ。

中国人の教授たちに講義

2008年2月 7日(木) 7:05:47

ある機会があって、中国人の大学教授・講師たちに広告の講義をした。
みんな広告の専門家。中国各地から日本に研修に来ている6人の先生たち。25歳から46歳まで。黒竜江省とか江西省とか、遠くは新疆ウイグル自治区の大学から来ている。遠いなぁ。チベットの隣じゃん。イヤイヤはるばるようこそ!という感じ。

講師として部屋に入ると、それまでくつろいでいた聴衆の雰囲気がたいてい一瞬凍るものである。ボクが丸坊主で髭ででかい、というのも理由かもしれない。こっちも緊張してるしね。でも中国人たちは違った。底抜けに明るい。入った瞬間みんなが笑顔になって「こんにちわー!」という声が溢れる。うわ〜。こっちも明るい気持ちになって「ニーハオー!」と心を開く。

講義やプレゼンの始まりって、アイス・ブレイク、つまり会場の空気の固さを砕くようなジョークとか下世話トークで始める必要があることが多いのだけど、この人たちにはまったく必要ない。あぁこりゃいい時間になりそうだ、と、ほぼ確信。そしてその通り、話している間中、なんだか楽しかった。

三刷決定!

2008年2月 8日(金) 12:03:12

拙著「明日の広告」、三刷決まりました。ありがとうございます。

最近はご紹介してませんが、いろんなブログで紹介をいただき、メールもたくさんいただき、著者冥利に尽きてます。いままでの著作とは違う反応の多さです。「あらゆるビジネスに応用できる」というご感想が多く、意を強くしています。

ビジネス書においてとても影響力のある土井英司さんという元アマゾン・カリスマバイヤーの方のメーリングリストにもご紹介いただいたのですが、ちょうどその日、アマゾンで品切れとなり、編集者ともども地団駄踏んで残念がっていました。アマゾンで品切れになるのって「買ってみるか」と思った読者がいったん買い控えるのでとても痛いんですよね。

満劇2008年公演「それは秘密です」

2008年2月 9日(土) 19:44:10

満員劇場御礼座2008年ひそひそ公演「それは秘密です」東京版、に行ってきた。
大阪で活動するサラリーマン劇団で、数年に一回、こうして東京に大阪のアホなお笑いを届けてくれる。

3時間たっぷり、6話のオムニバス形式。おととし大阪で一度観ている3本と、東京公演用新作3本。いや〜、こんなおもろいお芝居がわざわざ手土産持って(もれなくポッキーつき)大阪から出張してきてくれるとは、なんと贅沢なことか。しかも出てる人のほとんどはリアルに会社の先輩後輩。ボクにとってはおもろすぎて天国みたいなひとときであった。

知り合いが出ている芝居というのは客として肩が凝る。頭真っ白になってセリフ忘れないかドキドキするのだ。
実際、満劇の過去の芝居では相当ドキドキしたこともあった。座長の「ライス大」に至っては舞台デビューの時から観ていて、そのときなんぞ、もう心臓が口から飛び出そうな緊張を味わった。リアルに本人の大ボケを知っているから怖くて舞台が観られない。少しセリフを噛んだだけでドッキ〜ッと震え上がる。終演後のグッタリ感限りなし。疲労困憊。ふらふらだった。周りを見たらみんなふらふらしていた。

響子、二度目の入賞

2008年2月10日(日) 21:03:20

写真部に入って写真活動を始めたムスメの響子が、年末に応募した「第5回 Old&New 港区観光フォトコンテスト」のニューエイジ賞に入賞した。昨日港区から通知が来た。

ニューエイジ賞というは20歳以下対象の賞のようで、金賞銀賞銅賞佳作以外の特別賞。
受賞者も多いかもしれないし、まぁ海外で言ったら「ショートリスト」という程度かもしれないが、でも賞に残らないより残った方がよい。前回の「川カシャ!」努力賞はビギナーズ・ラックと思っていたが、二度目の応募でも残ったのはなかなか。しかもこれは学生限定のコンテストではない。響子もとても喜んでいる。

獲ったのは「色彩」という作品(写真はこちら)。芝の増上寺で撮ったものだ。
正直、彼女が応募した10点の中には他にもいいのがあったと思うし、この作品は「どうかなぁ」と思って出したのだが、こういうのが通るんだなぁ。こういう勘所も応募を重ねればわかってくるのだろう。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。