2008年1月 アーカイブ

「明日の広告」好評感謝

2008年1月21日(月) 7:17:19

先週くらいから書店に並んでいる拙著「明日の広告」、先週末には、紀伊國屋書店大手町ビル店の新書部門で4位だったみたいです(日別集計)。どうもありがとうございます。

少しずつネットにも書評が載り始めました。
ブログだと、広告関係の方々はこんな風に書いてくれています。どの方もお会いしたことありませんが、うれしいです。

明日の広告
「明日の広告」
読後評:明日(あした)の広告 現役感バリバリのコミュニケーション論。これは必読書!
佐藤尚之の『明日の広告』
すべての広告人に元気と勇気を「明日の広告」
明日の広告

ビンゴ河野

2008年1月22日(火) 8:26:09

広島のシャオヘイさんが東京出張してきたので、伊藤さんたちと一緒に迎撃。

「東京っぽい居酒屋に行きたい」というリクエストだったので、伊藤さんと話し合い、北千住の「大はし」へ。
他の候補ももちろんあったが、東京の居酒屋特有の「落ち着けるけど、せわしない」あの感じを体験するにはココは良い。地方の居酒屋はもっとのんびりしているし、大阪ももっとほんわかしている。それに対して古くからある東京の居酒屋は空気がどこかせわしない。でもそれが妙な活気につながっていて楽しいのも東京ならでは。

久々の「大はし」は相変わらず完璧な東京居酒屋。これで改装さえしてなければ、と、残念ではあるが、料理も酒も、異様に素早いそのサービスも、そして値段もほぼ完璧。あれだけ食べて飲んでひとり3000円強とはなぁ。

404 Blog Not Found

2008年1月23日(水) 7:54:34

昨晩は「ボビー・マクファーリン・スーパー・オーケストラ・コンサート」に行ってきた。
感想は明日かあさって書くが、とにかく神ライブ。彼の指揮ぶりも良かったが、ヴォイス・パフォーマンスも磨きがかかって素晴らしい。モーツァルトの中盤はアドリブだし。オケ(新日本フィル)もアドリブでアンコールさせられたし。オケ・メンバーで泣いてる人もいたし(演奏者自身も楽しすぎたらしい)。観客も大声で歌うし。んでもって熱狂した観客が帰らない。足踏みする。会場が明るくなってからも帰らないから、最後はステージ周辺にみんなで集まって、彼が「なんでも答えるよ」と質疑応答タイムに(笑)。
この超絶ライブがなんとたった6割の入り。ええと今晩もやります。すみだトリフォニーホール。当日券いっぱいあるはず。もしヒマなら絶対見逃すな! 最高に楽しいライブ!

と、その感想は改めて書くとして(今日は時間がなくて書けない)、今日は拙著「明日の広告」について。

アルファブロガーの小飼弾さん(「404 Blog Not Found」)にとてもうれしい書評をいただきました。

ボビー・マクファーリン・スーパー・オーケストラ・コンサート

2008年1月24日(木) 9:29:16

おととい、「ボビー・マクファーリン・スーパー・オーケストラ・コンサート」に行ってきた。@すみだトリフォニーホール。
彼を知らない人はあまりいないと思うけど、コレが有名。大ヒット。最近はクラシックを振っていたりする。

昨日もちょっと書いたが、とにかく神ライブ。陶酔したなぁ。席も前から5列目で良かったこともある。あんなにいいライブなのに客席は6割の入りで終始申し訳ない気持ちだった。すみだトリフォニーホールって、ちょっと前のハンク・ジョーンズもそうだったけど、とてもいい人を呼ぶわりには客の入りが悪すぎる。宣伝が下手なのかな。音は抜群にいいホールなのに。

やった演目は

JR東日本の発車メロディ

2008年1月25日(金) 12:08:09

ボクの一昨日の記事を見てボビー・マクファーリンに行ってくれた方数人からメール。どなたも感激してくださったみたいだ。でもやはり客の入りは悪かったそう。彼に申し訳ないなぁ。

おととい昨日と異様に寒く、駅のホームに立っているとまさに凍えるのだが、最近我が家で流行っているこのビデオを思い出して音の確認で気を紛らわしている。
JR東日本の発車メロディを次から次へと弾いていくライブ。もう有名なものなので知っている方もいるとは思うが、これに「鉄」であるツマがはまった。どの発車メロディがどの駅のものかを議論するだけで我が家は更けていく。まぁ模範解答ビデオも存在するんだけど。

山手線も北の方はよくわからないのだが(生活圏ではないから)、よく使う駅はだいたい特定できた。オリジナルを使っている駅も意外とある。というか秋葉原とかってこんなにオリジナル多かったっけ。聞いていたようで聞いていなかったな。こういう風に発車メロディを駅ごとに変えるのってなかなか楽しいしクリエイティブだと思うけど、海外ではほとんど聞いた経験がない。日本ならではの細やかさということか。

家族で「サウンド・オブ・ミュージック」

2008年1月26日(土) 23:03:50

ムスメは、学校の「音楽の時間」に授業として映画「サウンド・オブ・ミュージック」を毎回少しずつ観ているのだそうだ。

おお、それはいい授業だ。
まぁ本当は細切れに観て欲しくない映画なのだが、学校で友達と一緒に観る、という初体験もいいかな。名画座もほとんど消滅した今、こういう名画に触れる機会はどんどん減っているし。

で、授業で数回かけて前半まで見終わって、彼女もさすがに我慢が出来なくなったらしく「全部観てみたい!」と言い出した。ホイ来たソレ来たとばかりにDVDを取り出して家族で鑑賞。

WIN・WINで行こう

2008年1月27日(日) 18:04:50

風邪になりきらない風邪気味状態。だるいままダラダラとベッド。
やらないといけないことが多いのだけど(更新とか連載原稿とか)、この週末はまったく出来なかった。まぁ11月の執筆地獄以来「本業の本」ってことで無闇矢鱈にナーバスになっていたから、そういう疲れも出ているのだろう。思ったより評判がいいので安心してドッと疲れが出たのかもしれない。特に若い人から評判がいいのがうれしい。それと広告業界以外の人からも。 そうだといいなぁと思って書いたので大変うれしい。

変化が必要、かつ、変化の真っ只中にある業種のことを「中から」書く場合、ちょっとストライク・ゾーンをはずすだけでバッシングの嵐になる可能性がある。それも急進派と守旧派の双方から。でも、双方にとってぎりぎりストライクであるゾーンが存在することは確か。その狭いゾーンを狙って、ベテランにも若者にも届くように超ポジティブな球を投げようと試みたのが今回の本「明日の広告」である。その狭いストライク・ゾーンは、でも、狭いからこそ普遍性もあり、広告業界以外の人にも伝わると思った(願った)。
ストライクがとれたかどうかはまだわからない。でも、これでストライクが取れなかったら潔く去ろうと決心して書き始めた。そりゃ緊張もするしナーバスにもなる。相当疲れた。燃え尽き系。

なぜわざわざ地雷を踏みに? と、ある人に聞かれた。
キレイゴトに聞こえるかもしれないけど、社内外問わず20代30代の元気な人たちがいまいち仕事を楽しんでいないように感じることが多くなってきたのが大きい。ここ数年、彼らの閉塞感を肌で感じることが多かったのだ。それと、広告業界を目指す若者が実際に減っている現実を目の当たりにしたということもある。広告をはじめとするコミュニケーションの仕事が若者の目に魅力的に映ってないのだ。それはきっといま業界の真ん中で働いている40代50代が魅力的かつ楽しそうに見えていないからだ。
そういうこともあって「いやいや実は楽しいんですけど」と我々の世代が発信しないといけないと思った。実際楽しいし(楽しくない人がいるとしたら、やり方を時代に合わせて変えていない人だと思う)。

見ていられない

2008年1月28日(月) 7:59:22

昨日の大阪国際女子マラソン、30キロ付近まで独走していた福士加代子の失速は見ていられなかった。というか、見なかった。後続に追いつかれそうな雰囲気になった時点でツマと顔を見合わせ「テレビ消そうか」「うん、消そう」と。

うちでは、わりとこういうことが多い。
正月の箱根駅伝もそうだった。往路の順天堂とか、怖くて可愛そうで不憫で見ていられなかった。がんばっているんだから見届けてあげないと、と思いつつ、でも、見ていられない。年末のフィギュアも見ていられなかった。下手するとサッカーとかも途中で消したりする。

若いときは「ダメじゃんコイツ」と見捨てたり、「もっと練習しないからだよ」とか毒づいたりした。
自分のことは棚に上げて何でも強気に話せたのだ。でも、40代中盤くらいから(って、つい最近だが)そういうことが言えなくなってきた。裏でのがんばりや悩みや逡巡や夢やトキメキが読めてしまうからだ。目に見えないところに大切なものがあると肌感覚でわかってしまったからだ。もしくは相手の身になりすぎてしまうようになった。それだけいろんな経験を積んだとも言える。歳をとった、とも言える。

緊急増刷!

2008年1月29日(火) 7:17:48

拙著「明日の広告」、緊急増刷決まりました。ありがとうございます。
いまちょうどアマゾンでも在庫なし(3~5週間以内に発送)、楽天では売り切れとなっているようですが、すぐ補充されると思われます。

本の奥付の発行日では1月25日になっているので(出版界の慣例的に、発行日より1〜2週間ほど前に書店に並ぶようです)、建前上は発行3日目に増刷(笑) ボク的にはもちろん新記録です。ありがとうございます。

こうやって「増刷!」とか書くと「印税がっぽがっぽでいいねぇ」と必ず友人とかに言われるんだけど、そんな世界ではありません。本の印税だけで食べていけるヒトなんて日本で数十人しかいないんじゃないかな。
この本は税抜き743円なので、印税は1割の74.3円。アナタが迷った末に一冊買ってくださって、ようやくボクに74.3円入ります。新書だと当初は1万部くらいしか刷りませんから、あれだけ苦労して書いても75万円程度なわけです(まぁお小遣いとしては充分ですが)。そのうち本でも書いて印税生活!とか夢を描いている方、なかなかシビアですよ…。

岩田守弘ブログ、始まる

2008年1月30日(水) 12:04:34

待望の岩田守弘ブログ(正確には「岩田守弘オフィシャルファンブログ」)が始まった。
岩田さんはここでも何度も紹介しているが、ロシアのボリショイバレエ団の第一ソリスト。東洋人唯一のソリストで、ボクの尊敬する大切な親友でもある。

あの東洋差別の厳しい国で(まぁ最近は日本ブームらしいけど)、ずっと孤独にがんばっている人だ。
まだソ連の時代にロシアのバレエ学校に留学し、ソ連崩壊を目の当たりにし、ボリショイバレエ団に入って13年。日本のメディアからも特には注目されない「本当のアウェイ」で、ずっと第一線で闘ってきた人。

モスクワでボリショイバレエを観たことがあるが(一週間ぶっ続けで毎晩)、当たり前のことのようだが、舞台上で彼だけが東洋顔である。彼だけが東洋体型でもある。普通ならわざわざそんな人をキャスティングしなくてもよい。でも、彼はダントツの表現力で有無を言わせない。踊りの安定感、ジャンプの高さ、回転の精度、豊かな感情表現など、贔屓目なしで他を圧して一番だった。客もそれを知っていて彼が出てくると拍手喝采。客席で観ていて日本人であることを誇らしく思い、思わず泣きそうになった。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。