2007年10月 アーカイブ

スニーカー崩壊

2007年10月 1日(月) 7:20:14

飼い始めてから5年以上、ほぼ毎日散歩を欠かさない我が愛犬であるが、昨日みたいな雨の一日は非常に困る。犬用の雨合羽を着せて出かけるにしても、濡れそぼると匂うし、ボクも妻もシャンプーを毎回してあげるほどヒマではない。まぁ屋根があるアーケードまで早足で行ってウンチをさせて、拾って少しアーケードを歩いてまた早足で帰ってくるという短縮散歩になる。仕方ない。

で、昨日もそのつもりだったのだが、困ったことに数ヶ月前から散歩用スニーカーの底に穴が空いていて、雨の日に歩くと靴下までびしょ濡れになってしまう。通勤用のスニーカーはなんか感じが出ない。うーん、どうしよう…。で、ふと古いテニス用スニーカーがあることを思い出した。ボクは阪神大震災で中断するまで毎週テニスをやっていたのだが、その頃のシューズが「いつかテニスを再開するときのために」取ってあったのである。それもほぼおニューのヤツ。おお、もうこれ、下ろしちゃおう。

で、そいつを履いて雨の中、散歩をし始めたのである。まずは早足でアーケードまで。
ところが! なにやら足元がもさもさし、やけに冷たくなったと思って見てみたら。ら…。ら? ら! 靴底ないじゃん!
底と上部がまっぷたつである。数歩後ろにカカトが落ちてるし。しかも両足ほぼ同時。うひゃ〜。進めない帰れない。短すぎる散歩に超不満顔の愛犬を引きずって、一歩一歩ガニ股&つま先立ちで家まで。

すっかり秋

2007年10月 2日(火) 7:36:04

昨日もバッタバタで、わりと疲弊しつつ、夜。
待ち合わせて鮨屋。

今年初め頃から「飲もう」「飲みましょう」と言い合い続け、日程調整しては「あ、ごめん、延期して」「あ、その日はダメになっちゃいました」とキャンセルが続き、秋になってようやく会えた人。あぁ、でも他にもそういう関係の人が3人ほどいるな。いつになったら会えるのか。

人形町「六兵衛」。古い町に溶けこんださりげない店。なんてことない店だが、妙にくつろげる空気が漂っている。話に夢中になるにはこういう鮨屋がよい。

老年の住まいとしての京都

2007年10月 3日(水) 9:10:58

老年になったら住んでみたい街の候補として、

沖縄(特に石垣島):あの空気感
軽井沢か信州周辺 :森林と清涼

があったが(他にバンクーバーとかハワイとか苦楽園とかもあるが)、先週京都に行って「京都もいいかも」と思い始めた。
理由としてはいろいろあるが、大きく言うと「古いモノを大事にする;老人にも生きる場所がありそうだ」「四季の変化や行事が充実している;飽きずに暮らせそう」「和食がうまい;やっぱ年とったら和食でしょ」「学生も多く活気がある;町としての新陳代謝がある」「鮎釣りや他地方へのアクセスがよい;関西は遊びや旅行が便利」など。

おごられ酒

2007年10月 4日(木) 9:25:58

昨晩は会社の後輩がおごってくれるというのでトコトコと小滝橋「多幸兵衛」まで。高田馬場周辺は久しぶりなので馬場からずっと歩いた。途中「真菜板」を通り過ぎる。行きたい店のひとつ。それにしても後輩がおごってくれるって意外とうれしいもんだ。高い店じゃないけど、気持ちがうれしい。

3人で会社の話とかいろいろ。社外の人と飲むことが多いので(なるべくそうしている)、仕事の話とか逆に新鮮だったりして。愚痴酒ではなかったが、若い人たちも閉塞感いっぱいで大変そうだ。そういえばおとといは若者雑誌の編集長と2人でランチしたが、やっぱりそういう話になった。半径5メートル以内のシアワセに向かわざるを得ない人たち。成り上がってやろうとかいうギトギトとは無縁。それは大人が作った現在の環境から来るんだろう。ま、大人たちは大人たちで閉塞感で参っているのだけど。

3人でチラリと「Amoh's Bar」によって、バカ話で盛り上がって帰宅。時計の針がてっぺん指す頃だったかな。そんな遅い時間じゃなかったしあまり酔ってもいなかったんだけど、いつの間にかリビングで床寝していいてビックリした。いや、床寝というか床座り寝。ソファを背にして床に座って寝てたからケツいてぇ。朝6時までそんな状態。あぁケツいてぇ。起きてきた妻に笑われながら寝室に退散して二度寝。あぁ二度寝ほどのシアワセは他にない。

イチボのステーキ

2007年10月 5日(金) 9:28:59

昨晩は久しぶりの「北島亭」

3ヶ月前にある先輩が突然「イチボのステーキが食べたい。ガッツリ食べたい。北島亭で食べたい。佐藤予約してくれ」と言い出して、「いいっすねぇ。ガッツリ行きましょう。で、いつが空いてます?」と聞いたら「最短で空いているのが10月4日」と(笑)。お忙しい人なのだ。だから3ヶ月前に4席予約して、食材も指定して、3ヶ月間ずっと楽しみにしていた夜だったのである。

久しぶりの「北島亭」は外装も内装も変わらなかったが、サービスの人がハキハキと明るい男性になっていた。武骨だが楽しいサービスをしてくれる人。やっぱりサービスで店の印象はガラリと変わるなぁ。

努力賞!

2007年10月 6日(土) 15:44:31

中一になり、写真部に入った娘が夏休みに与えられたテーマは「川の写真を撮ってくること」であった。
で、それはどうもこの「第27回川の写真コンクール」ってヤツへの個人応募らしかったのだが、昨日、その事務局から手紙が舞い降りて、なんと努力賞を獲ったらしい。

賞が与えられたのはコレ
京都の白川を撮ったものである。祇園の新橋のあたりの白川。

作品名を「流動感」と名付けた響子だが、実はさなメモにこの写真を掲載したとき、この写真はわりと人気があって、「デスクトップの壁紙にするからロウデータを送ってください」というメールを3通もいただき、送ったりしていた(届きましたでしょうか?)。みなさま、お目が高い。

朝からずぅっと書き物

2007年10月 7日(日) 17:43:43

昨日も今日も朝からずぅっと書き物。
昨日はわりとはかどり、テンション高くガンガン進んだのだが、今日はいまひとつノリが悪く、朝からウンウン唸っている。昨日書いた部分を読み返しているうちに推敲にはまってしまい行ったり来たり。あぁこんなにずっと机に向かっているのに全然前に進まん! でも今日はあと6時間はマック前から動かないつもり。がんばるぞ(あ、途中メシは喰うけど)。

コンビニの万引き犯を追いかけて店員が刺殺された事件。
まさに同じような経験があるので他人事ではない。やっぱアレって意外と危なかったのだなぁ。でもああいう場面に遭遇して知らんぷりは出来ないよなぁ…。

世の中どこにどんな危険が待ち受けているかわからないが、まぁ毎朝小鳥さんと問答しているので、覚悟はある程度できているっちゃぁ出来ている。でも痛い死に方はやっぱりイヤだ。

吉田美和

2007年10月 8日(月) 17:22:34

しばらく封印していたドリカム。というか吉田美和。

今日、家族が買い物に行って誰もいない時、アンプに灯を入れ、静かに流した。

これだけ愛が強く、みんなに分け与えるヒトに限って、愛する人を亡くしてしまうという巡り合わせ。

娘がくれたもの

2007年10月 9日(火) 8:10:58

こんなカエル

裏はこうなっている。

肩をとんとんするわけである。

コンビニでの朝の挨拶

2007年10月10日(水) 9:28:52

通勤途中にいつも寄るコンビニがあって、そこの若い女の子を気に入っている。
別に好みでも何でもなく、特徴ある顔をしているわけでもない。ただ「見事」なのだ。その仕事ぶりが。

まず、早い。レジ前の行列は彼女の列だけどんどん捌ける。それを知っている毎朝の常連さんはどんなに列が長かろうが彼女の前に並ぶ。だから他の列よりいつも1.5倍は長い。
そして明るい。手を忙しく動かしながら常に声を出している。「おはようございます。毎度ありがとうございます。お疲れ様です。121円になります。はい頂戴します。ありがとうございました。またどうぞご利用くださいませ。ありがとうございました」と、ボクに向かって言っているその間にも、入店してきたお客さんやレジ前を通ったお客さんに「おはようございます。ありがとうございます」と呼びかけている。
そして笑顔。うそっこの笑顔はすぐわかるが、彼女の場合、客の目を見てきっちり笑う。
んでもって、勤勉。レジがヒマになるとすぐ店内の整理にかかる。手を休める瞬間がない。彼女が来てから約1年、このコンビニは手作りPOPがめちゃめちゃ増えた。全部彼女が作っているに違いないと睨んでいる。

あまりに「見事」なので、気押されていた部分もあったかもしれない。
挨拶されても笑顔を向けられても、それに応えず、ブスッといつものミネラル・ウォーターを受け取り、通勤していく日々が長く続いた。せわしない朝のコンビニではベルトコンベアーみたいに流れていくのが当たり前だ。後ろに並ぶ人々の手前、そそくさと列を離れる方が優先だ。レジでの挨拶になんて応えないのが普通なのだ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。