2007年6月 アーカイブ

帰国 & 誕生日

2007年6月 1日(金) 22:22:23

無事帰国。エコノミークラスだったが、意外にもすんなり切り抜けた自分に驚いている。普通に読書と映画と睡眠で13時間乗り、たいして疲れもせずに、腰も痛くならずに、無事帰宅。まぁ非常口前の足が伸ばせる席だったことが大きいが、それにしても元気だな、自分。

世界トップクラスのミュージカルとレストラン、そしてブティックや美術などを見回るのがどれだけ刺激になったか、その結果はもう少し後にならないと自分でも見えてこないのが普通ではあるが、今回はこの「意外なほど疲れていない自分」がすでにその証明にはなっている。刺激を受けまくって細胞が活性化されている感じ。活力充分。こういうのをリフレッシュされたと呼ぶのだなぁ。

機内で観た映画は「善き人のためのソナタ」と「Bridge to Terabithia」の二本。あとは「肩をすくめるアトラス」を読んだり、ミュージカルCDを聴きながら歌詞カード読んだり。

ボクは10本。モリは16本。

2007年6月 2日(土) 16:33:03

普通に早起き。時差をまったく感じない。今回の元気さは異様だ。本当にリフレッシュされたみたい。

今回、ボクは7日で10本観たのだが(Playbillの集合写真はこちら。メリー・ポピンズだけ「SHOWBILL」となっている)、まだNYにいるモリは結局10日で16本観たらしい(さっき帰国前のメールが来た)。オフ・ブロードウェイも絡ませて1日3本とか観ていたからなぁ。10日で16本…。すごい量だ。今回の旅行がブロードウェイ初体験だった脚本&演出家としての森崎博之は、この「量」で「ある目覚め」を迎えるかもしれない。だとしたら、ブレイクスルーの場に同席できて光栄だ。

それにしても濃い毎日だったので、消化には多少時間がかかる。まだYouTubeなどで観たミュージカルの画像を探したり(Howard Mcgillinの映像が意外とある!)、New York Timesなどで食べたレストランの評を読んだり、心はNYにある。数日経つと客観化されてくるとは思うのだが、まだまだだなぁ。
それにしてもHoward Mcgillinはすごい。YouTubeの荒れた動画の「Final Lair」で泣かされてしまった。モリたちも観劇旅行オーラスはHowardの「オペラ座の怪人」にしたらしい。わかる。そしてうらやましい。

ニューヨークのスターシェフ

2007年6月 3日(日) 21:36:27

朝早くからHoward McgillinのYouTube見てたら、妙に疲れてしまった。疲弊させられるわ、彼の演技。すごすぎて。

ええと、一応「ニューヨークの行った店リスト」更新しました。
3泊4日の旅のヤツもアップデイトした方がよいですね。余裕があったらします。明日からの仕事状況次第。

更新しながら思ったけど、ボクはDaniel Bouludをちゃんと食べてないなぁ。なぜか縁がなくて。BataliやBouleyやJean-Georgesは少しずつ開拓できているけど。シェフの顔的にはGray Kunzが好きなんだけど(物理の教授みたいな顔してる)、彼のも「Lespinasse」のランチしか食べたことない。Thomas Kellerもきちんと食べてみたいし、BLT系のLaurent Tourondelも食べてみたい。あー、シェフの系譜に沿って一度しっかりニューヨークを食べてみたい、とか、そんなことを思いながら書いてました。

はやっ!

2007年6月 4日(月) 21:18:08

エコノミークラスのヒコーキ(往復26時間前後)や、10本に渡る長時間観劇(総時間約25時間)などで、ニューヨーク滞在中とても心配だった腰痛や頭痛であったが、心身共に異様にリラックスしてリフレッシュしたせいか、まったく悪い症状が出なかった。というか、腰も頭も絶好調。左目の上の「いつもコリコリに張っている筋」なんか、張りが弱まったくらいであった。

で、帰ってきたのが金曜日。
土日も絶好調で、時差ボケもなく、なんだかこのまま人生が無限に広がっていきそうな錯覚すら覚える、ド快調な週末であった。

のに!

熊井啓監督

2007年6月 5日(火) 9:21:31

ボクがNYに行った前後に何人か亡くなっていて、もちろん石立鉄男はショックだったし、ZARDの坂井泉水や松岡農相にもビックリした。平岩外四や藤原伊織、大庭みな子、ちょっと前だと塩沢とき、北村和夫、池宮彰一郎、横山ノック、ロストロポーヴィチ、ここ数日では羽田健太郎と、このごろ有名な方の死が多い気がする(敬称略)。

でも、個人的に感慨深かったのは5月23日の熊井啓監督の死である。
日本を代表する社会派映画監督である。もちろんお会いしたことはない。でもボクが20歳の時(1981年)に観た彼の映画「謀殺・下山事件」が、いまでもその時の感情を覚えているくらい衝撃的だったのである。のほほんと軟派に生きていた大学時代のボクは、ガツンと一発かまされた感じであった。

戦後史最大の謎と言われる下山事件についてはWikiでも見てもらうとして、その後ボクは矢田喜美雄の原作「謀殺下山事件」を読み、これまた衝撃を受けて下山事件関係の本を読みあさった記憶がある。友人にも下山事件論争を持ちかけたりして、いま考えたら大迷惑なにわか社会派だ(笑)。でも資料を読みあさって戦後史の闇に潜っていったあの時間はとても充実していて、いまでも大学時代のある象徴として思い出したりする。
下山事件関係のみならず、謀略だの謀殺だの戦後の闇だの題された本を自宅デスク周りに積んでいて、親に心配されたこともある(反体制思想にかぶれたと思われたのかもしれない:笑)

旅行も変わった

2007年6月 6日(水) 6:31:52

iPhoneの新しいCM。いいなぁ。CMがいいというより機能がいい。ホントにさくさく動くなら何としてでも買いたい。日本じゃ当分売らないし使えないけど。日本ももっとGSM対応してくれないかな。

今回NYに行って、風景が変わったなぁと思うのは、やはり携帯。携帯メールを打ってる人なんて2年前はほとんどいなかったのに今ではそこら中に。いわゆる写メというか、携帯で写真撮る人も格段に増えた。ただし日本は方式が違うからメーカーがほとんど参入していない。こういう先端機器分野で日本製を見かけないのは寂しい。

今回はNYで携帯を借りた。
日本から海外ローミング用の携帯を借りていく手もあったけど(番号が変わらないのと携帯メールが利用できるのが利点)、仕事の電話がジャンジャンかかってきちゃうのと、NY同士でもいちいち日本に国際電話して日本経由でNYにかけるのがイヤだったのだ。

夏に向けて

2007年6月 7日(木) 8:33:22

昨日はジム&プール。
ポルトガルとニューヨークでいっぱい食べたわりには体重は増えておらず、これもBMグラサン・ダイエットのおかげかとほくそ笑んではいるが、とはいえこの半年、マシン・エクササイズをあまりしてなかったので筋肉が落ち、その分お腹の肉が気になりだした。夏の薄着に耐えられる肉体にしとかなければ。マシンはしばらくちゃんとやろう。

BMグラサンと言えば、メールで成功事例が届いた。
この方は、サンの代わりにブルブルマシーンというのを利用したらしいが(BMグラサンではなくBMグラブル)、12月のダイエット開始時に92kgだった体重が、今は77kgらしい。半年で14kg減! すばらしい!
こういう例もあるし、ボクもBMグラサンで2ヶ月で6kg減らしたことがあるので、いま始めれば8月に間に合いますよ! >Sさんへ。

話は変わるが、好きな店「印度風カリーライス」がこの金曜で閉業してしまうとのことである。行かねば!

印度風カリーライス

2007年6月 8日(金) 7:43:54

私も痩せました!というメール、ちらほら。
「実は私も2年前の春から秋にかけてBMグラサン+アルファリポ酸で半年間で65Kg→55Kgの10Kgのダイエットに成功しました。現在でもリバウンドなしで56kg台をキープしています」とか「去年トライして5キロの減量に成功しました。痩せたあとはグラだけですが、上下はあるものの体重キープしています」とか。「痩せると服の買い換えが大変」という贅沢な悩みも。

話は変わるが、今日で閉まる「印度風カリーライス」に昨日行ってきた。着いた途端目に入る大行列。50人ほどなのだが、とはいえこの店ではありえない数。ファンが多いんだなー。食べ終えて出てきても50人ほど並んでいた。回転がいいので15分ほど並べば入れる。最終日の今日も行こうかな。やっぱうまいや、ここのカレー。好き。マジでなくなるには惜しい店。60年以上この地でやってきたらしい(閉店理由は、医者から休養しろと言われたからとか)。

夜は打ち合わせの後、久しぶりに「Amoh's Bar」。高校の同級生がやってるバーである。
「お嬢さんのお祝いに」と、シャンパンをご馳走になる。そういえば半年ほど来てなかった。またちょくちょく来るわ。んでもって天羽と話しながら機嫌良く飲んでいたら携帯で先輩から呼び出しを受け、その店に行こうと外に出たらムツゴロウさんとばったり。やっぱ都会で遭遇するとビックリする。お元気そう。シュパーゲル(ドイツの白アスパラ)食べに行きましょう、みたいな立ち話をしてお別れする。もう旬が終わっちゃうな…。

北海道色がどんどん濃くなる

2007年6月 9日(土) 3:43:34

昨日はビジネスランチがあって「印度風カリーライス」には行けなかった。あー、もう一生あの味が食べられないんだなぁ…。店との別れはとても「死」に似ている。海外や地方なんかでも「もう死ぬまで一生この店には来られないかも」とか思いながら食べている。一期一会とはまたちょっと違う感じ。「死」をとても身近に感じるというか、「今日なのかな、小鳥さん? 今日かい?」に通ずる感覚というか。

さて、今日から2泊で札幌。YOSAKOIソーラン祭りである。
去年初めて見に行って以来、知床のフォーラムでパネリストやったり、瑞浪のチームと交流したり旭川帯広で講演したり、と、本業とは関係ないところで妙にYOSAKOIソーランと縁が深くなってきているのだが、今回はなぜか祭りのセミ・ファイナルの審査員である(ラストの日曜にコンテストがあって、踊りを審査して上位チームを選出する仕組みなのである)。どんどん縁が濃くなる。おもろい展開。

踊りにも祭りにもいままであんまり縁がなかったボクではあるが、たった一年で一気に縁ができ、YOSAKOIソーラン関係者だけでもずいぶん友人が増えた。瑞浪、枝幸、帯広など、思ってもみなかったところに祭り関係で親しい人が出来た。祭りと関係ないところでも、なぜか北海道に急に縁ができ、下村泰山さんや、一緒にNYに行ったモリ、ポルトガルで会ったヤマザキマリさんも北海道人脈だ。人生における北海道色が急に濃くなったなぁ。元々縁が深かったムツゴロウ動物王国関係者たちを入れると、なんだかすげえ濃い。

YOSAKOIソーラン、演舞見まくり

2007年6月10日(日) 9:26:26

札幌入りは11時。開店直後の「根室花まる」(うまい回転寿司)に入ろうとしたらすでに行列で20分待ちと言われ諦める。昼飯は大通公園近くの「千寿」。地元の人に「いま札幌市街ならトップクラス」と勧められたラーメン屋。パンチのある味噌ラーメンだった。まだ小腹がすいていたので他の人に勧められた「信月」というラーメン屋まで歩いて行ってみたが午後3時からということで諦める。残念。

YOSAKOIソーランの演舞は、大通公園の北と南のパレードを中心に60本くらい見まくった。見たいチームを絞って、ついでにその前後も見る、といった見方で北へ南へ。忙しく北と南を行き来して、ほぼ見たいチームは見たかな。とはいえあと300チームくらいあるんだけど。というか、観客動員数的には過去最高になりそうな勢いらしい。めでたい。

全体に踊りのレベルが底上げされているのを感じた。今年は審査に携わっているので個々のチームの感想は書かないが、きちんと伝えたいポイントを絞っているチームが増えてきた印象。そういうチームのあとに焦点のぼけたチームがくると途端に底が割れてしまう。一生懸命さは伝わってくるだけにもったいない。感動的な演舞が2つ。感心させられた演舞が3つ(ここら辺までは世界で通用する)。お、なかなか、って感じが10くらいあった。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。