2006年3月 アーカイブ

「山本彩香」継続!

2006年3月11日(土) 9:48:48

「琉球料理乃山本彩香」という、ボクが沖縄でトップに好きな店 & 同時代に生きられて光栄に思っている店が那覇にあるのだが、実はそこが閉店の危機に瀕していた。それを聞いたのが先月の20日だったか。彩香さんを通じてお会いし親しくなった作家さんから「どうも3月末で閉店する決心をされたらしい」と。

前の店「穂花」の頃から行き、サイトや本で「好きだ〜」「素晴らし〜」と一方的に熱く紹介しているうちにいつしか店主の彩香さんと親しくさせていただくようになっていたボクは、「厚かましいかな」と思いつつすぐ電話してみた。そしたら電話口で泣いていらっしゃる。「今度会ったらくわしく事情を話す」と。閉店の決心は揺るがない感じ。

豊かだけど手のかかる本当の琉球(辻)料理の伝承・普及のために、高齢をおして強い意志でずっと努められてきた彼女が閉店の決心をするとはよっぽどのこと。よっぽどのことなのだろうけど、日本の宝とすら思うこの店が終わるのを遠い東京で指くわえて見ているわけにはいかない。その場でスケジュールをやりくりして即予約。その作家さんはどうやっても都合がつかないとのことでとりあえず単独行。説得できるなんてこれっぽっちも思わないが、せめてちゃんとお話を聞き、どうしても終わるというのであればその最期の姿を目と舌に焼き付けておきたい、と。

沖縄ってなんだか出会う人がみんないい人だ

2006年3月12日(日) 9:17:03

おとといに引き続き、昨日は招かれて「山本彩香のまかない料理」。
いや〜贅沢な昼ご飯。昼の営業はしていないので、店内貸し切りで彼女の手作り普段料理を食べさせてもらった。削り節に味噌のっけてお湯をかけるだけのカチューユから始まって牛乳に漬け込んだ大根の漬け物やシャコ貝の豆腐よう漬け(大量)、フシカブ・デークニ、五穀米、まで。特筆すべきはフシカブ・デークニ(干し株大根)。ざく切りにして干した大根を昆布や豚、ニンニクの茎などと炒め煮してあるのだが、滋味溢れる美味で「これ、夜のコースに是非入れてください」とお願いしたら「そうしようと思っていた」と。今後、夜のコースのどぅるわかしーの前あたりにちょこっと出るかも。
彩香さんは吹っ切れたみたいで「なんだか元気になっちゃった」と笑う。2時間話し込んだ。あと20年はやると約束したのでみなさんご安心を。

腹一杯だったが、そば屋を2軒ハシゴ。
さすがに腹がたぷんたぷんになったので、ロワジールホテルに行って屋内プールへ。「ゆっくり長く泳ぎたい!」という本を読んでその方法を実践してみたかったのだ。なるほど少し楽にクロールが出来るようになったが、まだまだバタバタと足を動かしてしまう。500mほどゆっくり泳ぐ。今年は少し水泳をやってみたい。

夜は初対面の読者の方(家族3人)と。
ちょうど予定がなかったので「どこで食べるかなぁ」と考えていたところに押しの強いメールをいただき(笑)お会いすることに。
ひさ〜しぶりに桜坂の「さかえ」へ。山羊刺し、山羊汁など。いい方たちで楽しかったが、相変わらず料理が出てくるのが遅いので空きっ腹に飲んでしまい、水泳疲れも手伝って最後にはずいぶん酔ってしまった。
「さかえ」の陽気なおねえさんは健在で(3年ほど店に出てなかった)、久しぶりの再開を喜び合う。というか、名も名乗ってなかったのによく覚えてくれていたなぁ。どの座敷に座ったかだけでなく、娘の名前まで覚えていてくれた(まぁエッセイの中で「さかえ」のこと書いたこともあるけど)。ストレートな感情表現に戸惑いつつ、なんだかジンと来る。とにかく異様に喜んでくれて、いつもより多めのお土産をいただいた。この店に行った方はわかると思うが、混んでいて十分な接客が出来ないときはお土産をいろいろくれるのである。それにしても…、うれしいけど多すぎます。

「淡すい」、そして「安珍」

2006年3月13日(月) 20:37:56

数日前「沖縄行きはあるお店に行くためだけのために」と書いたが、行ったら行ったで貧乏性的にいろいろ食べに行ってしまうウソツキなワタクシ。今回は沖縄そばに発見があったです。すいません。
というか、沖縄そばってボクがガァ〜ッと50軒ほど食べ回った1999年に比べると格段にレベルアップしている。化学調味料を使わない店が増えたし、昔ながらの作り方に戻った店も多い。消費者(観光客)の本物志向がいい方に影響を与えている模様。

1999年当時は、手打ちの店も少なく、灰汁を使う店などほとんどなく、ズンズンと「ラーメン化」の道を歩んでいた(沖縄そばともラーメンとも見分けがつかないような、という意味で)。もうこのままダメになるかもなぁと当時は思ったものである。でも志ある料理人たちが本来の作り方で店を開き始め、それがじわじわ広がっている印象。おもしろいなぁ。うれしいなぁ。

今回は4軒行った。「玉家」「安珍」「淡すい」「がじゅまるのそば」(←彩香さんの娘さんと孫がやっている)。

ちゃんと本人に伝えること

2006年3月14日(火) 7:23:25

「山本彩香」行きから帰ってきて改めて思うことは「意外と本人に伝わっていないぞ」ということ。
数日前にも書いたけど「その人が存在する価値ってその人からは本当に見えにくい」。こんなことボクが伝えなくても当たり前に認識してるでしょう?というようなことがわかっていなかったりする。

たとえば彩香さんのシャコ貝の豆腐よう漬けについて「これは本当に名作ですねぇ。そういうメールもいっぱい来ます」と言ったら「ホントに? うれしい!」とやけに初々しくおっしゃる。「もしかしてそういう評判って届いてないんですか?」って聞いたら首を横に振る。もちろんお店や売り場でのお客さんの言葉や売り上げで好評なのはわかるが、ちゃんと感想が耳に届くことが意外と少ないらしい。

あぁ伝わってないんだ〜…。いろいろ聞いてくると、ご自分がいまお店で実践していることの意義や貴重さもいまひとつ認識していらっしゃらなかったようである。今回いろんな方に言葉をもらってようやく理解者が多いことを実感した感じであった。

大木を切るという不可逆

2006年3月15日(水) 8:05:07

沖縄から帰って家でホッとくつろいでいたら、娘が「お父さんに悲しいお知らせがあります。本当に悲しむと思う」と。 ん? なんだ? 怖いな。心して聞くから、はよ話し。

「あのね、お父さんがいない間にね……」
「うん」
「木が切られたの」
「は?」

くわしく聞くと、近所の感じのいい家がまたまた壊されて広い更地になったのだが(どうせ小さく分割されちゃうのだろう)、そこにあったこの辺では珍しい大きな木が4本とも醜く切られてしまったという。マジですか?  たった4日前には木は残っていた。大空に大きく触手を広げ、風が吹くとザーーと鳴った。どれだけあの音に癒されたか。
突貫工事で家を破壊している間、木には「残す」というテープが貼られていたので安心していたのだ。たぶん周りの家もあのテープで「地主さんも施工会社もちゃんと木を残す決断をしてくれたんだ」と安心していたはず。だましかよ!

士の心と書いて、こころざし

2006年3月16日(木) 7:40:46

「木の剪定は、かなり思い切って枝を刈り込むことがありますよ」とのメールをいただき、改めて木をじっくり見に行く。

ううむ…。でもね、ホントに「♪この木なんの木気になる木」みたいに大きな円を描いた枝ぶりだったのに、今は一本の棒になってしまっているの。これで大丈夫なのかなぁ。とりあえずクレーム、じゃなかった電話で聞いてみよう。思ってるだけじゃなくて相手に伝えるのが大事なのだ(ちょっと違う 笑)

昨晩は広島に行ったときに現地の人にお土産としていただいた「賀茂輝」という小さな蔵のお酒を家で飲んだが、とてもおいしかった。フルーティでさわやかな後味。どっしりした腰も持つ。

自転車通勤そろそろ再開

2006年3月17日(金) 9:23:57

やっと暖かくなり日も長くなってきたので、そろそろ自転車通勤を再開しよう。
冬の自転車通勤は寒いのがイヤというより暗いのがイヤ。17時には暗いのでなんか陰鬱な気分になる。暗くて冷たい外に出たくなくなる。人通りも少ないし街の灯も寂しげだ。んでもって腰が冷えるのもかなわん。腰痛一秒前な症状になる。
でも春になるとそれらの難点が全部解決されるうえに自転車で走るのが実に気持ちよい気候となる。酷暑の季節までは極楽通勤。よし。週末に自転車を整備して、来週から自転車通勤再開決定! 通勤途中にスポーツクラブがあるのでプールにも週一回くらい寄ろう。楽しみだ(仕事がまた嵐にならないことが前提)。

昨晩は講演というか講義というかを2時間たっぷり話す。100人くらいいたかな。
ふたりでかけあい的にやったのだが、内容は相当盛りだくさん。なにせパワポで150ページくらいある(笑)。やるほうも疲れたが聞くほうも疲れたろう。お互いお疲れさまでした。

終わったのが21時すぎだったので、そこからふたりで骨董通りの某店へ。
その方の奥さんも合流。娘さんの受験が終わり夜遊び解禁とのこと。おめでとうございます。そして超有名なご夫婦も合流。初対面だったがとてもきさくで感じがいい。5人で24時まで。楽しかった。次回はなぜかもんじゃ焼きに決定。

古い友達と

2006年3月18日(土) 10:46:00

昨日は夕方、とあるセレクトショップのレセプション・パーティへ仕事で。いや〜ファッション系はさすがに華やかだ。
で、パーティは苦手なので早々に退散。その後夜メシの約束まで時間があったのでスポーツクラブへ入会手続きに行く。法人会員かつ25mプールがあるクラブを探し、最寄りにあるクラブに決めた。勤務がフレックスタイム制なのでうまくやりくりすれば効率良く通える。今年は泳ぐぞ。

20時すぎに五反田。駒沢公園近くにあったフレンチ「ラ・プリムール」の高橋シェフが始めた焼鳥屋「たかはし」へ。「ラ・プリムール」は、鱸のポワレ・ラベンダーソースが異様に印象に残っている店で、わりと好きな店だった(サービス以外は)。あのシェフが目の前で焼鳥焼いている。変な気分。
人気店らしく入れ替え制になっている。ボクは20時15分の部。ワインとともにあっさりした焼鳥を。ソリと親子丼が美味。それと完璧な焼き具合のプレーン・オムレツも良かった。フレンチのシェフだもんねぇ。

大阪勤務時代に知りあった男友達とふたり、ばんばん飲んでばんばん食べる。
彼とはもう20年近いつきあい。会社は違うのだがある仕事で知りあい、当時、苦楽園(西宮)で住んでたマンションが近かったこともあってよく地元で飲んだり毎週末テニスに行ったりしていた仲。大学も一緒だったし同期だったし東京出身だったし、いろいろ似てたからなぁ。彼の方が先に東京転勤しちゃったが、その後も軽井沢や蓼科で待ち合わせてテニスしたり。彼のドイツ転勤中は彼の家に泊まりに行ったりもした。フランクフルトからフランスのランスまで日帰りで昼メシを食べに行ったり。思えば色濃くつきあった。

It's only rock'n crawl (but I like it)

2006年3月19日(日) 11:19:08

昨日はプールに行った。400mほどクロールで。
こう書くとちょっとカッコよい感じだが、実際のところはヒーヒーのガタガタである。25m泳いでは休み、苦しくなっては途中で立ち、の繰り返し。体力も全然ないし。というか、球技はたいてい得意だが、水泳と器械体操は大の不得意である。特に水泳。クロールなど25m泳ぐのが精一杯(平泳ぎだともうちょい泳げる)。
でもわりと楽しかったんだよなぁ。まぁ1年かけてゆっくり泳げるようになりたいと思う。挫折するかしないか微妙なところ。まずは200mを連続して泳げるようになるのが目標かな。バタ足の2ビートとブレスがうまく出来るようになればなんとかなるかも。

さて。今週はストーンズ。
2003年の3月来日時に武道館で前から11列目で見た体験が強烈すぎて、東京ドームはどうにも行く気が起こらないのだけど、まぁそれでも来日してくれているのに見に行かないのはありえない。チケット入手に出遅れたので、いい席求めてダフ屋頼みかなぁ。今回はどんなセットリストだろう。ちなみに武道館のセットリストはこんな感じだった。すごいマニアックなセットリスト。歴史的ライブだったといまさらながら。
まぁとりあえず新しいアルバムをもう何度か予習していこっと。

FF Xll を始めてしまった

2006年3月20日(月) 12:43:52

長く寒い冬も終わり、自転車通勤再開。
今朝はゆっくり走ったこともあって家から会社まで約50分。電車通勤より15分長い。あと5分縮めたいところ。快晴だったのでサングラスで走ったが、普通のメガネに替えるのを忘れてオフィスの自席までサングラスで。危うく月曜朝一の会議までサングラスで出るところだった。久しぶりだと習慣をいろいろ忘れている。

というか、発売されたばかりの「FF Xll」を週末に始めてしまい(あぁ他にやることいっぱいあるのに!)、どうにもカラダがすっきりしないので(ゲームを長時間するとアタマとカラダがボワンとしません?)、こういう運動をするのは気分が良い。

FF Xllは、オンラインゲームの醍醐味を戦闘場面に加えてあり、それがとても効果的。ADBシステムというらしいが、突然エンカウントするよりずっと筋通っているし、モンスター倒してお金が入らないのもスッキリくる。こういう細かいところがちゃんと練られていて良いなぁ。絵はやっぱりキレイ。でもこのごろこの程度では驚かなくなっているので作る側も大変だと思う。「あぁこのCGだと2週間かかるなぁ」とか思いながら鑑賞。ただ地図が見にくいのがちょっとイライラするかな。ストーリーはいかにも長大そうで、1日ほんの数時間しかやれないボクだと下手すると3ヶ月くらいかかってしまうかもしれない。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。