2003年10月 アーカイブ

ロシアから無事帰還!

2003年10月 9日(木) 17:55:22

ロシアから無事帰還。おかえりー、オレ。

行く前はぶるってたけど、行ってみれば怖いことや不便なことも何もなく、長い歴史と深い文化を持つロシアを十二分に堪能してきた。
つか、世界二大強国だった国がつまらないわけないよねぇ。いったい誰だよ、「暗い」とか「不便」とか「物がない」とか「行列してる」とか「みんな太ってる」とか「ウォトカばかり飲んでいる」とか「治安悪い」とか先入観植え付けたの(←自分自身です)。すべてに逆。明るくて優しくて荘厳で物が溢れてて、痩せてて美人で知性的で、理想主義と現実主義がバランス良く混ざりあっていて、便利も治安も日本に近い印象。英語は確かに通じにくかったが、急速に普及している。 ウォトカなんかそんなに飲んでない。ワインが多かったな。

いやー、それにしても行った日から時差も感じずフル回転で遊んでしまった。たのしやロシヤ、おそロシヤ。帰って来たくなかったよ。
結局8泊9日でバレエを8舞台(!)。世界のトップがホームグラウンドで見せる真剣舞台のあまりの凄さに口あんぐり。次元が違う世界を集中的に覗いてしまったワタシ。いきなり目が肥えまくってしまったかも。
しかも普通は入れないボリショイ劇場の舞台裏や楽屋、スターたちの稽古も見学しまくり。岩田守弘さん(ボリショイの1stソリスト)によるバレエ集中講座を個人で受けてるような毎日。そのうえ自宅でご馳走になったり、別荘でパーティしたり…。
もちろんモスクワもペテルブルグも歩きまくった。特にエルミタージュ美術館は感動的だった。ルーブルより好きかも。あ、エカテリーナ宮殿(琥珀の間!)にも魂抜かれた。いやーサイコーだった……。

ロシアで観たバレエ

2003年10月10日(金) 7:08:32

ええとね、観たバレエは以下の8つです。

●「ドンキホーテ」 アントニチェバ、ベロガロフツェフ。ペトホーフとズィブロヴァ、アラーシュが良かった。舞台装置も完璧。ブッシュ夫人とプーチン夫人が貴賓席から観劇してた。
●「バヤデルカ」 グラチョーバのニキア最高。岩田さんの黄金の偶像も最高。影の場面も美しすぎ。というか実に良い舞台だった。今回の白眉。
●「レ・シルフィード」 マチネー。オペラ「モーツアルトとサリエリ」を短くやった後の上演。これは普通。
●「無益な用心」 実にかわいらしい小品。カプソーバ、ボロチン。ペトホーフとヤーニンがとても良かった。これはボリショイ新劇場にて。
●「白鳥の湖」 アナニアシヴィリ絶好調。フィリンの王子は普通っぽ。ヤーニンの道化、アレクサンドロヴァとペトローヴァの娘たち良い。ブラボーの嵐。ラストの演出がちょっと不満。
●「ジゼル」 ザハロヴァのデビュー公演。行儀の良い演技。ツィスカリッゼは後半盛り返した。アレクサンドロヴァのミルタが良い。ロシア首相が観てた。
●「白鳥の湖」 これはサンクトペテルブルグのムソルングスキー劇場にて。ボリショイと比べると、失礼だけど学芸会クラス。ペレンのオデットは良かった。
●「真夏の夜の夢」 ミラノ・スカラ座がマリインスキー劇場に来ていたので観劇。まとまったいい舞台。パック役のステラがとても良かった。

くわしくは、また。取り急ぎ。

変わらないために、変わり続ける

2003年10月11日(土) 22:16:21

ロシアはよっぽど悪い国と思われていたらしく、「意外です」的メール多数。こりゃマジでロシア体験記書くです。10年前ならいざ知らず、少なくとも現在は普通に楽しく暮らせる国な印象。自然との関わり方などは日本よりずっと豊かだし。

ボクはと言えば、時差や旅の疲れも特になく日常に突入。ただ、ロシアに密に触れ、なにかが自分の中で発酵しはじめているのは感じる。かなりポジティブな感覚。なんというか、ある理想に破れた国がたくましく変化して行っている空気に触れて、ちょっと固くなり始めていたアタマがまたほぐれてきた感じ。まだたった42年しか生きていない自分。どんどん変わろう。変わらないために、変わり続けるのだ。

優子がパン作りを習い始めてた

2003年10月12日(日) 20:58:04

ロシアに行っている間に優子がパン作りを習い始め、今朝はパン生地を机にたたきつける音で起床。初心者にしてはそこそこおいしいパンだった。そのうちロシアの黒パンも作って欲しい。

犬を洗って散歩して、なにやら日常に戻ったことを実感。ニョッキとともにキャンティを飲んだら酔ってしまった。疲れてないようでいてそれなりに旅の疲れはあるようだ。寝よう。

ロシアで680枚撮ってきた

2003年10月13日(月) 22:28:14

デジカメは撮り捨てがきく分、考えずにバシャバシャ撮りまくってしまう弊害もある。ロシアで撮ってきた写真なんと680枚。とりあえず撮って、あとで捨てるかどうか考えればいいや、を続けるとこんな羽目になる。
しかし今日、両親に、デジカメによる「ロシア旅行報告」をマッキントッシュでプレゼンしたところ、飽きないで最後まで見てくれたどころではなく、なんつうか、大ウケ。「え〜もう終わり〜」と、680枚でも足りないくらいだった。
やっぱ量は何かを語るな。その圧倒的量が、ロシアに対する彼らの偏見を霧散させた。明日にも行きたがっていて困る。

今晩は上海蟹!

2003年10月14日(火) 7:54:20

今晩は上海蟹だ。ぎりぎり季節に間に合った。あ〜良かった。楽しみ楽しみ。

アメリカ人とビジネス・ブレックファスト

2003年10月15日(水) 0:36:55

朝9時、ロスから来たアメリカ人とビジネス・ブレックファストをして、そのまま一緒に取材に出かけ、午後4時に移動中のマイクロバスの中でやっと昼ごはんを食べ、午後5時からシェリーを飲みながらまた打合せをし、午後7時すぎから違うグループと「中国飯店」の上海蟹を食べ、深夜「テンダリー」にひとり流れてドクターYを飲む。
とっても疲れたのだが、ロシアから帰ってきたばかりで性懲りもなく食べすぎ!遊びすぎ!とかいうお叱りのメールをもらうと、「うはは。生きてるうちは食べすぎ遊びすぎで行くのだ!」と言うしかないのである。
ボクがロシアで刺激受けまくった一週間も、日本でダラダラする一週間も、時間としては変わらない。出来れば刺激受けまくりで生きたいのだ。カラダを壊さない程度に。

セックスってな〜に?

2003年10月16日(木) 6:45:48

静かに本を読んでいた娘が急に顔を上げて「セックスってな〜に?」……キターーーー! ついに来た、この瞬間(泣)

21日22日、甲子園、行きます

2003年10月17日(金) 7:03:28

星野監督勇退とは。
お会いしたのは8月の末だけど、あの頃にはもう心のどこかで決めていたのだろうか。「あーおもろかった」「あーしんどかった」などのコピーが妙にリアリティを持ってくるなぁ。
いろいろ想いはあるけど、とりあえず熱い日本シリーズになりそうです。そして甲子園は、きっと史上最高に燃えることでしょう。21日22日、甲子園、行きます。

花火打ち上げの打ち上げ

2003年10月18日(土) 16:26:20

今晩は花火打ち上げの打ち上げ。
つまり、9月にやった二子玉川花火大会の打ち上げ飲み会だ。花火は打ち上げないけど、打ち上げる。ややこしや〜。花火師たちが集まって飲む会と言えばいいか。

どーもこの「花火師」という響きが年配の男性を連想させるようだが、ずいぶん違う。今日集まるのは3〜40代の主婦4人、20代の女性2人(うち大学生1人含む)、ボクと同年代の男2人、の8名。女花火師だらけと言っても良い。意外でしょ?

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。